調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

カテゴリ: 相場情報

ドラセナ

先日、新料理である「バトルパッツァ」の料理対決の記事を書いたばかりですが、

その時は、具体的な調理手順などは書かなかったので、

今日は、一応「お料理教室」のカテゴリとして、その作り方を紹介したいと思います。


前回書いた通り、「バトルステーキ」とほぼ同じなので改めて書くまでもないとは思うのですが、

「バトルパッツァ」で検索する人も多いと思うので、一応ちゃんと書きたいと思います。


で、その前にちょっとこの新料理の「バトルパッツァ」についてお話しておきたいことがあるので、

先にそちらを。


実はこの料理に関して勘違いをしていたことがありまして、

実装前にこのような☆0の料理効果の情報が発表されたため、
スクリーンショット (187)
「バトルステーキ☆0」のHP+10に対して、

「バトルパッツァ☆0」はHP+5であったため、

僕は「バトルステーキ」のHPが半分になったものが、この「バトルパッツァ」だと思い込んでいたのですが、

でもこれは大きな勘違いでして、実はこれHPが-5になっただけの物だったようなんです。

つまり、「バトルステーキ☆3」ではHP+30になるのに対して、

「バトルパッツァ☆3」は-5HP+25になるということです。

食材の原価が大幅に下がったのにもかかわらず、HPがたったの「5」しか変わらないわけですね。
スクリーンショット (198)
ちなみにレシピ的には、「びっくりトマト」が1個だけで作ることができ、

逆に「おおとろの切り身」が10個とたくさん使うので、素材の価格の方も少し上がってきていますね。

ですが、これで原価の方は2万G弱と、「バトルステーキ」の原価の半分以下であります。


これ本当に料理全体の相場のバランス大丈夫なのでしょうかね??


そもそもこの料理は必要だったのでしょうか??


これでも「バトルステーキ」の方を重宝する方っているのでしょうか??


なんとなく「しもふりミート」の価格を下げる狙いよりも、

「おおとろの切り身」の消費を増やし価格を吊り上げることで、「おさかなコイン」の価値を上げることが本来の狙いだったのでは??とか思ってしまいます。

でも実際のところ、「しもふりミート」は弱冠価格が下がったものの、

存在価値を失いそうな「バトルステーキ」は相変わらず、高い価格を維持しており、むしろ「バトルパッツァ」実装前よりも上がっているくらいですね。

HP5しか違いはないんですけどね。。

それでも☆3の価格は倍違います。

まあ、この二つの料理関係性は、常に需給が大きく影響しそうなので、今後も価格のほうは常に注視しておきたいと思います。



では前置きが長くなってしまいましたが、

本題である調理手順のほう行きましょう。


まず使用するフライパンですが、

手堅く作るなら「超☆3」とかになりそうですが、

依頼にもある料理で保険も効くため、もっと安いフライパンでも十分ですね。

レベル65にもなれば集中力の余裕もだいぶあるので、「プラチナシリーズ」でもいいかもしれません。


こちらが開始時の配置で、
スクリーンショット (196)
成功ゾーンの数値は、

魚 135~165

野菜 160~190


となっております。


それでは手順の説明に入ります。

まずこちらが調理開始の場面です。(今回は超フライパン☆1を使用)
スクリーンショット (209)
「会心焼き」を使う料理なので、恒例の「ドーナツ焼き」の形を目指します。

まず初手で上の画像のように「ダブルよこ返し」で食材を入れ替えます。

その後に野菜を中央の列の上下に配置し、
スクリーンショット (210)
↑このタイミングで「弱火焼き」を使います。

使わなくてもできますが、使った方が想定外に焼けすぎることがなくやり易いかなと思います。
スクリーンショット (211)
そうすると1回目の火力アップと「弱火焼き」は重複するようになるので、ここは「このまま焼く」でスルーします。

その間に、野菜が魚よりも成功ゾーンの値が大きいため、中央の強火のマスに一時的に置いたりして、焼き加減のバランスを調整します。

そして、その後の4隅メーター減少の効果が終わったあたりで「強火焼き」にします。
スクリーンショット (212)
そうすることで、「強火焼き」の状態を維持したまま、「会心焼き」を使うことができます。

