調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

カテゴリ: オーナーのつぶやき

2ガジュマル

こんばんは、ガジュマルです。


この前の記事で、あらぽんのドラクエⅩ動画配信にハマっているというお話をしましたが、

それからも相変わらず面白くて観ているのですが、

やはりそうなってくると、気になってくるのは、

初回の配信がどんなだったかということですね。


皆さん気になりませんか??

初めてドラクエⅩをやる人が一番最初どんな感じにキャラメイクしていくのかとか、

序盤ストーリーにどんな感想を持つのかとか、

今までとは全く違う戦闘のシステムにどんな反応をするのかとか、


やっぱり僕も気になりまして、さっそく初回の動画を観てみたんです。


いや~~、

もう一つ一つの反応が良い!

制作者側でもなんでもないのに、こんな感想を持ってもらえたら嬉しいっていうようなリアクションが、

待ってましたと言わんばかりに、共感度MAXな感じで返ってくるのが嬉しいですね。

しかも、やはりそこは芸人さんだからでしょうか、

事あるごと一つ一つに、ツッコミやリアクションが的確に入ってくるのが素晴らしいですね。


まずは、オープニングの映像に感動し、

そしてキャラメイクに迷いに迷い、

さらに兄弟のキャラメイクをしなきゃいけないことに戸惑い、

結果、兄弟の設定を「みやぞん」としていたのが何とも微笑ましいですw


そして操作に戸惑いながらも、エテーネ村の話を進めていくんですが、

いきなり「おおきづち」の痛恨で全滅しているのが面白かったですw


ネルゲルが登場したときのリアクションも良かったですね。

あのシーンのネルゲル、あれちょっとカッコイイって思っちゃうんですよね~

自分が始めた頃に感じたことを、そのまま代弁してくれているかのようです。


そして肝心な種族選びですね。

やはり同じドワーフとしては何故ドワーフにしたのか一番気になるところです。

前もって何も決めてないとホント悩みますよねえ。わかります、わかります。

あらぽんも、同じように各種族のビジュアルを見ながら悩んでましたね。

でも1回はドワーフをスルーするんですよね。

オーガは一緒に動画配信をしている阿見さんがオーガで一緒になるのは嫌なのでなしとw

で、エルフの所では、「あれ?これだけ女キャラなんだ??」とエルフ男の初期状態を見て女キャラと勘違いする天然っぷりを発揮w

で、視聴者のコメントで「まだウェディ見てないですよ」という指摘を受け、

「あれ?ウェディ見てない??」「ウェディってどれ?」と、銅像を探すのですが、

やっと見つけ、キャラメイクの画面を開いた瞬間、「ないわ・・・」とボソッと言ったのが僕的にかなりツボでしたw

でもこれはすごい気持ちよくわかるんですよね~

ドワーフとウェディって、言ってみれば真逆の属性なので、

気持ちが少しでもドワーフに振れたら、ウェディの選択肢はありえないくらいに近いんですよね。

で、結果「小6の頃の荒木」というイメージにドワーフになったようです。
arapon
小6の頃は茶髪で真ん中分けだったそうですw


で、その後の動画も、暇なときにちょいちょい観てるのですが、

自分がドラクエで遊んで楽しむよりも、始めたばかりの人が新鮮な気持ちでドラクエを楽しんでる様子を観るほうがなんか楽しくなってきちゃいましたね。

しかも、意外と最近始めたと思われる初心者の人が結構いて、なんかガタラとかの町もエンゼル帽かぶった人たちで賑わってるんですよね。

初期の方のフィールドでは、今となっては懐かしい、戦闘中に応援してくれる人が通りすがりにいたりして。


最近では「ゆうべはお楽しみでしたね」というドラマの影響で始められた方も多いと聞きました。

やはりその影響もあってあんなに賑わってるのでしょうか??

