調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

カテゴリ: 相場情報

ドラセナ
バトルグランプリ個人戦が終了しました。

結果はどうだったんでしょうか?

ちなみに僕は、一度Sランクまで行き、A+に落とされた時点で戦意を喪失し、そこで終了しましたw


それにしても、バトルグランプリの需要による料理の価格の高騰はすごかったですね。

特にラスト二日間とかの価格の上がり方とかやばかったですね。

僕がオススメしていた「ライトタルト」なんかは一時☆3が7万G台で取引されていました。

僕も必死で作りまくってました。

正直、ブログで「ライトタルト」をお薦めしちゃったりしたものだから、競争激化して価格が下がってしまうかもとか思っていましたが、心配無用でした。
まあ、このブログ自体何の影響力も無いですからねw
だからこそ、安心して好きなこと書けるというのはあります。

そして同時に「ダークタルト」も55000Gくらいでの取引で、ライト、ダークを交互に作って廻していくのが美味しかったですね。


しかし、個人戦の終了により、そのバブルもいったん終了です


全ての調理がほぼ通常の水準に価格が戻っています。

「スマッシュポテト」、「あいじょうオムレツ」、「ズッシリゾット」なども全て☆3の価格は下がってきており、

逆に原価割れしていた☆2も元の価格に戻りつつあります。

需要が減ることで☆3は下がり、それに伴い作り手が減ることで供給が減った☆2が上がってくるという、通常通りの現象ですね。

また、材料の「びっくりトマト」のほうも価格が戻りつつあります。

ちょっとずつですが下がってきていますね。

と、調理職人のバブルは終了してしまったわけですが、まだ団体戦のほうが控えています。

同じような盛り上がりを見せてくれるのでしょうか??

それとも個人戦ほどは盛り上がらないのでしょうか??

もしも、同じように料理の需要が上がるのであれば、今のうちに材料をトマトを買っておいたり、売れ残った☆3の売りを控えたりするのも良いかもしれませんね。

そして明日はいよいよ「ダークキング」の実装もあります。

それによる何か料理の需要があるといいですね。

QLKESNG5

ドラセナ
相変わらず「びっくりトマト」が高値で推移しています。

バトルグランプリ中なので仕方ないですが、昨日あたりは一時5000Gを超えているときもありました。

今はまた4500Gくらいで落ち着いたでしょうか。

しかしまあ、この価格だと大成功を安定して作れているときは良いですが、☆1が連発とかになってしまうと結構な痛手ですよね。

で、そんな「びっくりトマト」が高くて、トマトを使った料理がちょっと苦手という人にオススメなのが、


「ライトタルト」です!


今タルト系の中では一番安定して高値で取引されています。(難しいアイスタルトは除く)

☆3で約5万G、☆2で約1万G

素材として使う「天使のソーマ」も比較的安く、

原価のトータルは約7000Gなので、フライパン代を足しても、☆2でもプラスになる計算になります。

ストームやダークと同様の作り方ででき、比較的作りやすい料理だと思うので、

ちょっと最近トマト高すぎるな~と感じた方は、こちらも試してみてはいかがでしょう?

トータル的にみるとズッシリゾットなどとそれほど変わらない利益になるはずです。

因みに「ライトタルト」ですが、恐らく需要はバトルグランプリの弓とグランドネビュラ対策と思われます。

パラディンにグランドネビュラでとどめを刺されてポイント持っていかれるとやっかいですからね~


そして余談ですが、昨日、広場のほうで「開発・運営だより」が掲載されていました。

「びっくりトマトのタネ」のことにも触れていましたね。
52
この「ワルぼうルーレット」からなくなったことは、当時僕も心配だったのですよ。
トマトの供給が減ってしまうかな~と感じていたので。
58
しかし、実際にはそれほど大きな影響にはなっていなかったようで、そこまで気にはしていなかったのですが、こうして改めて話題として取り上げられると、確かにどういう形がいいのでしょうかね?