このような手順で行くと、だいたいこのくらいの焼き加減になります。
スクリーンショット (213)
ここで満を持して「会心焼き」です。
スクリーンショット (214)
↑見事3マス固定されました。この時点でかなり高確率で大成功になりそうです。

あとは残りの魚半分を、2回目の「会心焼き」目指して調整していきます。
スクリーンショット (215)
↑右下の魚の固定されていない所は、この後のメーター減少の効果で戻せるので放置でOKです。

そしてまた先ほどと同じくメーター減少の効果が終わったところで「強火焼き」にすると、

2回目の「会心焼き」がこのくらいの焼き加減で狙えます。
スクリーンショット (216)
↑ちなみに右下の魚は通常の会心で固定されました。

そして「会心焼き」です。
スクリーンショット (217)
↑左の魚だけ固定されました。

あとは固定されなかったマスを成功ゾーンの中央付近まで調整して仕上げですね。
スクリーンショット (218)
全てが完璧にいったパターンです。


確信の大成功ですね!
スクリーンショット (220)
↑ちなみに職人依頼のついでにやったので、実は「バトルパッツァ・小」でしたw


以上、特に真新しい調理手順のものではありませんが、ご参考までに。


QLKESNG5

ドラセナ


次のアップデートで、なんと意外にも新料理が追加されるようです!


その名も「バトルパッツァ」!!
スクリーンショット (187)
情報によると、「バトルステーキ」のHP上昇を半分に減らしたようなもののようですね。

攻撃力はそのままでHPだけ低くなるという感じですね。

使用食材が「しもふりミート」から「おおとろの切り身」に変えることで、原価も抑えた感じになり、「バトルステーキ」よりも買い求めやすい価格での提供を想定しての実装のようです。


しかし、ここへ来て新料理で、このような既存の料理よりも少しグレードを下げたような料理って、正直どうなんでしょう??

わざわざ新料理として実装する必要性って??とか思ったりもしましたが、、

うーーーん、「バトルステーキ」との使い分け方がイマイチ分からん・・・

どうせなら、もう少しサプライズ感のある料理とか出してくれたらいいのになあ。。

無理にステータス上昇という縛りに拘らなくても良いと思うし。



まあ、願望の方は置いといて、

この料理が実装されることで、調理全体にどのような変化が生まれるかちょっと考えてみましょう。



まず、ミニゲームの方ですが、

これは、パッツァと言うくらいですし、素材が「おおとろの切り身」なので、2マスの魚は入りそうですね。

そして「バトルステーキ」よりも弱く、経験値は☆2で30%UPの料理になるので、ほぼ間違いなく5マスの料理になるかと思います。

ということを踏まえて考えてみると、恐らく「アクロバーガー」の肉を魚に変えたバージョンのような感じになりそうな気がしています。

5マスの魚料理では他に「いやしのムニエル」があるので、たぶん「戻り」効果のある料理にはならない気がしています。

で、前回の新料理で「タンクハンバーグ」が、5マス料理で初の「4か所火力アップ」の効果があるタイプの料理でしたので、今回もその可能性はなくはなさそうですが、

個人的には「1か所火力&会心アップ」の効果の料理になるのではないかな~と想像しております。



そして肝心な価格の方はどうなるでしょうかね。

まず、次のアップデートで「トマトの収穫までの日数が4日へ変更」と短縮されたことも考えると、

これだけで正直トマトの価格が下がるのか分かりませんが、後々レベル解放もあったり、コロシアムもリニューアルされるので、ちょっと料理の価格はどうなるか想像しづらいところではありますね。

今の価格で考えると、まず☆3に関しては「バトルステーキ」よりも安くなくてはいけませんよね。

そして、経験値30%UPの効果がある☆2は、レベル上げ需要で他の☆2の料理とほぼ同じくらいにはなるかと思います。現在だと4万~5万Gくらいですかね。

そう考えると、☆3は大体5~8万Gの間くらいでしょうか?需要の少なさが露骨に表れると、ほぼ☆2と価格が変わらないという現象も起こりそうです。


そして、もう一つ気を付けたいのは、「アクロバーガー」と「バトルステーキ」が職人依頼からなくなるということですね。

作っても赤字になってしまうからだそうです。

これも多少料理の価格に影響してくるかもしれません。

というか、正直なところ、「びっくりトマト」の価格よりも、問題なのは「しもふりミート」の方なんですよね・・・

トマトは多少高くても、それがそのまま料理の価格に反映されることが多いので、高くてもそこまで問題はないんですよ。

問題はあくまでも「しもふりミート」!

