ドラセナ
最近、このブログが「スタースイーツ」というキーワードでよく検索されておりまして、

それにより、以前書いた「スタースイーツを極めたい!」という記事が読まれているようです。

恐らく、アプデ以降、今まであまり作ったことのない料理が職人依頼の品として追加されたことにより、作り方のコツなどを調べるのに検索されているのかもしれません。

で、前回の記事のやり方も良いのですが、実はあれはアプデ前の記事でして、推奨するフライパンも「光☆3」でした。
これはアプデ前のスタースイーツ☆3(約10万G)の価格を考慮して、「光☆3」でも十分に採算が合うということで推奨したものでした。

しかし、今回のアプデにより、そのスタースイーツの価値は下がってしまい、「光☆3」では儲けがほとんどない状態になってしまいました。

スタースイーツのような料理を作る上で大切なのは会心率です。会心アップの効果などがないので、自力で会心を出すしかありません。
そして、それよりももっと大事なのが、実は集中力なんですね。
調理は自動的に焼きが進んでしまうから、集中力があってもあまり意味がないと言う方もいるのですが、そんなことはまずないです。
集中力あってこその調理職人だと思います。
会心に頼るほど「運」の要素が高くなり、集中力に頼るほど「技術」の要素が強まると考えております。

まあ、結論どちらも大事なのですが、
そんな中、今のスタースイーツの価格ではフライパンのグレードを下げざるを得なくなってしまいました。

集中力を考慮して「光☆1」(12万G弱)というのもありです。美味しくはありませんが一応採算は合います。

価格を少し下げて「超☆3」(約85000G)でも良いでしょう。
集中力は下がりますが、会心率はこちらのほうが上です。
価格を考えればこちらのほうが良いかもしれません。

でもやはり、今のスタースイーツを作るのには道具代が高すぎますよね。

恐らくほとんどの人は、依頼が来た時にしか作らないと思うので、それを踏まえると、☆1以下は納品という形にして作ることを前提にすれば、「プラチナ☆3」(4万G弱)でも良いかと思います。

まあ、正直集中力はかなり厳しいです。光シリーズとは集中力が「20」違いますからね。

で、今回はその厳しい集中力の中でスタースイーツを作っている動画をアップしたので、これが参考になればいいなと思います。

前回の記事「スタースイーツを極めたい!」のやり方と基本的には一緒です。合わせて見てもらうと分かりやすいかと思います。
2回連続で作っています。
1回目は辛うじて☆2をキープ、2回目は何とか3か所固定して☆3です。

どうでしょう?(また画面のサイズを調整するの忘れてしまいました・・小さくて見づらいですねw)

見てもらうと分かると思いますが、集中力がホントギリギリで、運よく☆2、☆3になっていることが分かると思います。今までの光☆3の感覚に慣れてしまっているため、残りの集中力を計算しながらやるのが大変でした。
集中力が少ないほど運の要素が強くなってしまうのが分かりやすい動画だと思います。

ちなみにレベルは54なので、レベル50よりも集中力が8だけ高くなっています。
レベル54じゃなきゃ完全にアウトでしたねw

でもスタースイーツの作り方の基本的な考え方はこれで良いと思っています。
イメージとしては野菜3つを「ねらい焼き」していき、生地2つは弱火と中火を移動しながら自然の成り行きで良いでしょう。
目標3つを固定するイメージですね。無理に全部決めようとするときつくなります。
野菜3つは中段と下段の6マスを使って、生地は上段3マスを使うというイメージで考えると分かりやすいかも。
「完熟封じ」を最小限に抑えるのもポイントですね。

とまあ、こんな感じの難しいスタースイーツをあえて難しい条件でやってみましたが、本来普通に「光☆3」を使えば大成功をある程度連発させることも可能です。
ただ、そのスタースイーツ自体にその価値がなくなってしまったことが残念ですね。。
QLKESNG5