調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

《マイタウン「アロエの町」ID9911-1609》

カテゴリ: 調理職人格言集

ドラセナ


「調理職人格言その1」からだいぶ間が空いてしまいましたが、


「その2」となる、今日の格言は、



「弱火焼きに迷いなし」



これはどういうことかといいますと、

その状況ごとに毎回違った対応が求められがちな調理職人のミニゲームですが、

調理行程の中に、予め「弱火焼き」という特技を用いることで、

その状況によって生じる難しい選択を迫られるのを避けることができ、

あまり迷わずに調理が進められるというような意味であります。


これは主に、

「会心焼き」を使うような料理でのことなのですが、

この「弱火焼き」というのは、

例えるなら、陸上競技である「走り高跳び」などの助走の役割を果たすと思うんです。

一番良いタイミングで踏み切るために、歩幅や歩数を微調整すると思うのですが、

その微調整というのが、ちょうどこの「弱火焼き」にあたります。

この「弱火焼き」で歩幅と歩数の調整、つまり火力と焼き加減の調整を行い、

一番ベストなタイミングでジャンプ!

つまりこのジャンプが「会心焼き」ですね。


確かに、「弱火焼き」を使わなくても、

こまめに食材を移動させたり、戻り効果を利用することで、

その調整を行うことも可能ではあるのですが、

僕の一つの考え方に、

「作業工程を極力複雑にしたくない」

というのがあります。

出来るだけシンプルな動作で、

あまり悩んだりするような状況も作りたくありませんし、

できるだけサクサクと作りたいというのもありますよね。

で、それが「弱火焼き」という特技を用いるだけで、

作業工程を単純化でき、難しい状況を避け易くなる訳です。


消費集中力12Pと、ちょっと高めで一見使うのを躊躇してしまうような集中力ではあるのですが、

レベル65まで解放された今の職人レベルであれば全く問題はありませんし、

後々、食材の入れ替えなどの特技を多用する場面に遭遇するのであれば、

必要最小限の動作で済むよう予め「弱火焼き」を使っておくのは、

一つの方法として良いのではないかと思います。



使い方としては主に2通りあって、

「会心焼き」を使う料理で、

1回目の4マス火力アップのタイミングと重複させて火力を抑え、1回目の「会心焼き」に備えるパターンと、

1回目の「会心焼き」の直後に使い2回目の「会心焼き」に備えるパターンです。

ちなみに2回目に備える方は、1回目の「会心焼き」後に残った「強火焼き」の効果を消す狙いもあります。


具体的な使い方は、から各料理の動画を観てもらえたらと思うのですが、

実は、僕自身も、

どの料理でどっちのパターンの「弱火焼き」を使うかを忘れてしまうことがあるんですよね。

「マジックスープ」とか「スパイスカレー」なんか、たまにしか作らない料理だと、

「あれ?これ1回目に弱火焼き入れるんだっけ?」みたいな感じに忘れてしまうことがあります。


で、この記事に、

自分のメモ代わりとしても使えるように、

どの料理にどう「弱火焼き」を使うかを一覧にしておきたいと思います。


「料理名」    1回目  2回目
 
「バトルステーキ」   〇   ×

「タンクハンバーグ」  ×   〇

「マジックスープ」   〇   ×

「バトルパッツァ」   〇   ×

「グレイトグラタン」  〇   ×

「スパイスカレー」   ×   ×

「ズッシリゾット」   ×   〇


これはあくまでも自分用の決め事なので、

人それぞれやり易い工程というのがあると思いますので、

色々試してみるのが良いと思います。

もしも、いつも焦がしてしまったり、複雑な選択に頭を悩まされている方がいましたら、

ここは一つ「弱火焼き」という方法をお試し下さい。

案外すんなりと問題解決になるかもしれませんよ。


もちろん、会心焼きで1マスも固定されないとかの、危機的状況では、

この一覧通りにはならず、2回目「×」の料理でも「弱火焼き」で凌ぐケースもあります。


というわけで、今日は「弱火焼き」に関する格言を紹介しましたが、

ここで紹介したのはあくまでも一例ですので、

「弱火焼き」の活用方法の参考になればと思います。


QLKESNG5

ドラセナ


