調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

《マイタウン「アロエの町」ID9911-1609》

カテゴリ: オーナーのつぶやき

2ガジュマル
熱がこもり過ぎてちょっと長いですが、最後までお付き合い頂ければと思います。



先週の話になりますが、

皆さん、先週行われた「ドラゴンクエスト夏祭り」での、

第7期初心者大使の卒業試験ご覧になりましたか??


発表された試験の内容は「ギュメイ将軍」をサポなし3人で討伐するというもの。
2017122616525260d
残念ながら諸事情で3人になってしまった7期のメンバーですが、

一応3人というのを考慮して選ばれたボスではあるものの、

それでもギュメイを3人で討伐とは、なかなかきつい試験だとは思います。


そして、やはり3人というだけあってギリギリの攻防となり、

緊張感ある目の離せないような、

本当に見事な内容のバトルだったので、

今日はちょっとそのバトルを振り返ってみたいと思います。


まだ観てないという方は、

YouTubeのほうでも観れますので是非一度ご覧ください。

リスナーのコメントはありませんが、ちょうど8時間くらいのあたりからバトル開始になってます。



さっそくそのバトルの内容ですが、

この試験のために合宿を行い、

何度も何度も練習を重ね、

念入りに作戦を練ってきたというのが分かる内容でして、

構成に関しては、

戦士(そのまし)

魔法戦士(シャイニング)

僧侶(なまはむ)


という、一人ずつ前衛、中衛、後衛という形で、

いかにもドラクエらしいというか、いたってシンプルな構成。

当然のことながら、それぞれが育成に力を入れてきた職をそのままやるという形になりましたね。

全員レベル110まで上げてきっちり仕上げての挑戦です。


そして、バトルの内容を見る限り、

自分たちなりに色々な工夫を凝らしてきたという感じなのですが、

その中でも観る人を一番驚かせたのは、

「せかいじゅの葉っぱ」の蘇生による「天使残し」だったのではないでしょうか?


これには正直驚いたのですが、

もしかしたら知らない人もいるかもしれないので説明しておくと、

僧侶にかかった「天使の守り」は、

死んでも、その効果が発動するまでの僅かな時間の間に、蘇生が出来れば、「天使の守り」の効果は消えずにそのまま維持されるというものですね。

意図的にやったことはなくても、サポやカカロンの素早い蘇生によって偶然その効果を目にしたことがある人も多いかと思います。



で、実際のバトルの方では、

最初に天使残しで蘇生したときは偶然だと思ったのと、

二人して蘇生が被ってるのを見て、もしかしたらテンパってるのか??

天使の効果があるの忘れてる??

とか思ったのですが、

ん??これもしかして意図的に天使残し狙ってるのか??

と、しばらく見てるうちに意図的に天使残しの蘇生をしていることに気づき、

うわ、まじか!?