ちなみに、このドラマは略して「ゆうたの」と言うらしいですが、

僕は何も知らなかったもので、プレゼントの呪文で手に入れた「ゆうたのリュック」を「ユウタのリュック」だと思い込んでました・・・

デザインめっちゃ女の子っぽいのにな~??とか思いながら。。
468310038
余談はさておき、

さらにはですね、そのあらぽんの動画を観て始めましたっていう人もいたりして、

これは本当に嬉しいことですよね。

序盤のところを新鮮な気持ちで楽しんでいる方々がこんなにもいるのかと思うと、

すごく嬉しいのと同時に、自分もその頃で気持ちでもう一度遊びたいと思ったりもして、すごく羨ましい気持ちにもなったりします。

ただ、昔よりもあきらかに要素が増えすぎて、困惑しているのも事実で、その辺の分かりづらさはちょっと気の毒に思う所もあるのですが、

まあその辺は知らなきゃ損も得もしないということで、楽しんで続けてもらえたらいいなと思います。


ちなみに最近のあらぽん動画の共感度MAXお気に入りシーンは、

 ・呪い状態で逃げることができずにテンパるあらぽん

 ・ガタラの階段の縁石を登るも途中で落ちるあらぽん

 ・背後にいる自分のサポに驚くあらぽん


これらはもうドラクエⅩあるあるですよね~

分かりみが凄すぎて画面の前でいつもニヤついてますw

まあ、他にも色々あるのですがキリがないのでね、

今日はこの辺で。

QLKESNG5

2ガジュマル
こんばんは、ガジュマルです。

まさかのダブルヘッダー、連投です。



ドラクエブログ界の二匹のマシンガンこと、ヒロト&すとらまが夢見心地で好き勝手書くブログ、
163122263658365191878661

「リンゴとレコード」というお洒落系ブログがあるのですが、


このブログのランキングがえらいことになっているんですよね。


見て下さい。
スクリーンショット (152)

12位・・・


恐ろしいです・・・


「アングラ魚の番外編」を書き始めた頃に、こんな日が来ると誰が想像できたでしょうか??


何が凄いって、仕事の合間にツイッター感覚の片手間で書いているブログですよ!?


しかもゲームにほとんどインしてませんからね・・・


このドラクエブログ界にいったい何が起きているのか、何が何やらですが、

この勢いをみると夢見心地のままランキング1位という夢を掴んでしまいそうな気すらしてしまいます。

まあ夢を掴むのが先か、度重なる連投で肩が壊れるのが先かという話ですね。。

肩を大事に頑張ってもらいたい所です。


しかしここ最近の好調っぷりは、

やはりこの「たち・くらみ」さんの応援ブログがアップされたあたりからでしょうか?
スクリーンショット (151)
何が何やらよく分かりませんが、

なんやかんやで応援効果はあったようですね。

僕は逆にこんな「たち・くらみ」さんを応援したいと思います。

くらみさん、僕のブログの応援記事も宜しくお願いします。


QLKESNG5

2ガジュマル

ガジュマルです。生きてます。


2019年一発目の記事です。

早いもので2019年も一カ月が経ち、2月になるわけですが、

まあ、新年を迎え、正直年の移り変わりとか月曜と火曜の違いくらいにしか思っていないので、

これといって特別な感情もないのですが、

最新記事が2018年の締めの記事で終わっているのがなんとなーく気持ち悪いので、とりあえず何かしら更新しようと思った次第であります。



そんなわけで、皆さんはお正月をいかがお過ごしになられたでしょうか?

僕はですね、12月7日の発売日に意気込んで買った「スマブラ」をやりましたよ。
DfgU8BMUYAAVrun
発売日に買ったにも拘らず、なかなかやる時間もなくて、年末年始の休みを使ってようやくやってみました。

しかしやったはいいものの、なんか色々な遊び方があって何が何やらで、、

とりあえず「アドベンチャーモード」っていうのをやればいいのでしょうかね。

使えるキャラを増やしていきたいけど、未だに半分も解放できていないという。。

とりあえず「村人」を愛用してるのですが、ひたすら種を植えては水をあげ、木を切り倒すという作業を繰り返しております。

多分遊び方間違っているんだろうな~とか思いながら・・・


スマブラの話でもしようかなあと思って書き始めたものの、やはりプレイ時間が少なすぎて、話が膨らみそうにないので話題を変えます。


最近僕がハマってるもののお話でもしましょう。


たまたまツイッターのタイムラインにリツイートとして流れてきた、あらぽんのドラクエⅩのライブ配信を観てみたら、これがまた面白くてつい最後まで見入ってしまいました。
スクリーンショット (147)
ドラクエⅩ初心者大使の阿見さんと共同でやられているチャンネルみたいですが、他のゲームも配信しているようですね。