シンプルにミートの供給量を増やせばいいのでは??と、僕なんかは思ってしまうのですが、何かできない理由でもあるんですかね~

赤字になるから依頼から消すという対処をするくらいなら、、って思うのですが、、

せめてシンプルに報酬を下方修正前の水準に戻せば良かったのにとかも思ったり。

一方、「あいじょうオムレツ」のほうは報酬額が増えるんですよね。

もう、なんだか狙いがよく分かりませんw

まあ、職人レベルが上がってくれば依頼に頼らなくても金策は十分できるから、僕個人的にはどうでも良いことではあるのですが、やはりこれから職人始める人のことや、大成功率がなかなか上がらない人のことを考えたら、依頼の報酬くらいたっぷり増やしてあげてもいいんじゃないかなとは思います。

低レベル帯の料理の報酬は前回の修正で上がってはいるけど、ちょっと物足りなさはありますよね。



ということで、まだしばらく「しもふりミート」の価格には悩ませれそうですが、

調理職人の一つの期待として、コロシアムのリニューアルというのがあります。

現在、タルト系の料理の需要が乏しく、☆3でも「ライトタルト」なんか3~4万G、「ファイアタルト」は4~5万Gくらいと、ちょっと物足りないですよね。ちょっとこれじゃ作る気がしないというか・・・

しかし、コロシアムのリニューアルにより、またコロシアムに活気が戻るようなら、タルトの存在は大きいものとなってくると思います。

そうなれば、無理に高い素材の料理に手を出さなくても金策が可能になってくるんですよね。

コロシアムとタルトの復活には今後期待したい所です。



というわけで、今日は新料理「バトルパッツァ」についてでしたが、

料理そのものはそれほど楽しみではありませんが、新たな料理のミニゲームにトライできるのは楽しみですね!

実装後はできるだけ早く、調理してみた感想のような記事が書けたらなと思います。
QLKESNG5
シャイニングボウが君を狙っている。。


ドラセナ


こんばんは、ドラセナです。


今日は久々に真面目に料理の相場に関した記事を。


この「相場情報」のカテゴリを更新するのもかなり久しぶりですね。



先日、聖守護者の第2弾として「スコルパイド」が実装されたばかりですが、
002_79a2a925fd6d9d397504758642216971
これによって料理の価格の方はどう変化するのかなと、気にしながらバザーをチェックをしていました。

まだ僕自身戦ったことがないので、どんなボスかほぼ分っていなくて、

どんな料理が売れそうなのかとかも全然分からないのですが、

ちょっとバザーを眺めながら気になった動きを書いていきたいと思います。



まず実装当日なのですが、

気にしてまずチェックしたのはタルト系。

どんな驚異的な属性攻撃があるかによって、大きく動く料理ですので、まずチェックしてみたのですが、

唯一大幅に値上がりしていたのは「ダークタルト」だけでしたね。


実装当日、一時的に☆3で10万G超えている時間帯もあって、闇耐性か土耐性が必要なのかな??と想像したのですが、

すぐに価格の方は落ち着いて、大体いつも通りの価格(7万G前後)に戻っていました。

やはり「ダークタルト」はこのボスではそこまで有効ではなかったということでしょうか??

