調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

カテゴリ: 相場情報

ドラセナ
次回の期間限定お魚コインの交換アイテムが発表されました。
01
今回は「超トマトのタネ」があります。

これによって、少しはトマトの値下がり期待できるかな??

どうだろうか。

12月26日から交換できるようです。


それにしても、調理職人はアップデートのたびに何かしらの不具合があるけども、その辺は一体どうなっているのだろうか??

未だに、戻りターン後のメーターが正しく表示されない不具合が修正されていませんが、

これによって、「バトルステーキ」などが作りづらくて困っている人も多いのではないのでしょうか。

この不具合の修正はかなり優先して対応しなければならないことだと思うのですが、これ治すのってそんなに難しいことなんですかかね。メカに弱いのでその辺のことはよく分かりませんが。

今「バトルステーキ」などが若干値上がりしている傾向がありますが、この不具合を理由に作るのを控えている人もいるのかもしれませんね。


他にも調理職人の内緒の修正点で少し気になることもあるのですが、その辺は追々記事にしてみようかと思います。
QLKESNG5

ドラセナ
皆さん、ずっと同じ料理ばかり作っているのも、さすがに飽きてきませんか??

「バトルステーキ」や「ズッシリゾット」あたりが、「会心焼き」で簡単に作れて、回転も良く稼げる料理なので、ついついそればかり作ってしまいがちですが、

たまにはマイナーな料理を作ってみるのもいいですよ。



実は「会心焼き」で作れる料理というのは他にも色々あるんですよね。

でも、不人気な料理であることから、殆どの人が手を出さない料理です。


ですが、実は利益率だけで考えると、「バトルステーキ」や「ズッシリゾット」などよりも利益を確保できるものが多いんです。

これは、ライバルが少ないということもありますが、購入する人がコアなユーザーである可能性があるため、価格にかかわらず、高くても購入してくれるというのがあると思います。

しかし、回転は非常に悪いので、1日に1、2個売れれば良いほうです。

でも、その日寝る前に出品しておいてログアウトすると、翌朝には売れていることも多かったりします。

なので、サブキャラなどで出品枠に余裕がある人は、少しこちらのマイナー料理も作っておいて出品すると、ちょっとお得だったりします。実際に僕も少しだけ出品しておくようにしています。


では、実際にいくらくらいで出品されているか見てみましょう。


まずは、「マジックスープ」です。
49
↑攻撃魔力とMPが上がる料理ですね。

MPが上がる系は、どういう人が購入するんでしょうかね?やはりコロシアムでしょうか??

☆2でも6万G付近で売れています。☆3は9万G以上ですね。

残り時間を見ると分かると思いますが、やはり回転は良くないです。でもこれでもちゃんと売れるんですよ。

出品数が極めて少ないので、急激な値下げ競争になることも少ないです。

この料理も「会心焼き」で作ることができます。


次に「グレイトグラタン」
32
↑回復魔力と攻撃魔力が両方上がる料理で、☆2☆3ともに良い値段で売れています。

これもコロシアムかな~??賢者向きですかね。

占い師が使うのも良いかもしれませんね。

この料理も「会心焼き」で作れます。最初の食材の配置が他の料理よりも良いので比較的作りやすいです。


続いて「スパイスカレー」
42
49
↑攻撃力とMPが上がる料理です。

「バトルステーキ」と同じく攻撃力が上がるわけですが、そちらよりもこの価格でもこの料理を選んで購入するあたりが通な感じがしますね。いったいどんな人が購入しているのでしょうか??

ちなみに、この手の料理は、たまに急に値段を下げて出品する人がいますが、上の画像でもそうですが、価格を大きく空けて安く出品しても、はっきり言って売れるスピードは変わりませんよ。このマイナー系の料理は高くても売れるのが特徴です。値段を気にするタイプの人が使うような料理ではないと思われます。

これも「会心焼き」で作れる料理です。


そして次は「ミラクルサンド」
08
16
↑攻撃魔力と身かわし率が上がる料理です。

先に挙げた料理に比べると、回転は良いほうだと思います。この価格でも比較的いいテンポで売れていきます。

しかし、この料理は「会心焼き」で作ることはできず、「スマッシュポテト」等と同系統の料理なので、少し難しく成功率は落ちると思います。
魚が2枚あり、「まぜあわせ」できる食材がないので、「スマッシュポテト」よりも理論上は難しくなるはずです。ただ、「ひっさつ」による恩恵は大きいので、それにより難しさをカバーできる料理でもあります。


と、こんな感じのマイナー料理ですが、意外と良い値段を維持していますよね。

ちょっと最近「バトルステーキ」も飽きてきたな~という人も、試しに作ってみてはいかがでしょうか?