なんでしょうね。正直、人がゲームを遊んでる様子を観て、ここまで見入ってしまうとは思いませんでした。

キャラがドワーフだからでしょうか・・

しかも始めたばかりで、かなり初期の所をやっているんですよね。

同じドワーフから始めたものとして、懐かしさもあるのかもしれません。

芸人さんなので、テレビで拝見して中身の人のキャラを理解しているので、話を聞きやすいというのもあるかもしれません。

ただやっぱりドラクエⅩは始めたばかりの人にとってはホント難しいことだらけで、色々な要素が多すぎてあらぽんもかなり困惑している様子でした。

そっかあ、そこでつまづくかあ・・・とか、やり慣れている人間からするとちょっと意外な部分に障害があったりするんですよね。

ライブ配信なので、視聴者がアドバイスのコメントしながら、それを見て色々解決しながら進めていくわけですが、どこまでアドバイスして良いものか分からないので、この辺の線引きって難しいですよね。

そんな序盤の配信観て何が面白いの??って思うかもしれませんが、

ちょっと騙されたと思って観てみて下さい。

意外にも新鮮さと懐かしさを味わえていいですよ。

「バトルマスターって、戦士と武闘家でなれるんだっけ?」

みたいな感じの勘違いもしていたりして、

思考が昔のドラクエで止まっていて、そのくらいの超初心者がちょっとずつ成長していく様子がすごくいいんです。


最近だと、サポを借りるのに1時間くらい悩んでいて、ステータス的に強いキャラを見つけても、オーガだったりウェディだったりすると、

「ちょっとサイズがなあ・・・できればサイズそろえたいな」

みたいな感じで、借りるのを躊躇するんですよw

その拘り分からなくもないですけどねw

もしかしたら、これ見てイライラする人もいるかもしれませんw

でも僕は最後まで見届けましたよ。サポを決めるところまで。


後は一度は敗れたウルベアのロボに再挑戦するのとかも感動的で良かった。

このボス、ホント当時は強かったですよねえ。

僕自身、倒せなくてガタラのストーリーを後回しにしたのを覚えています。

そして再挑戦して、勝利したあとに部屋から出ると、表に視聴者の人たちのキャラが拍手でお出迎えしているサプライズ演出も良かった。


そしてなんといってもビックリしたのが、

初挑戦の福引で「ゴレオン将軍」を引き当てたこと!

これには思わず画面の前で「うーわ!マジか・・」と声が出てしまった。

たった17枚の福引券で、1回しか引けない初めての10連福引きでですよ!

何かの忖度があるとしか思えませんw

初心者ならではの序盤のお金のやりくりに苦労する様も観たかったけど、これはこれで良かった。


というわけで、早くも次の配信が楽しみなわけですが、

こういった動画は是非運営の人にも観ていただきたいですね。

初心者がどういったことで戸惑い、どんな風な感覚でゲームを進めているのか、すごく参考になって良いと思いますね。

なんか次々と来るクエストが大渋滞している様が、初心者は混乱するよなーとか思ったり。

ロボクリアした瞬間に、「ビャン・ダオ」のクエがチリンチリン紹介されるのは微妙だなあとか思いました。


まあ、あらぽんにはなんとか挫折せずにドラクエⅩを続けてもらたら嬉しいです。配信が楽しみですからね。
arapon
僕はドワ男「あらぽん」を応援します!

QLKESNG5

2ガジュマル


いよいよ2018年も終わりですね~

年末の一大イベント言えば、何と言っても「有馬記念」ではないでしょうか?

他にもゲームのことや音楽のこと色々書きたいことはあったのですが、

あれ?気が付けば明日有馬記念!?

ってなりまして、急遽競馬の記事を書きたい気分に。

以前、旅立ちブログの方では一時期競馬の記事を書いてたりもしたんですが、

ちょっと気まぐれで今回だけ。



競馬ブログスタートです。



僕自身の競馬予想でのこの一年のハイライトと言えば、何と言ってもあの大波乱の「日本ダービー」の大当たり!