今日からこのブログ内で新しいコンテンツがスタートします。


以前からこのブログのカテゴリに、

「次の一手!」というのがありますが、

これは調理のミニゲームを将棋のように見立てて、次の一手として最善の手を考えるというものでした。

それを踏まえた上で、調理のコツなどを記事にしてきたわけですが、


今回はこれまた同じような趣向になるのですが、

将棋などにはよく「格言」というのがあります。


例えば、

「歩のない将棋は負け将棋」
手持ちに歩が一枚もないと、攻めのきっかけとなる小技が使えなかったり、守るにしても歩を使ったガードができなくなってしまうため、歩がない状況は非常に厳しいということですね。最弱の「歩」という駒1枚の大切さを説く格言です。

「王手は追う手」
言葉の通り、ただ闇雲に王手をかけて相手を追い詰めようとしても、結局は交わされたり防がれたりで、寄せ切ることができないことが多いため、攻めを焦らず急がず、相手玉の逃げ道を塞ぐ手などを入れて追い詰めたほうが良いということですね。



こんな感じで、「格言」というものが色々あるわけですが、

これはもちろん将棋に限ったことではありませんが、

様々なことで、その経験などにまつわる教訓や考え方みたなものを、

短く分かりやすい文章にまとめたものです。


そのような感じの格言を、調理職人のことでも作れたら面白いかなと思い、

今回新たに「調理職人格言集」というシリーズを作ることにしました。



今日はその第1回ということで、説明から入ってしまったので、

今日は調理のミニゲームとは関係ない簡単なやつを。


ということで、今日の格言は、



「安く売るより高く捌け」




これはもう調理の格言と言うよりは、全般に当てはまる「バザー」の格言と言えるかもしれません。

似たような意味の言葉が並んでいますが、単に「売る」と、「捌く」とでは意識的なニュアンスが違うかなと。

安くバザーに並べて行けば回転もよく早く売れるとは思うのですが、

安く売り急ぐよりも、少しでも高く売るための工夫をしようということですね。


特に料理は、売るタイミングやその種類でも、かなり価格が変わってきます。

時間帯だけでも全然違いますし、週末か平日かでも変わってきます。

バザーに並ぶ料理の出品数も日毎にかなり違います。

なので作った料理をすぐにそのときの価格で売るよりも、

少しでも高く売り捌けるように、売るタイミングや料理の在庫管理も含めて、工夫をしたほうが良いということですね。

バザーに出品されている料理の残り時間にも注目し、料理の需要や回転を把握しておくのも大切です。


1種の料理をずらっとバザーに並べるよりも、2種3種くらいに分けて分散して出品するのも効果的だと思います。

得意な料理や人気のある料理1種だけに固執してしまうと、

急に回転が止まったり、競争相手が増えたときに、出品できる枠がなくなってしまい、結果的に何もでき無駄な時間が生じてしまうリスクもあるので、

やはり商材が豊富な料理の特権を活かし、何種かに分けて出品するのが良いでしょう。


ちなみに今の時期なら「ストームタルト☆3」「ダークタルト☆3」+「高級品1品」と言った感じの分散出品が、比較的いい値段を維持して売り捌ける感じがします。

経験値+30%の「☆2」の料理は、日曜日でざっと売り捌いてしまうのがオススメです。
試練の門更新の影響なのか、日曜日だけ大幅に値上がりする傾向があるようです。
平日は倉庫が多少圧迫してもグッと我慢したい所ですね。

あとは、夜ゲームを止める前にバザーに出品しておくさいには、自分がインしていない間にどこまでバザーの品が減るかを考えて少し高めに出品しておくのもいいですね。
要は次にインするまでに売れていればいいわけですからね。



というわけで、

こんな感じで調理職人に関したオリジナルの格言を紹介していき、それをベースに調理のコツなどを記事にしていきたいと思っています。

内容的には、すでに過去に似たようなことを記事にしていて、

重複してしまうようなこともあるかと思いますが、

今回の「格言集」という形にまとめることによって、将来的には一つのカテゴリとして遡って見やすくなるかなと思っています。

そういう狙いもあっての新シリーズですので、過去の記事と内容がかぶってもお付き合い頂けたらと思います。


それではまた次回!

QLKESNG5

↑このページのトップヘ