調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

カテゴリ: ヒストリー

ドラセナ
あの、今更なんですが、

ブログ名の由来をお話してなかったなーと思いまして、、

ドラクエの料理にオムライスなんか存在しないのに(オムレツはありますが)何でオムライスが自慢!なんだろうと思った人もいるのではないかと、ちょっとブログ名の由来のお話を。

「旅立ちはネアンデルタール」というブログを見ていた方は、その由来はもう分かっている人もいるかと思いますが、
この「旅立ちはネアンデルタール」というのは、「すとらまさん」が管理するブログでして、今月惜しまれながら閉鎖することになってしまったんですが、「調理職人ドラセナのオムライスが自慢!」というのは、僕がそのブログの中で不定期に書かせていただいていた職人記事なんです。

で、「旅立ちはネアンデルタール」というタイトルはザ・クロマニヨンズの曲のタイトルからとったものなんですね。

CMでも使われているこれですね

その動画を「すとらまさん」が監修するとこうなります

アレンジ力が素晴らしいですよね!

サビ手前の田中将大の投球の所なんかしびれますねー
曲とめっちゃ合ってる。

その旅立ちブログの中で書く職人記事ということで、僕のほうもクロマニヨンズの曲から何かアイデアを頂戴しようと思い、名づけたのがこの「調理職人ドラセナのオムライスが自慢!」なんです。

曲名ではないですが歌詞の一部を抜粋したものです。

「グリセリン・クイーン」という曲の歌詞ですね。

 海の近くにある  古ぼけた食堂は

 満月のすぐ下  オムライスが自慢

という2番の歌詞。

この歌詞にすごく感銘を受けまして、
この味わい深い情景の表現と、その裏に込められた意味を、この少ない言葉で表現するセンスにやられました。
ということで、この歌詞の「オムライスが自慢」の部分を頂いて、このブログ名になったわけです。

クロマニヨンズの曲では、あと「コロッケ定食」という曲から頂戴しようかなという考えもあったのですが、まあ色々考えて今のタイトルに落ち着きました。

ちなみに「グリセリン・クイーン」はこちら

この歌詞の後に続くサビの

 グリセリンクイーン 生きてるうち できることはなんでも

 グリセリンクイーン やってしまう 毎秒が伝説

この言葉もいいですね。

できることがあるのなら、やれることはやっておいたほうがいいですよね。
シンプルながら難しいことだけど、それができるのも生きているうちだけ。


以上、ブログ名の由来でした!
QLKESNG5

いらっしゃいませ、ドラセナ(ガジュマル)です。

このたび新規ブログの開設にあたり、そのいきさつについてお話をさせていただきます。

僕はこのブログの前身となるドラクエⅩブログ「旅立ちはネアンデルタール」の5名のブログメンバーの中の一人としてブログを書かせていただいておりましたが、残念ながらブログ主である「すとらま」さんのお仕事の都合により、惜しまれながらも閉鎖しなければならないこととなりました。

多くの人に愛されていたブログですので非常に残念なことではありますが、リアルな事情となればやはり仕方のないことです。

そこで我々メンバーはブログのタイトルの如く、「旅立ちはネアンデルタール」というふるさとを旅立つこととなりました。

ブログ主である「すとらま」さんは、お仕事に専念。

筆頭メンバーである「ヒロト」さんは、すでに新たに自身の「アングラ魚の番外編」というブログを立ち上げ、旅立ちブログの頃からお馴染みのヒロト節全開の面白ブログを掲載しております。今までと同じように面白ブログが楽しめますよ!

そして「ストラマー」さんとCKTこと「ちょこた」さんは記事こそ殆ど書くことはありませんでしたが、常に面白いネタを旅立ちブログに提供し続け、ブログ出演者としても大活躍された決して欠かすことのできないメンバーでした。
お二人はブログを書くことはないでしょうが、これからもきっと面白いネタを提供し続けることでしょう。

そして僕は、旅立ちブログ用にすでに執筆済みの記事もいくつかあったり、計画していたこともあったりで、それらを全てお蔵入りにしてしまうのは、もったいないなという思いから、このブログ「調理職人ドラセナのオムライスが自慢!」を開設することになりました。
旅立ちブログの読者さんはご存知かと思いますが、そのブログの中でドラセナが調理職人に関する記事を書いていたもので、そのタイトルを受け継ぐ形で、旅立ちブログの遺伝子を受け継ぎつつ、これからも記事を書き続けていこうと思います。

分かりやすく説明するとこういうことになります。

 
 飽きたわけじゃない  嫌になったんじゃない
  
 星空のその向こう   憧れたのだ

 ネアンデルの谷から 
 
 幾千の火の玉に乗り  

 旅立った        
 
 さらばふるさと

               「旅立ちはネアンデルタール」


この歌詞の通りです。

ブログタイトルでもある「旅立ちはネアンデルタール」の歌詞の如く、ふるさとを旅立ち、新人類へと新たなステージへと移行します。

これまでブログ「旅立ちはネアンデルタール」を愛してくださり、パネルをクリックし応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。
そして形は少々変わりますが、これからもささやかながら微力ながら記事を書き続けていきますので、読んでいただけたら幸いです。

突然の移行でしたので、しばらくは内容が重複することもあるかと思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

QLKESNG5

↑このページのトップヘ