ただ、かなり出品数の少ない市場ですので、沢山作ったからと言って、一度に大量出品してしまうと、価格を大きく下げてくる人も出てくるので要注意です。

まあ、回転を重視する人は絶対に手を出さないほうが良いです。簡単には売らせてもらえませんので。

あと、これらの料理は、職人依頼には無い料理なので保険が効かないのですが、☆2がこの水準の価格で売れるので、その点は安心できますね。

僕のオススメとしては、この4種の料理の☆2☆3を各1個ずつサブキャラで出品して放置しておくのがいい感じです。翌日には何個か売れている感じですかね。


また時間があれば、これらの料理の作り方を動画にして紹介してみたいと思いますが、

まあ、いつになるか分かりませんが、その時はぜひ参考にしてみて下さい。

以上、意外と知られていないマイナー料理市場についてのお話でした。
QLKESNG5

2ガジュマル
先日、「ダークタルト」があり得ないような投げ売り状態になっていたので、全部買って転売したという話をしましたが、

その記事のコメントで、「それbotですよ」と教えていただき、初めてそういうbotがいるということを知ったんですよね。僕が主に出品している商材ではないので、バザーを見ていてもあまり気にしたことがありませんでした。

ホントこの辺のことは疎くて、昔狩りしているbotに普通に応援し続けていたくらいですからw


で、やっぱりこういうのはちゃんと知っておいたほうが良いなと思い、自分なりに少し調べてみました。


まず最初に、こういう自動操作できるbotと呼ばれるシステムのようなものが、オークションで普通に取引されているということに驚きましたね。しかも、サクラかもしれませんが、ちゃんと入札もあるんですよね。

需要がそれだけあるということですかね??うーーん。。

botって、僕が想像していたよりもずっとポピュラーなものなんですね。

そういえば、以前いたチームで、botを使って狩りをしているメンバーがいることが発覚して、経緯はよく分かりませんが、チームから抜けてもらったことがあったのですが、その人は「bot使って何がいけないの?」という感じに言っていたそうです。あまり悪いことをしているという意識はないようですね。


まあ、それはさておき、実際にゲーム内でどんな動きをしているのか、ちょっと実験をしてみました。

何やらこのbotというのは、自分で料理を作り、(正直、自動で料理が作れてしまうのも驚きですが)出品、そして、常に最安値で値段を付けなおしているというのを繰り返しているようなのですが、

この仕組みだと、簡単に価格の操作ができてしまいますよね??

自分が安く出品するれば、それよりも安く出品してくれるのですから。

ちょっと試しにやってみました。

他の健全なユーザーにはご迷惑おかけしますが、ちょっとだけ実験です。

こちらをご覧ください。
(一応よくありそうな名前だったので伏せましたが、バザー覗けばすぐ分かると思います)
BlogPaint
↑これは僕が一時的に半値以下で出品をして、それよりも安くしたのを見計らって、価格を12000Gにすぐ戻したところです。僕の前後に出品しているのが、botです。必ず1円ずつ安く出品するようですね。

この後も僕よりも高く設定している価格も、徐々に4991G以下の価格に付けなおしていきます。

☆3のほうでも試してみました。
BlogPaint
↑半額以下にまで簡単にできちゃいました。

こういうのは下限とか設定していそうな気もするのですが、
BlogPaint
↑これも僕が価格を誘導したものなのですが、これを見る限り下限の設定はなさそうですよね。

値段を付けなおすタイミングは、時間を計りながらやってみたのですが、たぶん常に職人をしたり移動したりしている時間もあるせいでしょうか、時間はバラバラのようですね。botなりの行動の優先順位が決まっていて動いているようです。

