調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

カテゴリ: ヒストリー

2ガジュマル
久方ぶりのブログ更新です。

半年ぶりくらいでしょうか、

特に何があったわけでもありません。

気まぐれの更新です。


まあ元々ドラクエⅩ自体インする時間も減ってしまい、記事にするようなネタがないということもあるのですが、リアルな事情で時間的な余裕もなかったりもして、とてもブログを書く気にならなかったというのが本当の所。


で、最近ふと久々にブログの管理ページを開いてみたんですよね。

そしてアクセス解析なんかを見てみると、意外なことに半年も更新されていないのにも関わらず、毎日平均30人ほどの訪問者がいることにちょっと驚きました。

ほとんどのアクセスが調理職人関連の記事ですが、まあそれでも自分が過去に書いた記事が今でも読まれていることに驚きました。だいぶ前の記事なので正直どうなんだろう?とか疑問に思うとこはありますが、これはこれで嬉しいことですね。


そう考えるとブログを通して何かを記事として残しておくということは、その時は何ということはなくても、後に何かしらの「感動の波紋」的なものが広がり巡っていくというのはちょっと面白いことだなと思いました。
それがまた自分に帰ってきて、また自分の記事を読み返してみたりして、それもまた面白かったりするのかも。
(「感動の波紋」は言い過ぎですが、単に使ってみたかっただけのワード)

ということで、そんなことを最近思い始めたので、何でもいいから書くようにしてみようかなと。


とはいっても、インが少なくなってしまったドラクエⅩでネタが無いのは事実。

いっそ、ブログをリニューアルして、ドラクエⅩ以外の関係ない記事でも堂々と書けるようにしようかとも思ったのですが、(以前は関係ない記事でも極力ドラクエと絡めるようにしていた)
でもやっぱりなんだかんだ言ってこのブログに愛着を持っているんですよね。
タイトルも実は気に入っているしw

そもそもブログランキングとかに登録しなければ関係のない話なのですが、
なんというか、「形作り」みたいなものはあります。
「ブログ書いてます」感を出すための「形作り」。
順位なんかはもちろん一切気にしていないのですが、やってます感だけは出したいみたいなw
実はこれまた気に入ってる「あいじょうオムレツ」のバナーを設置したいだけというのもありますかねw

それならランキングのカテゴリを変えたり、ポイントの割り振りを変えればいいのではとも思ったのですが、
逆にですね、
例えばペット関連の記事を書いたとして、ペットのカテゴリからこちらの記事を見つけて読んだ人がいた場合、ドラクエⅩがベースになっているこのブログを見たときの違和感はかなりあると思うんですよね。
ドラクエⅩをやっている人がこのブログを見つけて、全く関係のない記事を読む分には、「ああ、プライベートな記事も書いてるんだな」とすぐに呑み込めると思うんですよ。

なのであくまでもドラクエⅩユーザーに向けて記事を書いているという大前提があるので、カテゴリもそのままでもいいかなと思いました。

ということで、今後は本当にドラクエには一切関係のない記事も、細かいことを気にせずとりあえず何か書いて行こうかと思っています。

音楽関係のことはもちろん、違うゲームのこととかもちょっと書きたい気分でもあったり。

まあ後は時間的な問題ですかね。

仕事中の合間に様々な画像を駆使して30分程度で1記事書き上げてしまう天才ブロガーHさんみたいな人もいますが、僕の場合2時間くらいかかったりする場合もあるのでね、そのくせ誤字脱字も多いという、、


まあ何はともあれ


腹が減ったら食べよう  何か食べよう

眠くなったら眠ろう  とっとと眠ろう

書きたくなったら書こう  何か書こう



そんな感じで。
QLKESNG5

ドラセナ
あの、今更なんですが、

ブログ名の由来をお話してなかったなーと思いまして、、

ドラクエの料理にオムライスなんか存在しないのに(オムレツはありますが)何でオムライスが自慢!なんだろうと思った人もいるのではないかと、ちょっとブログ名の由来のお話を。

「旅立ちはネアンデルタール」というブログを見ていた方は、その由来はもう分かっている人もいるかと思いますが、
この「旅立ちはネアンデルタール」というのは、「すとらまさん」が管理するブログでして、今月惜しまれながら閉鎖することになってしまったんですが、「調理職人ドラセナのオムライスが自慢!」というのは、僕がそのブログの中で不定期に書かせていただいていた職人記事なんです。

で、「旅立ちはネアンデルタール」というタイトルはザ・クロマニヨンズの曲のタイトルからとったものなんですね。

CMでも使われているこれですね

その動画を「すとらまさん」が監修するとこうなります

アレンジ力が素晴らしいですよね!