これまたやべえこと考えてきたなと思ってしまいましたw


最初は先輩大使か誰かのアドバイスなのかなと思いましたが、

どうもその後の配信での話によると、

何度も練習しているうちに、偶然そのましがこの天使が残るということに気付いたらしく、

僧侶の負担を減らすために、これを活かそうということになったようですね。


一般的には、僧侶が死んだときに天使で生き返った後の僧侶の負担を軽くするのに、「せかいじゅのしずく」を使うことはよくあると思います。

僕なんかは、今となっては湯水の如くしずくを使うことに慣れてしまって、

ちょっとでも危ないと思えばすぐにしずくを使ってしまいますが、

こういう配信で多くの人に見せるバトルとしては、安易にしずくを使いまくるというのもちょっと違うのかな~と思うので、

あくまでも葉っぱを使って、僧侶の負担を減らすという作戦で良かったと思います。


で、もっというと、

この天使残し、上手く行けばその効果は大きいものとなりますが、

間に合わなかった場合に、ギリギリの攻防の中では相当な手損になってしまい、

下手をすればさらなるピンチを招きかねない作戦で、

このリスクの大きい作戦を、確実にやってのけるあたりが本当に凄いと思いました。

間に合わない場面もありましたが、特にそのましの天使残しがもう神がかってましたね。


しかもその後の配信で、

ただ試練の門に行くだけの配信だったのですが、

その中でも、回復役のホイミスライムが死んだときに、

全然葉っぱを使うような場面でもなかったのですが、

「はい、天使残しー」ってな感じにさらっとやっていて、

「完全に体に染みついている」と言っていましたね。


で、実は葉っぱと間違えて他のアイテムを使ってしまうことを恐れて、

「やくそう」などの不要なアイテムは予め全部捨ててきたと言っていました。

こういったところからも、

何が何でも勝つために、

起こりうる不安要素を予め排除したり、

今自分たちにできる最善を細かい所まで気を遣って望んでるあたりが流石だなと思いました。

開幕時に、入り口の扉に閉じ込められることを警戒してか、

ギュメイの背後から当たるようにしたのも、小さいことながらできる限りの工夫だったのかもしれませんね。


そして、先ほどしずくを使いまくるという安易な発想を否定しつつも、

唯一、中盤に一度だけシャイニングが使ったしずくが、

これまた絶妙なタイミングで、

見ながら思わず「ナイス」という言葉が漏れていました。

実は練習中にはしずくは一度も使ったことはないらしく、

普段使い慣れていないと、なかなかしずくってパッと使えなかったりもしますが、

ホント緊張で思考が鈍ってしまうような環境で、まさに神のようなしずくが使えて良かったですね。

これによりロザリオで生きながらえた命を無駄にせずに済みましたね。

シャイニングの壁のスイッチとかもいい感じでした。



そして、今回のバトルでもっとも物議を醸したのが、

なまはむの「祈り無しベホイム作戦」


これは最初作戦なのかどうなのか??