たまたま品薄で価格が上がっていただけなのか?どうなんでしょう。


次に気にして見たのは「おもさ系」です。

薄っすらとツイッターなどの情報でパラディンで押すタイプのボスではないというのを目にしましたが、

「ズッシリゾット」なんかは、ややいつもよりは高くなっていました。
IMG_0356
10月27日午前中の価格で、12万G超えていますね。

スコルパイドの需要というよりはトマトの素材の高騰に合わせて上がっているだけかもしれませんが、

出品数が異常に少ないのは気になります。

ちなみに同じく重さアップの「タンクハンバーグ」のほうは相変わらずの安さでした。


他に価格が上がっていたのは、「きようさにくまん」
IMG_0355
(10月27日午前中)

時間帯によっては4万Gを超えていることもあるようです。

「きようさ」は会心率や暴走率に影響しますが、まあ、火力を求める上でとりあえず食べておいて損はないので、

安定の人気度と言ったところでしょうか。

これに加えてさらに「攻撃魔力」がアップする「匠のチャーハン」に至っては、20万Gを超えてしまっています。
IMG_0354
(10月27日午前中)

「きようさ」の上がり幅は「きようさにくまん」と全く同じなのですが、「攻撃魔力」が求められるということは、魔法枠もあるということなのでしょうか??

このチャーハンに関しては、大成功率が極めて低いので高くなってしまうのは仕方ないですね。

トマトも高く、これを作るには「光のフライパン☆3」も必須になってくるのでコストもかかりますしね。



そしてその他の料理はそこまで大きく価格が変化した感じもなかったのですが、

その中、特に大きく値上がりしていたのが、

「HPアップ系」の「バランスパスタ」
IMG_0353
(10月27日午前中)

「バランスパスタ」でこの価格はすごいですよね??

今までここまで値上がりしているのは見たことがありません。

同じくHPがアップする「バトルステーキ」と同じくらいの価格になっています。
IMG_0352
(10月27日午前中)

原価的にみれば「バランスパスタ」のほうが安くなるのが普通ですが、

それだけ「MPアップ」の部分が重宝されているということなのでしょうか??

ちなみに「スタースイーツ」はいつも通りの低価格でした。

ただ大成功率という点では「会心焼き」を使える「バトルステーキ」のほうが高くなると思うので、

トータル的にみると「原価の安いパスタ」「大成功率の高いステーキ」のどちらの儲けが大きいかというのは判断しづらい所ではあります。



で、ちょっと「バランスパスタ」がこの価格まで上がっているなら「超フライパン☆3」を使ってもいいなと思い、

久々にパスタを作ってみました。

今までは☆3が出来ても大して高く売れないため、ほぼ作ることない料理でした。

緊急依頼があった時くらいに、安いフライパンで失敗しても全然OKな感じで作る感じでしたが、

この価格ならちょっと真面目に作ってみてもいいですね。


というわけで、「超フライパン☆3」をチームメイトのモーモンバザーで9万Gでお得に仕入れ、さっそく作ってみました。

その時の動画です。

とりあえず5回作ってみて、そのうち4回が大成功。

運も良かったけど、まずまずの内容。

以前、「プラチナ☆3」で作ったときの動画をアップしたことがありました。

その時は、限られた集中力でカツカツでやっていた部分があったのですが、

今はレベル上限も解放され集中力も上がり、「超フライパン☆3」の会心率の高さもあって、かなり自由度高く色々な特技を駆使して作ることができたのですごく面白かったです。

会心率が高いが故の「偽会心」や「ラッキー会心」による一喜一憂もあったりして、相変わらず運要素の影響は受けるのですが、今回久々に改めて作ってみて思ったのは、


「バランスパスタ」は面白い!!


もしかしたら全ての料理の中で、一番面白いかもしれない。

4マスのタルト系ではちょっと物足りないし、

かと言って、「あいじょうオムレツ」や「匠のチャーハン」なんかの「メーター戻り系」は難しさによるストレスもあるし、

「会心焼き」を使うやつは、大成功を連発出来ていいけど、パターン化された行程でちょっと面白みには欠けます。

その点「バランスパスタ」は全ての点において、まさにそれこそ「バランス」が良く、

現在の集中力であれば、「焼き戻し」、「まぜあわせ」、「強火焼き」などの様々な特技を臨機応変に併用しつつ作り上げることもできるので、作っていて非常に面白いですね。作り手のセンスが活きる料理だと思います。
決して簡単ではないところもまたいい。

まあ、現在のこの価格だからこそ作る気になれるというのはあるのですが、

ずっとこの価格であるならば、ずっと「バランスパスタ」ばかり作っていてもいいくらいですね。


「バランスパスタ」こそが、この秋、旬の料理!!