サビ手前の田中将大の投球の所なんかしびれますねー
曲とめっちゃ合ってる。

その旅立ちブログの中で書く職人記事ということで、僕のほうもクロマニヨンズの曲から何かアイデアを頂戴しようと思い、名づけたのがこの「調理職人ドラセナのオムライスが自慢!」なんです。

曲名ではないですが歌詞の一部を抜粋したものです。

「グリセリン・クイーン」という曲の歌詞ですね。

 海の近くにある  古ぼけた食堂は

 満月のすぐ下  オムライスが自慢

という2番の歌詞。

この歌詞にすごく感銘を受けまして、
この味わい深い情景の表現と、その裏に込められた意味を、この少ない言葉で表現するセンスにやられました。
ということで、この歌詞の「オムライスが自慢」の部分を頂いて、このブログ名になったわけです。

クロマニヨンズの曲では、あと「コロッケ定食」という曲から頂戴しようかなという考えもあったのですが、まあ色々考えて今のタイトルに落ち着きました。

ちなみに「グリセリン・クイーン」はこちら

この歌詞の後に続くサビの

 グリセリンクイーン 生きてるうち できることはなんでも

 グリセリンクイーン やってしまう 毎秒が伝説

この言葉もいいですね。

できることがあるのなら、やれることはやっておいたほうがいいですよね。
シンプルながら難しいことだけど、それができるのも生きているうちだけ。


以上、ブログ名の由来でした!
QLKESNG5

いらっしゃいませ、ドラセナ(ガジュマル)です。

このたび新規ブログの開設にあたり、そのいきさつについてお話をさせていただきます。

僕はこのブログの前身となるドラクエⅩブログ「旅立ちはネアンデルタール」の5名のブログメンバーの中の一人としてブログを書かせていただいておりましたが、残念ながらブログ主である「すとらま」さんのお仕事の都合により、惜しまれながらも閉鎖しなければならないこととなりました。

多くの人に愛されていたブログですので非常に残念なことではありますが、リアルな事情となればやはり仕方のないことです。

そこで我々メンバーはブログのタイトルの如く、「旅立ちはネアンデルタール」というふるさとを旅立つこととなりました。

ブログ主である「すとらま」さんは、お仕事に専念。

筆頭メンバーである「ヒロト」さんは、すでに新たに自身の「アングラ魚の番外編」というブログを立ち上げ、旅立ちブログの頃からお馴染みのヒロト節全開の面白ブログを掲載しております。今までと同じように面白ブログが楽しめますよ!

そして「ストラマー」さんとCKTこと「ちょこた」さんは記事こそ殆ど書くことはありませんでしたが、常に面白いネタを旅立ちブログに提供し続け、ブログ出演者としても大活躍された決して欠かすことのできないメンバーでした。
お二人はブログを書くことはないでしょうが、これからもきっと面白いネタを提供し続けることでしょう。

そして僕は、旅立ちブログ用にすでに執筆済みの記事もいくつかあったり、計画していたこともあったりで、それらを全てお蔵入りにしてしまうのは、もったいないなという思いから、このブログ「調理職人ドラセナのオムライスが自慢!」を開設することになりました。
旅立ちブログの読者さんはご存知かと思いますが、そのブログの中でドラセナが調理職人に関する記事を書いていたもので、そのタイトルを受け継ぐ形で、旅立ちブログの遺伝子を受け継ぎつつ、これからも記事を書き続けていこうと思います。

分かりやすく説明するとこういうことになります。

 
 飽きたわけじゃない  嫌になったんじゃない
  
 星空のその向こう   憧れたのだ

 ネアンデルの谷から 
 
 幾千の火の玉に乗り  

 旅立った        
 
 さらばふるさと

               「旅立ちはネアンデルタール」


この歌詞の通りです。

ブログタイトルでもある「旅立ちはネアンデルタール」の歌詞の如く、ふるさとを旅立ち、新人類へと新たなステージへと移行します。

これまでブログ「旅立ちはネアンデルタール」を愛してくださり、パネルをクリックし応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。
そして形は少々変わりますが、これからもささやかながら微力ながら記事を書き続けていきますので、読んでいただけたら幸いです。

突然の移行でしたので、しばらくは内容が重複することもあるかと思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

QLKESNG5

↑このページのトップヘ