ちょっと分からないまま見ていたのですが、

なかなか「聖なる祈り」を入れるタイミングがない中、

祈れそうなタイミングで「スクルト」を入れてるのを見て、

ああ、これは作戦なんだなと思いました。


しかし、これがベストとは限らないのかもしれませんが、

何度も練習を重ね、たどり着いた作戦であり、

これが見事にこの3人討伐に合っている感じで良かったと思います。

これもそのまし曰く、結局シンプルイズベストということで、こういう作戦になったと言っていました。

これはどちらかというとコロシアムに近い形の回復スタイルですね。


祈りを手抜くという発想はなかなか思いつきませんが、

見れば納得といった感じで、

元々死なないようにする作戦というよりは、

死ぬことはやむなし、むしろそれをリカバリーする作戦で、

無敵時間も有効に活用していくことを想定したような作戦なので、

死ぬたびに祈りを入れていたら、相当な手損になった可能性はありますよね。


普段の戦闘でもよくありがちなのが、

魔法使いとかが、

蘇生後、覚醒、早読みをして、一度も攻撃せずにまた死ぬという、最悪のループ。

状況によっては早読みとかを手抜いて、攻撃してしまって敵を1体でも倒しておく方が良いというのがあるように、

今回の祈り無し作戦もその発想に近い感じかもしれませんね。

要は祈りが無駄なターンになってしまわないようにする作戦ですね。

「スクルト」であれば、自分が死んでも仲間には残りますし、

ベホイムで足りない回復量も微量ながら補えたりする効果もあったと思います。


物理的に、単体ながら、ベホイムのほうが速度的にやや速かったり回復量が多かったりなど、

良い点悪い点あるかとは思いますが、

それよりも何よりも大きかったのは、

コマンドの選択肢を、基本「天使」と、この「ベホイム」に絞り込むことで、

緊張感ある中でパニックになったりしないという効果は少なくともあったように思いますし、

集中力を切らさないという効果もあったのではないかと思います。

なまはむが壁の軸を微調整しながら逃げつつ、「ベホイム」をスタンバイするという形も、

なんというか、なまはむ自身に合ってる作戦でもあったのかもしれませんね。

始めた当初、隙あらばスティックで「おらぁ!」と殴りに行っていたなまはむがまるで僧侶のようだw


リスナーのコメントもちらっとは見えていたみたいですが、

「祈れ」とか「マラーしろ」などのコメントが溢れる中、

それに惑わされることなく、あくまでも自分たちの考えた作戦を信じ貫いて良かったですね。



ゲーム操作の根本的な話になりますが、

やっぱり若さもあるのでしょうか、

基本的には頭の回転の速さとか、コマンドの入力とか反射神経のようなものは、元から優れているんだと思います。

この前に行われたトラシュカ大会では、

そのましとなまはむの7期21歳コンビが、

ワンツーフィニッシュで優勝、準優勝してるあたりからも、そういうのが伺えるかと思います。



まあ、細かいこと語り始めたらキリがありませんが、

本当に緊張感ある、感動すらする見事なバトルで、

練りに練った作戦と仲間を信頼した連携が勝ち取った勝利だったのではないでしょうか。



そうそう、最後に一つ驚いたのは、あの盾ガードですね。

特になまはむの以前からの配信でもそうでしたが、

なまはむの盾は本当にいい仕事するんですよね。

呪いGが付いてるだけの盾なのですが、不思議といいところでガードするんですよ。

邪神やゴレオンの配信でもあったように、

ロザリオの効果とも合わせて、何故か謎に生き延びるなまはむw


しかし、ギュメイもそれに負けじと、簡単には勝たせんぞと言わんばかりに、

チャージタックルやフォースブレイクを武器ガードで、こちらのチャンスを阻止してきて、

ギュメイもギュメイでエンターテイメントとして良い仕事してたと思いますw

互いにラッキー、アンラッキーが入り乱れた面白い戦いとなりましたね。



そして、今回の負けられない真剣勝負を物語るのが、

終始無言のなまはむ。

普段の配信ではこれでもかと喋り倒し、

バトルでは、わめいて、叫んで、声が枯れたって、

てな感じで、声を発しすぎて「おえっ」ってなるのがお約束で、

挙句、配信中に隣人から苦情が来るっていうねww

そんななまはむが一言も発さないというのが、

このバトルの緊張感を物語っていますよね。


そして見事勝利し、無事卒業。

普段は真顔で「ないたー」と言いつつ絶対に泣かないなまはむも、

最後の最後には涙を堪えきれなかった模様。

色々思うこともあったのでしょう。

「泣くだけが感動じゃないから」と言っていた、あのなまはむが。。。


ちなみに、そのましは、音楽が泣かせにきてる、

あれはせこいって言ってましたねw

「せこい」ってww



というわけで、

だいぶ長くなってしまいましたが、

7期初心者大使の皆さん無事卒業おめでとうございます。

自らを7期はエンターテイメント集団、

絶対に夏祭りを盛り上げますと言っていただけあって、

本当にエンターテイメントとして見応えのあるバトルでした。

これからは課題などの縛りが無くなり、

自由に遊べるようになった7期の面々が、

どんな配信を見せてくれるか楽しみですね。

これからも引き続き応援していきたいと思います!


QLKESNG5
(なまはむは学園に入り浸るのだろうか・・・)


2ガジュマル


いよいよ夏が本気を出してきて、

厳しい暑さが続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか??

体調などは崩されておりませんか??

熱中症などにはくれぐれもお気お付けくださいませ。


さて、そんな暑い暑い夏ですが、

正直しんどいと感じることもありますが、

それでもこの夏という季節はやっぱり好きなんですよね。


で、僕の思う「夏」というのは、

一つのシーズンだけを指す言葉ではなく、

これまでの人生、生きてきて経験してきた「夏」全てを指す言葉でして、

過去全ての夏がリンクしているのような感覚なんです。


例えば、

夏ならでは光景や出来事、

もちろんこの暑さもそうですし、

匂いだったり、湿度といったもの全てが、

過去の夏の記憶とリンクしてくるんですよね。

こんな感覚、少なからず皆さんの中にもあるのではないでしょうか??


ちょっとしたことが、

あの夏の思い出とリンクして、すべての夏がの一つになるのです。


こんな日差しの中、

誰々と海行ったな~とか、

夕立ちや雷雨にあっては、びしょ濡れになった花火大会を思い出したり、

蚊取り線香の匂いがすれば、おばあちゃんちで過ごした夏休みや墓参りを思い出したり、

他にもプールの塩素の匂いだったり、日焼けした肌のヒリヒリ感だったり、

ありとあらゆるものが夏の記憶を呼び覚ますツールとなり、

車のエアコンの風さえも、あの日の夏のドライブの記憶を呼び覚ますきっかけの一つになったりもします。


まさに時は透き通る水ですね。


極端な言い方をしてしまえば、

夏という季節は、人生に一度しかなくて、

僕たちはまだ一つの夏という季節の途中を過ごしていているのだと思います。


夏は一つで全部。



そしてそんな中、

さらに夏の風物詩となりつつあるのが、

ドラクエⅩのサービス開始記念日ですね。

毎年何周年といった形でイベントなどがある度に、

7年前、2012年8月2日、

ドラクエⅩを始めたあの夏の日を思い出すようにもなりました。

7年間という月日をアストルティアで過ごした日々を考えると感慨深いものがあります



7年前の夏。

発売日にドラクエⅩを購入したものの、

ちょっとバタバタとしていてすぐには始められなかったんですよね。

1週間くらい遅れて開始したかな??
IMG_0592
今でこそ、お酒を殆ど飲まなくなってしまいましたが、

(7年も経てば体にも色々変化があるものです・・・)

この頃は、

夏の暑さの中、涼しくエアコンの効いた部屋で、

ドラクエをつまみにビールを飲んだり、

ビールをつまみにドラクエをするというのが日課となっていきました。



そうそう、

始めはオフラインモードから始めたんでしたね。
スクリーンショット (3)
ガジュマルと同時に誕生した妹「パキラ」で冒険を開始した夏。

もうわくわくな気持ちで一杯でした。


オフラインを少し進めればオンラインの世界で遊べるのですが、

僕はどうしても、オフラインをクリアしてから始めたかったので、

オフラインを優先してやっていました。


というのも、オフラインモードも後々ストーリーなどが追加されたりして、

兄妹それぞれのストーリーを進めて、

後々それが交わる時が来るのかなと思って、

かなりきっちり隅々まで遊んでました。

オフラインモードでクリアに必要な錬金以外にも、

レシピを全部コンプリートするまでやり、いわばオフラインガチ勢なわけですが、

そんなオフラインモードも気が付けばなくなっていました。。
(オフラインのストーリーはナルビアの町とマデ島の本棚から読むことができます)


で、これ7期初心者大使のストーリー配信を観て思ったことなのですが、

初めて「ナルビアの町」に訪れたときのリアクションが薄くて、

一瞬、あれ??ってなったんですが、

ああ、そうかオフラインやってないと、この町知らないのか!?

