2ガジュマル


皆さん覚えているでしょうか??


去年書いた記事で、



と言う記事がありまして、

将棋にハマっているという内容のもので、

1級から初段を目指していてるも、

いつも目前で、跳ね返されてしまい、

なかなか昇段することができないというお話をしました。



そして、あれから約半年、


ついにやりました!


なかなか超えることができなかった壁、


将棋の「初段」に昇段することができました!!

BlogPaint

88888888888888888888


いや~、長かった・・・

この戦歴を見て下さい。。
IMG_0549
約4700戦・・・

一時期、ドラクエも放置で狂ったようにやってましたからね・・・


でも、なかなか初段に上がれなかったことで、

やっぱりもう少し戦術的な勉強が必要だと感じ、

実は、実戦の方を控えめにして、

ずっと勉強をしてたんです。

で、その成果がようやくこのGW中に出すことができ、

見事に初段になることができました。


そして、何を主に勉強したかと言うと、

得意戦法という所に書いてある、

「右玉」と呼ばれる戦法を重点的に勉強をしたのですが、

これは以前から使っていた戦法ではあるのですが、

見よう見真似的な部分があって、何となく形だけを真似て指していました。

でも、見よう見真似ながら、実は自分に合っている戦法のような気がしていて、

ちょっともう少し踏み込んで勉強をしてみようと、右玉専門の本まで買って勉強しました。

このおかげで、勝率が少し良くなったような感じですね。
IMG_0551

で、実際にどんな戦法かと言うと、

この右玉というのは、その名の如く王様を右側に寄せて駒組を進めていく戦法でして、

決して守りが固い訳でもなく、

かと言って攻撃に特化している訳でもない、

どっちつかずの戦法でして、

しかし、意外とスキが少なく、とてもバランスの良い形とされています。
IMG_0555 (2)
↑右玉でよく出てくる形。

最下段に飛車を守りに使うのが特徴的で、意外とこの飛車のおかげで相手は攻めづらい。ちなみにこの画像の相手の方は、セオリー通り左側に玉を寄せていく形で、「腰掛銀」と呼ばれる典型的な形。


その右玉の形が完成するまでに、手数が掛かってしまうのが難点なのですが、

この形さえできてしまえば、一気に形勢が悪くなることもなく、じっくり攻めに転じていけるところが気に入ってます。

そしてその攻めのスタイルが、あえて相手から攻めさせてからのカウンターが狙いで、

これがまさに「天地のかまえ」なんですね。
480286297 (2)
一見スキがあるように見えて、スキが無い、

なので、相手もその一見スキがあるように見える部分から攻めてこようとします。

そこを反撃するのが右玉の常套手段で、

これをマスターすることで、勝率に貢献することができたように思えます。


そして、やはり将棋は相手がいて成り立つものですから、

必ずこの右玉ができるとは限りません。

なので、相手の多種多様な攻めにそれぞれ対応するために、

対策を練ったのも功を奏しました。


その一つに「都成流」という戦法を採用してみました。
IMG_0552
これも、まさに「天地のかまえ」的な、あえて相手に攻めさせてからのカウンターが狙いで、

実は相手に正しく対応されると、「都成流」側が若干悪くなるとされています。

しかし、この戦法をよく知らない、自分よりも下の級の人には特に有効で、

攻めっ気の強い人には上手くハマって成功することが多かったように思います。


そして以前から苦手意識が強かった、「石田流」と呼ばれる戦法。

これが大の苦手でして、かなり苦戦をしていたのですが、

これに対しては「棒金」と呼ばれる戦法を採用し、

苦手をある程度克服することができました。
IMG_0553
こちらが「棒金」で行く素振りを見せるだけで、

「棒金」を嫌がる「石田流」側が、それを警戒し、石田流のかまえを解除することがあるので、

相手をけん制するだけでもかなり効果があったように思います。


そして以前から「振り飛車」(主に四間飛車)相手には、

定番の「対振り持久戦」で、持久戦に持ち込み戦うのは以前から比較的相性が良かったので、

これはこれで、良い勝率を維持することができました。
IMG_0554
↑こちらは実戦経験も多く、比較的良い勝率を維持しております。


それ以外にも、

日々「詰み将棋」の問題を解くという、勉強も続けることで、

詰みの読み切りも以前より早くなったように思います。


というわけで、

そんなこんなで、以前は焦って実戦を繰り返し、

達成率が下がっては、それを取り戻そうと、躍起になってしまっていましたが、

そこを一旦落ち着いて、勉強に徹することで、

何とか初段になることができました。


これで、自分の中では一区切りがついた感があるので、

これからは、得意な戦法以外にも、色々挑戦してみたいと思っています。

でも、また見よう見まねでやり過ぎて降格だけはしないように気を付けないとですね。。


以上、初段に昇段した報告でした。

QLKESNG5
ちなみに棋力レーダーチャートは、

1級の時よりも下がってしまったという不思議。。
IMG_0550
特に戦術力が下がっているのですが、

どうも、右玉や都成流をやると下がる印象があります。

どうもトリッキーな戦法や、定跡から外れた形になると下がる傾向があるようですね。