以上、ざっくり相場情報でしたー。

QLKESNG5

 ドラセナ
こんばんは、ドラセナです。

一応ちゃんと調理職人らしいことも書きます。


昨日、新コインボス「ゲルニック将軍」が実装されまして、福引祭りという感じになっていたようですね。

その影響でしょうか?タルト系の中で最も不人気な料理であった「ファイアタルト」の価格が急に高騰したようです。
まだ「ゲルニック将軍」は行っていないのでよく分かりませんが、炎系の強力な攻撃があるのでしょうかね。

昨日は一時10万Gを超える価格でバザーに出品されていたのを確認しています。実装二日目となる現在はとりあえず8万G台で落ち着いているようです。


それでですね、ブログのアクセス解析を見てみますと、やはり過去に書いた「ファイアタルトの作り方」という記事がアクセス数を伸ばしておりました。
で、実は、「ファイアタルトの作り方【動画あり】」という記事も存在しておりまして、こちらは多分検索しても上位に出てこないせいか、ほとんど読まれていない記事なんですよね。元々「ファイアタルト」自体人気がなかったせいもありますが、動画自体も他の料理に比べて圧倒的に再生数が少なかったんです。

なので今日は「一応動画もありますよ!」っていうことをお知らせしようと思い記事を書いたわけであります。

まあ内容的には3回連続で大成功している動画なのですが、その内1回目は明らかなミスを犯しており、運よく大成功になっているような動画なので、まあ良い動画とは言えないのですが、あくまでも参考程度に興味ある方は観ていただけたらと思います。

それがこちらの動画です。(音はかなり小さくなってしまっています)

再三言っておりますが、本当にドラクエ自体のインが減ってしまったので、どうしても過去の記事や動画を再度掘り起こすような感じになっちゃっていて申し訳ないのですが、まあ、調理職人始めたばかりで、その当時の記事を見ていない方もいらっしゃると思いますので、そういった方々の参考になればと思います。


まあ、「ファイアタルト」ですが、結局は他のタルト系なんかと同様に、会心アップの効果で光ったところ狙っていくだけなんですけどね。
一応難しい点としては、肉があってやりづらいという所で、この肉を左右均等に焼いて行くか、差をつけて焼いていくかで、人によって判断の分かれるところです。本当にその人の好みなのですが、僕の場合は差をつけて焼く方法を推奨しています。

そういえば、「ファイアタルト」は「アクロバーガー」が作れれば問題なく作れる料理なのですが、このブログで「アクロバーガー」って特に記事にしたことなかったかもしれませんね。今度時間あったら「アクロバーガー」の動画も撮ってみましょうかね。(時間があれば・・・)


ちなみに昨日は僕もとりあえず福引引いてみました。

3キャラでそれぞれ300枚くらい引いて、1等が4枚当たりましたよ!なかなかの成績ですよね。
一度に2個1等のパターンもありましたし。
BlogPaint
実装初日に1等当たったことって殆ど無いのですが、今回だけは調子良かったようです。
せっかく4枚当たったので4枚同時投入して行ってみたいところですね!
お付き合いいただける方いたらぜひ!

あ、僕レンジャーしかできませんがw
QLKESNG5

ドラセナ
次回の期間限定お魚コインの交換アイテムが発表されました。
01
今回は「超トマトのタネ」があります。

これによって、少しはトマトの値下がり期待できるかな??

どうだろうか。

12月26日から交換できるようです。


それにしても、調理職人はアップデートのたびに何かしらの不具合があるけども、その辺は一体どうなっているのだろうか??

未だに、戻りターン後のメーターが正しく表示されない不具合が修正されていませんが、

これによって、「バトルステーキ」などが作りづらくて困っている人も多いのではないのでしょうか。

この不具合の修正はかなり優先して対応しなければならないことだと思うのですが、これ治すのってそんなに難しいことなんですかかね。メカに弱いのでその辺のことはよく分かりませんが。

今「バトルステーキ」などが若干値上がりしている傾向がありますが、この不具合を理由に作るのを控えている人もいるのかもしれませんね。


他にも調理職人の内緒の修正点で少し気になることもあるのですが、その辺は追々記事にしてみようかと思います。
QLKESNG5

↑このページのトップヘ