と、そこで初めて気が付いたわけですが、

オフラインをやっていた身からすると、

ナルビアに初めて到着したときは、ちょっとした感動がありましたよね。

ちなみに、当時のことを思い出して懐かしい気持ちを味わってもらいたくて作ったのが、

例のナルビアの井戸にいる「スラルン」見つける謎解きクイズでした。
10


そしてオフラインのラスボスでもある「バルザック」

この時はこれが後々のストーリーと深く関係してくるとは想像もしませんでした。

ようやく、バージョン4のサブクエで、その関係性が分かってきた感じでしたよね。

今後、妹である「パキラ」がメインストーリーにどう関わってくるのか、気になることはまだまだ尽きません。



ちょっと話がそれましたが、

毎年のこの発売記念の度に、

このオフラインで遊んだ夏の日を思い出すわけです。


その後、オンラインの世界でさらなる冒険を7年間続けていくことになるのは、言うまでもないですね。
87275768
(始めた当初は白髪のモヒカンでした)

初めてのオンラインということで色々不安もあったのですが、

気が付けば僕の中でドラクエ史上最高傑作となったのは、

やはりこの7年間という年月と、人との繋がりという重みもあってのことなのかなと思う今日この頃であります。



そして、まだまだ冒険は続きます。

バージョン5も楽しみです。


終わらない夏、

終わらないドラクエ、


ドラクエⅩ7周年おめでとうございます。



QLKESNG5
そして7期初心者大使も卒業おめでとう!

ギュメイ将軍3人討伐お見事でした!

ないたーーー
484200127


2ガジュマル


今日の記事は、皆さん今更!?って思うかもしれませんし、

そんなことも知らなかったの!?とか思うかもしれませんが、

僕はこれまでまったく知らず、

僕にとっては新発見のことであり、

ちょっと驚きの出来事だったので、

今日はちょっとそのお話をしようと思います。



というわけで、

皆さん、サポートキャラがバトル中に「やいばのぼうぎょ」をするって知ってました??


たしか作戦を「いろいろやろうぜ」にすると、意味もなく「やいばのぼうぎょ」をするのは、

何となく見た記憶があるのですが、(記憶違いかもしれませんが・・・)

敵の即死級の強力な攻撃から身を守り、生存しようとする「やいばのぼうぎょ」というのは、

実は最近になって初めて見たんですよ。


それは、先日、「隠れスライム」のイベントでもらった「ギュメイ将軍のカード」を消化してしまおうと思い、

一人でサポを連れてモコモコパークに行った時のことでした。


自キャラはアロエで僧侶。
aroe
で、ギュメイは自分を強化する特技を使うので、賢者が必要だなと思い、

ガジュマルを賢者にして酒場に預け、ブメ賢者ガジュマルを雇いました。

自分僧侶+賢者・戦士・バト

という、オーソドックス?な構成です。

作戦はバトが「ガンガン」で、賢者と戦士は「バッチリ」です。


で、その戦闘中、

ギュメイ将軍の「ギガクロスブレイク」という技に対して、

サポの賢者ガジュマルが「やいばのぼうぎょ」をしたんです!
BlogPaint
ログの画像を撮ったものの、

技が発動したときのダメージを受けた所のログも撮っておくべきでしたね。。

この画像では何に対しての防御かよく分かりませんし、サポかどうかも分からないですねw

まあ、この技は発動まで少し時間があるので、

この後にダメージを受けて、攻撃に耐えることになります。


この技は攻撃対象とその周囲に500程度のダメージを2回与えるというものですが、

グランドクロスの光属性版と考えれば良いでしょうか。

なので、特に光耐性がない場合は、合計1000程度のダメージを受け、

しかも2回攻撃なので、「聖女の守り」でも耐えることはできません。


でも、よく考えると、

これ仮にHPが600程度だった場合、

「やいばのぼうぎょ」だけをしても耐えることはできないんですよね。

(ダメージ計算よく分かりませんが、ざっくりと、、)


つまり、賢者の「きせきの雨」の効果が効いている時か、

もしくは「真やいばくだき」が入っているときでなければ、

「やいばのぼうぎょ」をしても耐えることはできません。

両方の効果があるときは、「やいばのぼうぎょ」なしでも耐えるかな??


「きせきの雨」ではなく「いやしの雨」の場合は、

「やいばのぼうぎょ」をしてもギリ耐えることができないはずです。


で、これらの攻撃に耐えられるダメージを瞬時に計算して「やいばのぼうぎょ」をするサポって、

ちょっと優秀過ぎてやばくないですか!?

しかも、巻き添えを食わないように、ちゃんと離れますしね。


これ人間だと、「いやしの雨」か「きせきの雨」かアイコンで判断できないですよね??

たしかまったく同じアイコンだったような??