人気どころを軸に当てたのではなく、18頭中、16番人気の大穴「コズミックフォース」という馬を軸に当てたことに価値があると思っています。

僕の人生の中でも最高配当を記録した記念すべきダービーとなった訳ですが、

うーーん、ここで運を使い果たしたのか、それ以降がどうもパッとしない内容でして、、

どうしてもこの一年の最後の最後、もう一度夢を見させてくれ!ということで、今回はその有馬記念の予想をしてみようということでやっていこうと思います。


もちろん僕の基本は穴狙いです。

穴から穴、股から股へ~ってな感じで狙っていきます。

で、予想があまり長くなるのもあれなんで、

1頭1頭解説するのではなく、注目している穴馬1頭に焦点を当てて、予想していきたいと思います。


で、今回注目している穴馬はズバリこの1頭!

「クリンチャー」です!
スクリーンショット (127)_LI
メンバーを見る限り、正直どの馬が来ても不思議がない感じはしますね。

混戦模様だとは思います。

もちろんこのクリンチャーもやや人気薄(現在単勝24倍くらいのオッズ)といった感じですが、十分やれると思っています。

では具体的にこの馬を挙げた理由を書いていきましょう。



・1枠という好枠

この有馬記念というレースが行われる「中山2500m」というコースは、かなりトリッキーなコースでして、位置取りやペースなどがかなり影響し、本来力のある馬がレースの流れに乗れずに、力を発揮できないケースは多々あります。
スタート地点がいきなりコーナーになっており、かつ小回りのコーナーを計6回るという珍しいコースなのですが、コーナーが多いということはやはりセオリー的に考えても内枠が有利であります。


・馬場適正

この冬の時期の中山コースは一般的に力がいる馬場と言われています。スピードタイプよりもパワーのある馬のほうが力を発揮することが多いです。正直細かい適正までは分かりませんが、過去に不良馬場や重馬場も苦にせず走っていることからもある程度対応能力がありそうな気がしています。


・展開面の利点

このコースはコーナーが多く、しかも最後の直線が短いので、基本的には先行馬が有利とされています。
今回積極的に先手を取って逃げそうな馬が見当たらないため、元々先行できるクリンチャーもすんなり前の方の先団に取りつくことができると思っています。この面からもやはり内枠を引けたのは大きいですね。
なんなら、クリンチャー自身が逃げに打って出ても良いかなと思っています。この馬はものすごい瞬発力があるタイプの馬ではないため、極端なスローペースは避けたいので、自ら逃げて、ある程度平均ペースくらいに流れる感じにレースを引っ張るというのもありかなと。
ジャパンカップで逃げた「キセキ」の出方が気になるところですが、どちらも何が何でも逃げるというタイプの馬ではないので、先行争いで体力を消耗することはなさそうです。
1番人気の「レイデオロ」の早めに動いて抜け出す形はちょっと気になるところではあります。


・安心のスタミナ

過去のレースから長距離での活躍が目立ちます。2500mもそれなりに長い距離なのでスタミナはある程度必要です。スタミナには自信があるので、できればスローで足を溜めるような展開は避け、スタミナの消耗戦のような展開になればなお良いかなと見ています。
血統に関して詳しいわけではありませんが、なんとなく母の父が「ブライアンズタイム」であることが影響していそうな気がしています。なんとなくですが有馬記念と相性の良い血統というイメージもあります。


・ジョッキーの乗り替わり

本来このような大舞台で初めて乗るジョッキーというのは、正直不安があったりもするのですが、今回の福永騎手への乗り替わりはプラスに働きそうな気がしています。先ほども言いましたが、中山2500mというのは珍しいコースでして、このコースで走るレースというのは極めて少ないんです。
なのでよりこの数少ないコースを経験しているジョッキーへの乗り替わりはむしろ良いのではないかなと想像しています。何と言っても今年のダービージョッキーですからね、最後に良い所見せてほしいですね。
でもやっぱり、最後も外国人ジョッキーの手綱さばきにやられるのかな~とも思ったり。


・馬の状態

馬の体調や調子の良し悪しは、関係者にしか分からない部分もあるので正直分かりません。なので、馬の調子は良くなくて悪い結果になればそれまでです。
前走、前々走はフランスでの競馬なので、日本とは競馬の質がそもそも違うので参考にはしなくて良いかなと思いますが、にしてもさすがに負け過ぎなのはちょっと気になるところではあります。


・そもそも力量は??

