超~~久々の次の一手!のコーナーです!


今日は「ダークタルト」からの出題です!


終盤、ちょうど会心アップのターンです。
33
今回、数値の画像撮り忘れてしまったので、見た目で判断して下さい。
数値はそれほど気にしなくても大丈夫です。

職人レベル53

プラチナフライパン☆3使用

生地二つは基準値確定です

この状況での皆さんの次の一手は何ですか??

答えは「続きを読む」で!
QLKESNG5






それでは答えです。

この状況、わざわざ問題にするようなことでもないかもしれませんが、

中には「ねらい焼き」一択と思われる方もいるかもしれないので、あえて問題にしてみました。

答えは「会心焼き」です!
55
序盤で生地二つが順調に固定されたため、この時点でかなり集中力が余っていることに注目です。

もちろん、「ねらい焼き」でも問題はないのですが、実は火力アップしている状態の場合は、「ねらい焼き」よりも「会心焼き」のほうが会心率が高いのです。
具体的な会心率までは不明ですが、「会心焼き」のほうが会心率が高いということに関しては公式ガイドブックのほうにも載っています。

消費する集中力が27と大きいので、むやみに使うことはできないのですが、このケースでしたらこの段階で使っても良いでしょう。
06
結果、見事会心ロックされました。

そうなると次もかなり集中力が余っているので、もう一度「会心焼き」できますね。
19
こうなれば次も「会心焼き」です!
32
こちらも見事会心ロック!
全て基準値で固定されたパーフェクトな仕上がりです!
00
当然、大成功です!!

このように、序盤が順調に行くと、後半集中力が余ることが多いので、「会心焼き」を使うことで、より大成功を確実なものにできるので、こういう状況になった場合は「会心焼き」も使えるということを頭に入れておくと良いでしょう。

以上、次の一手!の答えでした!
QLKESNG5