まあ、とりあえずは離れて、耐えるか分からないけど、他にできることもないので「やいばのぼうぎょ」で対応するというのは正しいのかもしれません。


ちなみにこの後、

ドラセナのほうでもギュメイ将軍に行って、

今回は自分賢者で、他サポで全く同じ構成で行ったのですが、

「バッチリがんばれ」の戦士も「やいばのぼうぎょ」をしているのを確認しました。


そしてさらに、これサポ僧侶もするんですよ!

これはちょっと驚いたのですが、

僧侶の場合、チャージが貯まっていれば、

このタイミングで「ファランクス」をするほうが良いとは思いますが、

どういう状況だったかは分かりませんが、「やいばのぼうぎょ」してたんですよね。

しかも、サポが「やばいぼうぎょ」をした場合、

すぐに防御をキャンセルして、次の行動に移るという感じじゃなかった気がしました。

しばらく防御状態が維持されているよう感じだったのですが、

ちょっとその辺はもう一度見てみないと分かりません。


でもそれだと、僧侶の場合、すぐにキャンセルしてもらわないとその後の回復が心配ですよね。

ただ実際には、これによってピンチな状況になったりすることはなかったので、

一応、難なく安定的に勝つことはできました。


いや~、それにしてもこれは全く知らなかったことなので、

この「やいばのぼうぎょ」には驚きました。

ギュメイにサポで行くことがあまりなかったので、気が付かなかったのかもしれません。

しかしどんどんサポが優秀になっていきますよね。

そのうち、ジャンプもするようになるのでは!?とか思ってしまいます。


でも、ちょっと不思議に思ったのは、

もし「やいばのぼうぎょ」をするなら、

強ボスの「悪魔の右手」とかがする「アクアガイザー」なんかは、

普通に「やいばのぼうぎょ」だけで耐えられる技なので、やっても良さそうなのに、

この技に対して「やいばのぼうぎょ」しているサポは見たことないですね。

これは、発動までの時間が長すぎるので、その間にいろいろできる行動があるため、

そちらを優先するとかでしょうか??

多分2~3ターンくらい猶予ありますものね。

大体の場合は「おたけび」なんかで阻止できるので、「やいばのぼうぎ」することも殆どないかもしれませんが。



というわけで、今日はサポの「やいばのぼうぎょ」についてでしたが、

やはり皆さんはもう当たり前のように知っていることだったのでしょうか??

当たり前すぎたらごめんなさい、、

ホント、バトル知識は疎いもので・・・



ちなみに記事のタイトルの「やばいぼうぎょ」は、

初心者大使の「きくのん」が、

「やいばのぼうぎょ」「やばいぼうぎょ」と読み間違えたやつから拝借したものです。


遊び心で、記事の本文の中に、1か所だけどさくさに紛れて「やばいぼうぎょ」を潜り込ませてみましたが、

気が付きました?(誤字ではありませんのでw)


QLKESNG5
全然関係ないけど、きくのんの蝶々になると思って拾ってきた芋虫を育てたら、

蛾になった話好きw

2ガジュマル


先日、バージョン4.5後期の情報が色々と出てきましたね。

今日はそのバージョン4.5後期に向けた記事を書こうと思います。


皆さんは特に楽しみなやつとかありますか??


僕は、ストーリー。

まずは、ストーリーですね。

やっぱりストーリーが何だかんだ一番好きなんですよ。


今回はメインストーリー終了後のエピローグ的なものになるようですね。

これまでのストーリーでもそうでしたが、

ラスボス討伐後の、今後のストーリーみたいなのがやっぱり気になるし、

各登場人物のその後みたいなのが分かっていいですよね。

バージョン1では、扉に閉じ込められたパクレ警部とかどうなったのかとか気になりましたよね。

彼のさらなる今後はいったいどうなるのでしょうかw



で、今回レベル上限解放もあるようなので、

まずはストーリーで経験値もらって、それからレベル上げって感じですかね。


でも、プレイヤーのレベル解放があるなら、

それに合わせて、仲間モンスターの追加要素も何か欲しいなとか思ってしまう所ですが、、

なんか今のプレイヤーのレベルでのHPに対して、モンスターとかちょっと低めで、ちょっと辛く感じませんか??

どうせなら、一緒に強化していける方がいいですよね。

スキル追加でもいいし、なつき度上限解放、転生上限解放、何でも良いから、もう少しモンスターを強くしたいとこ所です。

できればプレイヤーのレベル上げとセットでやりたいですよね。


しかもプレイヤーのほうは武器スキルが200まで解放されるらしいですからね。

プレイヤーだけがどんどん強くなっていってしまって、仲間モンスターが置いてけぼりな感じがちょっと淋しいです。。


で、その新しく解放される武器スキルの200で使える新特技、

どれも楽しみですが、

僕はやはり、ブーメランの「ギガスロー」ですね!

全く使い道のなかったブーメラン実装当時から、ずっとブーメランスキルMAXを維持し続けている僕としては、

ブーメランスキルを200にすることだけはもう決めています。

ちなみに「ギガスロー」ってダークドレアムが使ってたやつですよね??