この馬の元々の能力面に関して正直、勝ち切るほど力までは無いのかな~?とは内心思ってはいます。何が勝っても不思議はないが多分勝つのは他の馬。なので今回は展開面と内枠の利点により、上手く流れ込んで2着3着に食い込めればなと思っています。


と、予想はこんな感じにまとめてみました。

クリンチャーを軸に三連複でとにかく手広くですね。

穴から行く場合は、まさしく「穴から穴へ」変に絞り込まずに、取りこぼしのないように買うのが鉄則だと思っています。


という訳で、急に思い立って競馬予想してみましたが、

なんとか有終の美を飾りたい!!


運を呼び込むために、

掃除しよ

一回寝てから

掃除しよ


QLKESNG5



2ガジュマル

今日は先日行われたオフ会のお話。

このオフ会は毎年夏に行われていた恒例行事だったのですが、

今回は夏に都合がつかず、この時期までずれ込むことに。

今回で4回目となるこのオフ会ですが、ちょっとスケジュール的な無理もあり、今回は僕を含めこの3名。
2ガジュマル163122263658833152926057

そして今回は二日間で

尼崎→伊丹→尼崎→伊丹→尼崎→鶴橋→大阪城→新大阪

という流れのなかなかトリッキーなツアーでした。


僕はこういうちょっとした旅行などのときに、どうもあまり写真を撮る習慣がなく、

どちらかというと、心のフィルムに収めるタイプの人間なので、

相変わらずあまり写真を撮っていないのですが、

ちょっと細かい出来事を1個1個拾っていくのも大変なので、

その数少ない写真を使ってダイジェスト感覚でお送りしたいと思います。



まずはいつも新大阪集合していましたが、

結局、尼崎とかに移動するなら初めからこっちでいいんじゃね?的なノリで尼崎に集合しました。
IMG_0412
そして僕は一足先に到着して、尼崎の駅が一望できる立派なホテルにチェックイン。
IMG_0410
これは翌朝の写真ですが良い眺めです。

安いホテルがどこも満室で、結果とても良いホテルに泊まることに。部屋もシングルとしてはかなり広めでしたね。


そして3人揃い、

流石に4回目、東京で会ったのも含めると5回目でしょうか、

かしこまった挨拶も特になく、

ドラクエにインしたときと同じようなノリのまま、

まず向かったのが伊丹にあるフグ料理屋さん。

ここからは地元のヒロトさんに案内されるがままです。
IMG_0396
やはり写真撮る習性がないもので、フグを一つ食べてから思い出したように写真を撮るという。。
IMG_0397
フグのから揚げなんかもコースなので一人一皿という感じで出てきます。

レモン絞る絞らない論争の心配もありません。

そして鍋。
IMG_0398
こんなにがっつりとフグを食べたのはいつ以来だろうか、もうこれだけでも満足なのですが、

そこからさらに尼崎に戻り焼肉を食べに行きます。
BlogPaint
(喫煙場所で一服するちょこたさんが写り込んでしまったので隠します)

実はこの焼肉屋さんは去年も来ているのですが、

是非また行きたいということで、また連れて行ってもらうことになりました。

フグを食べた後の2次会で焼肉ってのもすごいですよねwこりゃ食い倒れます。

IMG_0401
上タンも立派で美味しそうですよね!

で極めつけは一枚まるごと骨付きカルビ!
IMG_0402
ちょっと分かりづらいですが、この肉全部繋がっているんですよね。

店員さんが焼いてくれて、ハサミで切り分けてくれます。

僕はたまらず小ライスを注文してしまいました。フグ屋さんの締めで雑炊食べたのに。。


そしてその後は、

そのまま尼崎駅近くのカラオケに。

カラオケなんかホント久しぶりで、

以前は一緒にライブとか行っていた友達と、定期的にヒロト&マーシーしばりのカラオケなんかを歌っていたものですが、

流石にカラオケに行かな過ぎて、

声が全然出ない。。

やっぱり普段から声出してないとダメですね。

IMG_0403
↑(歌=ヒロト)
今どきのカラオケはこんなハイテクな採点機能があるんですね。
IMG_0404
↑(歌=ガジュマル)
さすがに声が辛く、比較的声を張らなくても辛くないような楽曲を選び出しますw
IMG_0405
↑(歌=ヒロト)
これ、マイナーな曲なら1位狙えるんじゃね?ってノリから、
「チャンス」で1位のチャンスを狙うも、
全国平均99点ってなんやねん!と、ヒロト氏。
IMG_0406
↑(歌・ヒロト)
さらにマイナー路線で、ライバルのいない誰も歌っていない曲で1位を獲得しはしゃぐ大人達w
IMG_0407
↑(歌・ガジュマル)
相変わらず声の辛い僕もマイナーかつ声を張らないやつを選曲し1位にw
IMG_0408
↑(歌・ちょこた)
そんな中、難易度の高い楽曲で、ガチで1位を獲得したちょこた氏。
ちょこたさんは声量もあるので見事な歌いっぷりでしたね。