ただ、1個でも値段を付け直し始めると、それと同時に他のも連続して値段を付けなおすようで、1個でも誘導できるとそれ以降はその価格を自分で追いかけるようになります。


そして、スートムタルトのほうでは、botが何人か同時に出品している状態が多く、常にbot同士で1円ずつ値下げを続けている状態のようです。同じ仕組みのbotが複数いたらそうなりますよね。

先ほど下限はなさそうと書きましたが、このストームのほうは何故か下限が決まっている模様。

42000G付近で売られていた、botのストームタルト☆3を、一気に24000Gまで下げようと思ったのですが、今まで1円ずつ下げて売っていたbot数名が揃って29000Gで出品するという事態になりました。
これは同じbotを利用している人は同じ下限が設定されているのでしょうかね。任意で設定できないのかもしれませんね。

しかし、値下げの下限はあるようなのですが、新規で出品したものに関しては下限がないようです。

その29000Gに値段を付けなおした後、新たに出品したものに関しては、またそこから1Gずつ下げ始めました。ちなみに☆2の下限は9000Gのようです。


こういうことがあると、どうしても値下げして損をさせて、そこから撤退させたいという気持ちになる人も多いと思いますが。これで、あまり価格操作してしまうと健全なユーザーが困ってしまうので、あまりやらないほうがいいですね。それが売れても、次から次へと出品し続けてくるので、一般の人はほぼ売ることが出来ない状況が続きます。

まるで、一般市民を盾にしたテロリストのような感じですね。

こちらが何かすれば、関係のない一般市民にまで被害が及んでしまうという。。

というか、こういう自動操作による不正や、こんなに簡単に相場を操作できる状況を、いつまでも放置していること自体が問題ですよね。運営の方は何もしないんでしょうか??

アカウント停止などの処置が難しいようなら、せめてバザー出品のルールを見直すとかしたほうがいいと思いますね。

例えば、値段の付け直しの時間制限や、回数の制限などあってもいい気がします。

通報待ちのスタンスで行動しているようじゃダメですよね。


しかも、このように価格を操作して、安く購入とかを意図的にすると、こちら側も不正に加担したとみなされることもあるようで、その辺が何とも気に食わないですね。そういうことができてしまう状態にしている側の責任は??という話になってしまいます。
なので、下手にここで書いたような価格操作をしてしまうと、逆に通報されてしまう危険性もあるかもしれませんので、皆さんはあまり何もしないほうが良いですよ。素直にbotと思われるユーザーを通報するほうが良さそうです。


あともう一つ気が付いたことがあるのですが、このbotの出品は何故か夜21時22時頃のピークタイムになるとパッタリと止まる傾向あるようです。どうも回転が上がってそうなっているという感じではなく、明らかに活動が止まっているような感じなのです。

なので、昼の時間帯は料理が安く買えて、botがいなくなった夜になると、普通の需要も増えるのと合わせて価格が上がる傾向があるので、買う人は昼、売る人は夜というのが一番お得なようです。


あと、料理の精度のほうですが、ダークのほうは☆2が多い気がしますが、☆なしや☆1も結構あったりで、あまり上手なbotではない気がします。これは果たして儲かっているのだろうか??
ストームのほうはダークに比べると多少精度は高そうです。☆3も結構多いですね。厄介です・・・


以上、ちょっとこの価格操作で迷惑した人もいるかもしれませんが、自分なりに職人botについて分かったことをまとめてみました。もう価格操作はしないのでご安心を。と言っても誰かしらがやってますねw


ということで、今日は24時間働き続けるbotにちなみまして、この曲でお別れしましょう。

ザ・ハイロウズで「ガタガタゴー」

マーシーが歌います。

 
 働いて働いてまた働く

 仕事より楽しいのはまた仕事

 休みたいなんて思ったこのもねえ

 機関車みたいに走っていくぜ

 24時間じゃ全然足りねえ



botもきっとこんな気持ちでしょうかw
QLKESNG5

ドラセナ
つい先日、職人依頼で作った「ダークタルト☆3」「ダークタルト☆2」をバザーに出品しようかなと思ったところ、

なんと「ダークタルト☆2」がこの価格!?
BlogPaint
さすがにこれはやりすぎじゃない??