あれと同じ感じなら、確か「マヒ効果」とかもあった気がするけど、どうなるんでしょうかね。

しかも貫通する技だと思うので、実質メタッピーの「魔導砲」のような感じでしょうか。


あと、新特技をあえてセットせずに、

既存の特技を強化するスキルや、会心率をアップさせるスキルなんかを200スキルにセットすることもできるのか気になるところ。



そして今回の新情報で目玉となったのが「マイタウン」
009_c439902cd87d6f01d3e8d32e243377a0

価格は2億Gで決定のようです。
135_6407484fbb523df50a1388cf3399c8c4

前の情報では3億~5億Gというような話もあったので、

そのくらいを想定していたので、

正直な感想としては、

「あれ??思ってたよりは安い?」

と思ってしまいました。


一応このために、最低5億Gは残しておこうというプランで金策していたので、

下手したら3キャラで購入できるような価格設定になっており、

一瞬、3キャラでマイタウン!?なんてことも頭をよぎってしまいましたが、

さすがにそれは止めておきましょうw


というか、ガジュマルとドラセナの家は、住宅村実装当時から一度も引っ越すことなく、

お金がなくてSサイズしか買えなかった頃からの、

7年間の思い出が色々と詰まった家なので、引っ越しは考えておりません。
87275768


ということで、買うのは第3のキャラ、アロエですね。

心配していた、「チーム集会所」の設定もできるようなで、

これで一応迷いなく買うことができます。
484200583
今住んでいるのは道具職人としての利便性だけを考えて購入したガタラ採掘エリアで、

しかもハウジングも適当にイベントで手に入れた家具や庭具を並べただけのものなので、

引っ越しには全く抵抗なくいけます。


それと、もう一つの心配要素だった、早い者勝ちになるのでは?というのも、

ほぼ売り切れることはないということらしく、

仮に売り切れてしまっても、すぐ追加できる仕組みになっているらしいので、

これも一安心ですね。
003_b0b12e1f4f6d4b3703ff80077c7625d0

ただ、ちょっと気になったのは、置ける庭具の数が、街全体で150個というもの。

家を3軒建てることができて、

それぞれの家の庭に50個ずつ庭具を配置した場合、

住宅の外の街全体の部分には家具が配置できなくなってしまいますよね。


街全体を庭具を使って華やかな感じにしたいとしたら、

庭の方を少なめに配置したりという工夫が必要になりそうです。
485017932
現にドラセナのレストラン、Sサイズの家で狭いスペースですが、

あれですでに50個MAXの庭具が配置されている状態なんですよね。。

そう考えると、街全体をいい感じにハウジングするのには、色々と頭を悩ませることになりそうです。


ちなみに、僕はハウジングをすると、3D酔いというのでしょうか??

頭痛と吐き気を催し、脂汗をかき始めるという持病があるので、

正直30分くらいが限界。。

これがあるので、本当はハウジングを色々拘りたいけど、なかなか着手できないという。。

まあちょっとずつコツコツ頑張りたいと思います。

チームの集会所にする予定なので、チームの人にも色々アレンジしてもらえたらなと思います。


で、ずっと「マイタウン」を購入したら、こんな風にしたいというのを考えていて、

メインの家は絶対「クローバーの家」にしたい!

というのがあったのですが、

つい先ほど、この「クローバーの家」は課金で買える家ではないことを知り、

ショックを受けております・・・

なんか「お買い物ランク」の特典?みたいなやつだったんですね。

課金でいけると思い込んでました。。

一から考え直しですが、でも井戸は買おう。

とりあえず井戸は買おう。
0344cbc17d1547e60228b3d70dea3dff3f_l


そうそう、あと、「マイタウン」は便利ツールの福引の特賞でももらえるようで、

しかも、1等~4等でももらえる「マイタウンメダル」というのを1000枚集めることでも権利証と交換できるようですね。
132_fc9c542ac95b30a5589f9507a44d480b
ゴールド以外の入手方法があるのは良いことですが、

でもこれ、福引でもらう「マイタウンメダル」、

最初の1個を貰うのって、ものすごい覚悟が要りませんか??w

確かにゴールド換算した場合、他の景品に交換するよりは価値が高いですが、

それはあくまでも1000枚貯めてこその価値なので、なかなか難しい所ではあります。


個人的な意見では、カジノコインでも権利証と交換出来たら良かったのになと思います。

やはりカジノには夢が欲しい!!