個人的には、ルーレットで「白紙カード」や「ビンゴ券」が当たるほうがガッカリだったのですが、皆さんは「びっくりトマトのタネ」いらね~って感じていたのですねww

SP福引の6等で、「超おたからのタネ」と選択できるような感じでも良さそうだけど、これだとさすがに安くなりすぎるかな・・・安すぎると今度は料理自体の価値も下がってきてしまう可能性もありますからね。

理想は2500~3000Gくらいだと嬉しいかな~


あ、話それましたが「ライトタルト」は今本当にオススメです。
QLKESNG5

ドラセナ

バトルグランプリの需要により守備力を大幅に上げることのできる、「あいじょうオムレツ」と「ズッシリゾット」が売れてますね。
魔法使いや賢者の参加率も低く、物理主体のようなので、守備力アップは重宝されているようです。

価格のほうは

「あいじょうオムレツ☆3」は13万G弱、

「ズッシリゾット☆3」は8万G弱程度で取引されております。

原材料の価格も上がっていますが、この価格で売れれば職人的には嬉しいですね。

今日は、この同じ守備力を上げる2種類の料理、どちらを食べるのが良いのかという対決ではなく、どちらのほうが稼げるのかという対決ということでタイトルに「VS」を付けたわけです。

一見すると、「あいじょうオムレツ」のほうが13万Gで売れるので、こちらのほうが利益が大きいような気がしまうすが、まず「ズッシリゾット」とは大成功の率が全然違ってくるので、一概には「あいじょうオムレツ」のほうが良いとは言えないと思います。

ということで、ちょっとここで、実際に計算してみたいと思います。

ざっくりの計算ですが、参考程度に。

フライパン1個分の30回分作ったときの収益で計算します。

まずは「あいじょうオムレツ」の成功率です。

僕の経験上では「光のフライパン☆3」を使っても、大成功は3~4割程度。正直4割行けばかなり良いほうです。
僕が下手なだけかもしれませんが、調子良いときと悪いときの差が激しく、それだけ運に左右されやすい料理ではあると思います。光シリーズの必殺チャージの助けも借りてやっとこの成功率です。
そして残念なことに☆1も3割くらいできてしまいますね。
ということで、「あいじょうオムレツ」は低めに見積って

☆3=3 ☆2=4 ☆1=3

の比率で計算したいと思います。

続いて「ズッシリゾット」の成功率です。

こちらは、大成功の確率は「光のフライパン☆1」で6割近く行くと思います。これも振れ幅ありますが、調子良ければ7割くらい行くときもありますね。
そして☆1は2割は行かない感じですね。
でもここも低めに見積もって、

☆3=6 ☆2=2 ☆1=2

この比率で計算します。

それでは各料理の原価です。

現在のびっくりトマトが4000Gという価格で、ざっくりで計算すると

「あいじょうオムレツ」が 約20000G

「ズッシリゾット」が 約30000G

程度になります。
売値と原価だけ見ると断然「あいじょうオムレツ」のほうが有利ですね。

それに回数分の30をかけて、さらにフライパン代を足します。

「あいじょうオムレツ」 60万G + 30万G(光☆3) =90万G

「ズッシリゾット」 90万 + 13万G(光☆1) =103万G

だいたいこのくらいの価格になります。

そして売値を計算します。

「あいじょうオムレツ」

☆3=128000G  ☆2=25000G  ☆1=3000G

「ズッシリゾット」

☆3=78000G  ☆2=28000G  ☆1=5000G  

1個あたりの価格を今の相場でだいたいこのくらいの感じで計算してみます。

これで先ほどの成功率の比率を当てはめて、30個分の合計額を出してみます。

「あいじょうオムレツ」 =1405050G(5%引いてます) 

「ズッシリゾット」 =1521900G(5%引いてます)