売るのやめましたw

逆にこの投げ売りしているタルトを全部まとめて買い占めちゃいました。

いや、転売なんて趣味じゃないんだけど、こういう売り方されると普通に売りたい他の人も結構迷惑しちゃったりするのでね。

全部買って7000Gくらいの水準まで戻しておきましたよ。

ちなみに「ダークタルト」の原価は、

8000G弱+フライパン代です。

何をこんなに売り急いでるんだろうと、ちょっと不思議に思って、

もしかしたら、一発仕上げ??とかも考えたのですが、

どうも☆3のほうにも何個か同じ人が出品しているんですよね。

☆3がある程度作れていれば、赤字にはならないですが、儲けもたかが知れているでしょう。

これだけ回転の落ちている中、自分で自分の首絞めているようなものですし。


うーーん、不思議。。

金策なのか、レベル上げなのか・・

やはりレベル上げかな。

低レベル帯でのレベル上げは、「ストームタルト」で上げるのが一般的だと思いますが、その時の相場によってはダークのほうがいい場合もあるし。でもこの日の相場はストームのほうが良かったんだけどw
まあ、どちらにしても「完熟封じ」を覚えるまでの話ですが。

☆2を大量に出しているということは、低レベル帯の人と考えるのが普通ですよね。
レベルが40、50とかになってきたら、これだけの☆2を量産するほうが逆に難しいですから。

今回買い占めたタルトは、相場は戻ったらバザーに出してもいいのですが、

せっかくなので、ガジュマルの家にあるモーモンバザーの裏メニューとして、価格5000Gで少し置いておきますので、欲しい方はぜひこの機会に。

ちなみに、翌日には☆2が9000G代にまで価格が戻っていましたw
QLKESNG5

ドラセナ
ちょっと前の「アクロバーガー」の相場なのですが、


時々、こういうことが起こるんですよね~
56
何でなのでしょう・・・

どうして、☆2より☆3のほうが安くなってしまうのでしょうか・・・

で、売れるときも何故か☆2から売れていったりするんですよね。

よく分かりませんw


そんなに早く売りたいのでしょうか??

でも、どう考えても、☆3を作りすぎちゃって、早く売りさばきたいという人ではないですよね。

たまたま、運よくできた☆3が1個、
それをいざ売ろうと思ったら、この価格で、「まあ1個だからいいか」という感じで、出品している人が何人かタイミングが重なっただけだと想像しますが。。

強ボスでたまたま手に入れたオーブ1個を安く売っちゃう感覚に近いのでしょうかね。

☆3が1円刻みになっているところから、これ以上は安くしたくないという気持ちだけは表れている感じはしますが、まあ、それにしてもねえ・・

このとき僕も、☆3を出品しようとしていたところだったのですが、とりあえず43000Gくらいで1個出品しておきましたが数時間後には売れてましたよ。
そして、その売れ始めたタイミングを見計らって、残りの☆3も出品しました。

☆2のほうはこの価格ならどんどん売っちゃってもいいですね。

あ、ちなみにドラセナのモーモンでの販売は、これよりもさらにに安いので、価格の事を僕がどうこう言うのもおかしな話なのですがw


一応、料理を売るときは、

価格の変動も激しく、1日単位でかなり相場が変わるので、「作ったらとりあえずすぐ売る」というのだけはNGな気がします。
メインの金策が調理職人という人ならなおさらですね。
前にも記事に書きましたが、料理の在庫管理が最重要。

あとは、株投資でいうところの、「板」がスカスカな状態は要注意です。
(1個1個の商品の価格に開きがある状態や、出品数が極端に少ない状態)
価格の急変動がありますので、そういう状態で安易に最安値で売るのも良くないですね。少し様子を見ましょう。

そういえばちょっと話がそれますが、この前「ベビーサタンのスカウトの書」が1個も出品されていなくて、試しに10万Gで出品してみたら1個売れましたw
出品数が少ないと、時々こういうことも起きますね。


ちなみに、今更書くことではないですが、「アクロバーガー」売るなら土日がお勧めです。


以上、3,4日前のちょっと不思議な「アクロバーガー」の相場情報でした~
QLKESNG5

↑このページのトップヘ