もちろん、現在のプレイヤーが所持しているカジノコインの枚数を調査して、

ごく一部の人だけが交換できるレベルの枚数に設定してですね。

今度は「すごろく」までも便利ツールで消化できるようになり、

なんだかゲーム内のカジノが寂しくなっていく一方で、ちょっとね、、

ここらでドカンと夢のあるカジノを実装してもらい所です。



そしてもう一つ、バージョン4.5後期の情報で気になったのが、

「アスフェルド学園」の改修。
049_b6911f4a46ebec8658dd1aec5311407b

僕の場合、こういうのは絶対後々面倒になる気がするから、実装してすぐにストーリーとか消化していくタイプなんですよね。

なので、アプデの度にすぐ終わらせるスタイルでやってきました。

もう半分やっつけ仕事ですねw


で、今回色々改修されて遊びやすく??なるようなのですが、

僕はさすがに色々追加要素があっても、メインストーリーだけ終わってればいいやって感じなので、

もう一度やる気は起きないかな。。

なんかステータスとかそのままでやり直しとかできるようになるみたいですが。。


そもそも、学園って実装当時、もっとみんなでワイワイ遊べる感じなのかと思ったら、

究極のソロコンテンツだったというね。。

あのクラス分けとか何だったんだろうとか思ってしまいます。

当初、勝手にクラスが変わってしまうトラブルとかもあって、

プレイヤーと運営間で、なんか色々ごちゃごちゃとあった記億あるのですが、

ホント今思えば、素性の分からない者同士のクラス分けとか、ほぼ関係なかったですよね。。


部活に関しては、アロエが道具職人としてフライパンを作れるように、練習の意味も込めて通っていた時期はありましたが、さすがにもうやらないかなあ。


で、今回色々改修されるようで、

人間の姿ではなく、種族のままプレイできるらしく、

なんでも人間の姿が嫌という意見が多かったとか?

皆が学園を敬遠してたポイントって、そこ!?とか思ってしまいましたが、

どうなんでしょうね。。

なんかちょっと違う気がしないでもないですが、

でもまあ、遊べる選択肢があるのは良いことですよね。


でも、何でここへ来て、今更、学園に力を入れ始めたんだろうと、

ちょっと考えてみたんです。


ちょっと深読みすぎるかもしれませんが、

もしかしたら、バージョン5の魔界で、学園で登場する、とある魔族に関連する部分があるのかなと想像してみたりもしたんですけど、

それで、できればまだ学園をやっていない人にも、少しでも触れてもらいたくて、このタイミングで色々あの手この手を尽くして、改修するようになったのかなと。
008_cb2c98e739295cf207306a1b46dfbc4e

まあ改修の意図は分かりませんが、

どちらにしても、あの魔族の親族にあたるキャラが何かしらの形で登場しそうな気はしています。

たしか、魔族の中でもかなり上のエリート階級みたいな設定でしたよね。

それほどの魔族の関係者が、これからいくであろう魔界いないわけがないというか。

ストーリーに大きく関係は無くても、裏設定のようなもので、繋がって来そうな気はするんですよね。

アラハギーロ王国との関連もあったし、

スキルマスターなんかも微妙に関連していたので、

こういう設定上の繋がりみたいなものも、できれば知って欲しいみたいなのもあってのことなのかな~と、

ちょっと色々想像してしまいました。


まあ学園のストーリーですが、

誰が黒幕なんだ??的な観点で、進めてる分には、

次の展開というのは気になったりと楽しめる要素はあったのですが、

正直無駄な要素も多々あって、まあ進めるのはけっこうしんどかったですw


「アスフェルド学園」

やるかやらないかはあなた次第です。


以上、バージョン4.5後期最新情報でした~

QLKESNG5

2ガジュマル


こんばんは、

ドラクエⅩ初心者大使応援大使のガジュマルです。


今日は最近観た初心者大使の配信でめちゃくちゃ面白のがありまして、

そのお話をしようかと思います。


今回は、

7期初心者大使の声のでかいやつ代表、

「なまはむ」(西井万里那)の配信。
IMG_0571 (2)
なまはむの配信といえば、

とにかく声がバカでかいですから、

バトル中の音量とかは要注意で、

リスナーのコメントからは、

「うっせえ」なんていうコメントが溢れるほどですからね。

なので、なまはむ自身もバトル前は特に音量を下げるようにと、

リスナーに注意を促すほど。


でも僕はこのバカでかい声が好きというか、

正直、ちょっとした憧れみたいなものがあるんですよ。

大きくて通る声っていうのは、自分にはないものなので、

なんか羨ましくもあります。


配信では延々ホントよく喋り続けられるなというくらいですが、

それとは逆にチャットはちょっとぎこちないのが、またギャップがあって良かったり。

あと定期的に来る「おえっ」っていう「えずき」が段々癖になりますw
(本人曰く、ずーーっとしゃべり続けているとなんかそうなるらしい)


中にはこういうやかましい感じとか苦手という人もいるかもしれませんが、

僕の場合は、やっぱり観てるだけで楽しい気分、元気な気分になりますね。


で、そんななまはむの最近の配信で、

なまはむがゴレオンに挑戦する回がありまして、

それがめっちゃ面白くて良かったんですよ。

6月4日の配信だったかな??