ここから原価を引いてみます。

「あいじょうオムレツ」 +505050G

「ズッシリゾット」 +491900G

おっと、意外にもほぼ同じような額になりました。

もしかしたら「ズッシリゾット」が上まるかなと思って計算してみましたが、ほとんど変わらないんですね。

この金額を基準に考えていけば、どちらを作るほうがお得かというのは個人個人でそれぞれ見えてくると思いますので、参考になれば良いかなと思います。

例えば、「あいじょうオムレツ」はフライパンのランクを下げてこの率が維持できれば、その分利益が増えますし、1個当たりの金額が大きいので、大成功が1個の増減で、「ズッシリゾット」よりも大きく増えもしますが、結果次第では逆転もされてしまいます。
また、「ズッシリゾット」のほうは、職人依頼で9万Gで納品できますので、その分を考えるとまた変わってきますね。
レベルがカンストしていない人は、「ズッシリゾット」のほうが経験値が高いので、こちらが良いかもしれません。

まあ、結論を申し上げますと、

各自得意なほうで稼げば良いということですね。

どちらでも、同程度の利益になるということです。
QLKESNG5

新コインボス、「スパーキラーマシン」が登場しました。

どうやら今回は、物理構成主体のようなのでその影響でしょうか、

「バトルステーキ☆3」の価格が大幅に上がりました。
10
これは、バトルグランプリの需要とうよりはやはりSキラーマシン用の需要でしょうね。
コロシアムのほうはどちらかというと、守備など耐える力を上げる傾向があるようです。

実はですね、昨日の夜のピークタイム、みんなが一斉にSキラーマシン討伐に挑戦し始めたのだと思いますが、☆2が5万G台で売れている時間帯があったのですよ。ピークタイムに急激に上がりましたね。
僕も慌てて、倉庫にしまってあった☆2を売りさばきましたw
当たらない福引なんて引いてる場合じゃない!って思いましたねw

ちなみに☆2のほうは今朝には通常の価格に戻っていました。
もしかしたら、夜のピークタイム、もしくは週末に再び上がる可能性はあるかもしれません。

※バトルステーキの作り方は「バトルステーキ手順 ~改~」という記事で紹介しているので、よろしればご参考にどうぞ。


そして、同じく火力を上げる料理「スマッシュポテト☆3」も今までの倍近い価格に。
13
「スマッシュポテト」でレベル上げする人は、金策と合わせてできるかもしれませんね。


あと、「バランスパスタ☆3」も上がってます。
29
こちらは僧侶用でしょうかね。
しかし、確かにMPも上がるほうが安心感はありますが、単純にHPを上げる目的だけでしたら、「スタースイーツ」のほうが格安でオススメです。☆3が3万G台で買えます。


そしてこちら、「あいじょうオムレツ☆3」。
01
めっちゃ高いですね。
こちらのほうは完全にバトルグランプリを先取りした需要でしょうね。
「あいじょうオムレツ」は作るの難しいですから、どうしても出回る数も少なめで高くなってしまいますね。
その分☆2が多くなってしまい、☆2が安くなる傾向があるようです。
お店のモーモンバザーに11万Gで置いていたのですが、あっという間に売れてしまいました。。

そして、その影響でしょうか、「光のフライパン」が品薄状態になっていますね。
やや高めの値段になっています。

実際にバトルグランプリのほうも開催され始めたら、また色々相場変わってくるかもしれませんが、いずれにしても、☆3の価格がこのくらいで推移してくれると作るほうもやりがいがありますね!
QLKESNG5

「びっくりトマト」の価格がじわじわと上がってきましたね~
54
4200G前後で推移しております。

バトルグランプリの料理需要を先取りした感じでしょうか、その他「しもふりミート」あたりも少し上がってました。

この価格だと各料理☆2だと、殆ど儲けのない感じになってしまいますね。

ただ、バトルグランプリではタルト系の需要もあると思うので、あまりトマトが高いようなら、店頭価格ですべて食材を揃えられるタルト系の料理中心に稼ぐのも良いかと思います。(ライトタルト用の天使のソーマを除く)

まあ、あとは実際に開催されてから「びっくりトマト」を使用する料理の☆3の価格がどこまで上がるかですね。

食材の原価だけ上がって、☆3が値下げ競争みたいになるとちょっと辛いですね。

お魚コインで交換する食材は、まだまだ釣り需要もある感じなので、そこまで上がることはないと思われます。
QLKESNG5

↑このページのトップヘ