「イベントを考えよう!」第2弾です。


皆さん、飛竜のドレスアップはしてますか??

おめかししたり、カラーリングしたり、でもせっかくドレスアップしたのに飛竜って人に見せる機会ないですよね~、殆どの人が自己満足で終わっているのではないでしょうか。

そこで、「もっと自慢の飛竜を皆に見せびらかしたい!」という人の思いに答えたいということで、何か飛竜を使った遊びはできないものか、ちょっと考えてみたので今回は飛竜を使った遊びを紹介したいと思います。

246799318
一応、言っておきますが、まだこの遊びは実際にやったことはありません。
頭の中でのシミュレーションですので、あくまでも想像の範囲で説明します。

題してまして


「熱き空の戦い~飛ばない竜はただのトカゲだ!~」


ではさっそく説明


まず今回の遊びの適正人数は
4人PTを3チーム、計12名
4人PTを4チーム、計16名あたりが良いかなと考えています。
PTを組んでのチーム戦になります。
ゲーム中PTを組み替えたりはしません。


場所は「真のレンダーシア上空」です。

このゲームは野球やアメフトのように攻撃側と守備側に分かれて行います。
3チームの場合は攻撃1チーム、守備2チームで行います。


まず攻撃側は何をするのか


攻撃側は「勇者姫の部屋」「モンスター格闘場」「ダーマ神殿」「メルサンディ」の好きなところからスタートし、マップ中央付近に浮かぶ「奈落の門」を目指します。
スタート地点は同じ場所からでもいいですし、バラバラの場所からスタートしてもOKです。

316121707
そして守備側は何をするのか

守備側の2チームは「奈落の門」からスタートし、門に向かってくる攻撃側をおにごっこの要領で「いいね」をして捕まえます。
なので、攻撃側は「おにごっこキャップ」かぶる必要があります。

25
攻撃側は捕まらずに、「奈落の門」に無事着くことができれば、
着いた人の人数×1ポイント
点数が入り

守備側は
捕まえた人数×1ポイント
が、捕まえたほうのチームに点数が入ります。


これを攻守交代しながら
各チーム3回程度攻撃が回ってくるような感じで進めていきます。
全て終了したときに合計ポイントが一番高かったチームが優勝です。


ルールはこれだけ


いたってシンプルですが、これなかなか戦略的なゲームになるのではないかと想像しております。


攻撃側は味方同士の位置を確認しながら、おとり役が敵を引きつけ、崩した守備網を他のメンバーが突破して行くなど、色々作戦を考える必要があります。
高低差もありますから、それを利用する手もあります。
ただし、奈落の門に着くにはかなり上空まで上昇しないと行けませんから、門手前では上昇する必要があります。おとり役が下のほうに誘導するとかいいかもしれませんね。


守備側は2チームで守りますので、お互い敵同士ですが、ある程度連携はとらないとあっさり突破されてしまう可能性があります。
2チーム協力しながら連携しつつも手柄は頂戴する感じの微妙な駆け引きが生まれます。
それから奈落の門へはかなり離れた位置からでも着陸できるので、ある程度門の外側を守る必要があります。
また待ち構えるのではなく、あえて先手必勝で捕まえに行く奇襲作戦も有効かもしれませんね。

このように色々と作戦を立てて遊ぶ戦略的なゲームだと思います。

やることは単純ですが、ちょっと面白そうじゃないですか??

あ、あくまでもやったことのない事なので、こんなイメージ通りのゲームになるかは正直分からないのですが・・w
こんな未知数のゲームですが、興味ある方いましたら、ぜひ一度一緒に試してみませんか??
一緒に遊んでくれるメンバー募集してます!


ということで、今日は飛竜を使ったゲームの紹介でした~

それではまた!
QLKESNG5