ぜひ観れる人は観ていただきたいと思うのですが、

その回は、

この後、なはまむが友達との約束で出かけなければ行けなくて、

30分だけの配信になりますということで始まった配信で、

まずは、中途半端なところで終わっていたストーリーを進めることになり、

ちょうどペガサスを復活させる所でした。

テンスの花は手に入れていた所だったので、

あとはそれをクロウズの所へ持って行くだけですね。

で、無事ペガサスを復活させ、

そのまま話を進めようとしていた所、

この後のダンジョンが長いからやめたほうがいいと、

リスナーの方から制止され、

ストーリーはいったん諦めることに。


で、

あと5分くらいで何かできないかな、

なんかバトルしたいな、

ということになり、

ちょうど、その前の配信のドン・モグーラとの戦いのときに、

ミネアからもらったゴレオンのカードがあったので、

あと5分で、ゴレオン行けるかな?

との問いかけに、

「5分持たないから安心しろ」

「1分で終わる」

なんてコメントが流れるも、

まあ、ただでもらったカードだし、

負ける前提でお試しで行ってみようということになりました。


ちなみに、その前のドン・モグーラの回もめっちゃ面白かったんですが、

全部話していたらキリがないので、興味ある方はそちらも観てみて下さい。


で、ゴレオンに行くにあたって、

サポ選びをしている時に、

同じく7期のシャイニングも配信を始め、

さらに、たまたまインしていた、先輩大使のオーヤマさんが合流することになり、

結局、3人+サポで行くことになりました。
IMG_0576 (編集済み)

PTを組む段階からすでにドタバタな感じで、

バトルも相変わらずのドタバタ劇場なわけですが、

これが、

結果言ってしまうと、

これ勝っちゃうんですよw


まあ、先輩大使がずば抜けて強いというのもありますが、

なまはむの配信をずっと見てきた人なら分かるのですが、

装備は未だ水のはごろもだったり、(しかもセットではない)

職業も全然解放されていないので、パッシブも全然で、

最大HPも460くらいでしたかね。(料理も食べていない)

宝珠もほとんどついていないに等しい内容。

呪文速度は多少ついているものの、(ラピッドステッキのスキルもない)

やはり速度付きになれてしまっている身からすると、かなり遅く感じますし、

盾スキルも100にも達していないので「会心G」とかもない状態ですね。

盾に「呪いG」が付いていたのは良かったですが、

まあ正直、僕がなまはむのキャラと同じ条件でゴレオンと戦えと言われたら、

ちょっと自信はないですね。。

しかも初見ですからね。


シャイニングはレベルやパッシブ、装備なんかはまだ十分ではないものの、

占いのカードが実はかなり強いので、

これはかなり貢献したとは思います。

デッキだけで言ったら僕の占い師よりも全然いいカード揃っていますからね。

離れた位置から蘇生できる「運命」とかがかなりいい仕事していたように思います。

「塔」でがいこつに範囲攻撃できるのも良かったですね。


なまはむだけが、ちょっと残念な育成状況ではあるのですが、

にしても、やっぱりこの勝利はお見事。

何よりも本人がめっちゃ楽しそうに僧侶しているのが、

観ていて微笑ましいですね。

隙あらばスティックで殴ることしか頭になかった初期の頃に比べたら、

驚くほどの成長っぷりですよ。

未だにベホマラーとベホイムをちゃんと使い分けたりはできていないんですけどねw


しかも、報酬は現物。

やっぱこの辺がなんか持ってるな~と思わせるところではあるのですが、

装備枠いっぱいで拾えないというのも、なまはむらしいというか、なんというか・・w


で、結局、予定していた5分は30分以上オーバーしていしまい、

ゴレオンに勝利したテンションから、

「もう遅刻でもいいや」

「友達には謝る」

そして、

「やっぱりバトルは楽しいな~」

と、落ちていったなまはむが印象的でした。

楽しんでいる人を観るのは、観ている方も楽しい。


僕思うのですが、

なまはむの配信は普通に観て楽しいと思うので、オススメではあるのですが、

できれば、なんか最近ドラクエつまらないな~とか、

飽きてきたな~って人にぜひ観てもらいたい気がしますね。

前にも同じようなこと言いましたが、

忘れかけていたドラクエⅩの楽しさを思い起こさせてくれるんですよ。



というわけで、


なまはむリスペクトというか、なまはむへの憧れから、




ついに、




同じドワ子であるアロエが、
あろえ





なまはむスタイルになりましたwww
484199927
色違いで、

なまはむの天使スタイルとは対照的に、

悪魔スタイルにしてみました。

「なまはむブラック」です。
484200583
このドレアのために課金しましたw

なまはむはお金が足りなくて、

足装備が買えず、サンダルのままですが、

足もちゃんとドレアしてみました。
484200127
↑なまはむお気に入りの泣くしぐさ。


パクリドレアなのに、

足とウデでめっちゃ悩みました。

ウデに「タンブラーリスト」を採用したのはささやかなこだわりです。
484199979
ちなみに周りに飛んでいるのはコウモリではなく、


「とりまき」です。


QLKESNG5







↑このページのトップヘ