そして、途中どさくさに長渕も紛れこみながらもヒロト&マーシーで延々歌い続け、

最後に皆で歌えるやつ歌って終わりにしようか、というのを5曲くらい繰り返し、お開きに。


テ~レ~レ~レ テッテレ~♪


そして二日目、

お昼前くらいに伊丹に集合。
IMG_0413 (2)
伊丹にもコメダ珈琲ありました。つい先日行ったばかりの名古屋を思い出します。

そしてヒロトさんの車に乗せていただき、再び尼崎でランチを食べに。
IMG_0415 (2)
ラブホテルやソープランドに囲まれた怪しげな場所に、ポツリと古ぼけた食堂はありました。青空のすぐ下にありました。

一見怪しげなお店ですが中は昔ながらの由緒正しき洋食屋さんという感じでした。
IMG_0414 (2)
とりあえず定番のランチを頂きましたが、シンプルに美味しかったです。


そしてその後、大阪の方へ移動し、

鶴橋にあるコリアタウン?的な場所へ。
IMG_0416 (2)
で、実はここ連れてきてもらったの、今回で3回目なんですよね。。

ヒロトさん的には初めてのつもりで連れてきたっぽいですが、

前にオモニというお好み焼き屋さんに行った帰りにも寄ってます。

ただその時は店とか殆どしまっている時間帯だったので、

昼間はこんなにも人で溢れ返るものとは知らず、

あまりの人混みに早々に退散w

9割くらい女性の方でしたが、すごい人気の場所なんですね。


そしてお次は、大阪城を案内してもらえることに。
IMG_0429 (2)
ヒロトさんの戦国ウンチクと共に案内していただきました。
BlogPaint
↑石垣の強大な一枚岩に興味津々のヒロト氏とちょこた氏。説明文をじっくり読んでいます。
IMG_0430
帰りは面倒くさいので200G支払ってグランゼドーラの城前の馬車的なものに乗って戻ることに。

ダッシュボードの上の桃の天然水が良いアクセントになっています。


そして最後に新大阪の駅で3時のおやつ的な感じにたこ焼きを食べ、

最後の時間つぶしにお茶がてら何故かさらにパスタも食べ始め、

良い感じに食い倒れた所で解散となるわけですが、

最後のたこ焼きとかは写真撮り忘れました。


そしてお土産に豚まんを頼まれていたちょこたさんでしたが、

行列ができていることから諦め、違うお土産を買い一足先に大阪を後に。

で、僕はちょこたさんを見送った後、

新幹線の時間までかなりあったので、自分だけちゃっかり並んで買っちゃいました。
IMG_0432

そして今回のオフ会も心もお腹も満腹になったところで、お別れの時間。
IMG_0433
一人大阪の街を後にしました。

お二人とも今回も大変お世話になりました。また会える日を楽しみにしております。



そして最後に今回の旅で、もっとも驚いたこと。

そこはやはりちょこたさん。

一泊の旅行とは言え、なんとこの人、手ぶらで登場したんですよねw

いつもは車で来ていたので、車に色々積んでおけたから問題なかったろうけど、

今回は電車。

以前、東京に新幹線で遊びに来たときは可愛いリュックサック背負っていたのに。。

インナーの替えなんかは本人が良ければ良いのでしょうけど、

「スマホの充電器とかは??」って聞いたら、

「そういうのは大体現地調達っす」と、、

案の定その後、コンビニで充電器を買い、その為の乾電池を4本600円のものを二日間で3回買う羽目にw

厳密には嫁さんに持って行きなさいと用意してもらった手土産を手に持っていたのですが、

それがなかったら本当に完全なる手ぶらで、

まさにこんな感じで現れたんじゃないでしょうか?
2cc5965a
「やあ!」

「こんばんわん!」


以上、名古屋に続き、尼崎オフ会のレポートでした。

ダイジェストでお送りしますと言っておきながら、

がっつり長くなってしまいましたw


QLKESNG5

↑このページのトップヘ