つい先日、「本日の店内BGM③」の中でましまろに触れたばかりですが、
本日、待望のセカンドシングルの発売の発表がありました!
http://www.mashi-maro.net/artist/mashimaro/info/467085←詳細はこちら

タイトルは「遠雷」
先日の真城さんのツイートはこの前フリだったのですね、きっと。

実はこの曲、新曲は新曲なのですが、ライブのほうではすでに披露されています。

はっきりとは憶えていないのですが、僕の記憶では、なんかボサノヴァっぽいリズムだったような。。
で、明るい感じの曲ではなかったですね。
なんとなく「HAPPY SONGS」に収録されている「休日の夢」のような雰囲気だった気がするな。
でも、「休日の夢」ほどしっとりではなく、サビではグワ~~って盛り上がる感じがあったと思う。

記憶が曖昧ですが、そんな感じの曲w
6月22日発売なので、梅雨時には合いそうな曲。

そして、他のカップリングですが、収録曲未定となっています。

実はライブでは他にも未発表曲を披露していたので、そこから選曲される可能性もありますね。

ちなみに他の未発表曲は

「ローラーコースター」
「海と肉まん」
「ナポリの月」
「魚ごっこ」(ボ・ガンボスのカバー)
「天国の扉」(ボブ・ディランのカバー)

僕の行ったライブで聴いたのはこの5曲です。


「ローラーコースター」は「遠雷」とは逆に明るく軽快なテンポの曲でしたね。めっちゃいい曲だった記憶。
ジェットコースターじゃなくてローラーコースターってところがいいですよね。そのせいか昭和っぽい香りも漂わせていました。全体的には風のイメージの曲。


「海と肉まん」はマーシーがボーカルのブルースの弾き語り。
なんとなくこの曲を聴くと、曲調はまったく違いますが、ハイロウズの「アウトドア派」を思い出しちゃいます。そう感じたのはきっと僕だけじゃなはず。
前回同様4曲ほど収録される予定なら、1曲くらいはマーシーが歌う可能性が高いので、この曲が選曲されることもありそうですね。


「ナポリの月」は憶えやすいメロディーだったので歌い出しのところとか憶えてますよ。
たしかこんな感じ

 ナポリの つ~~きは~♪

 蒼く やさ~~ぐれ~♪

ゆったりまったりの曲です。これもすごく良かった。あとたしか猫が出てくるんですよ。ねそっべってる猫。
マーシーがナポリへ旅行に行ったときのことを歌にしたそうです。
ナポリへ旅行に行ったことめっちゃ自慢してましたw


「魚ごっこ」はボ・ガンボスの曲をカバーしたものですね。
これはホント明るく楽しい感じで、皆で歌いたくなるような素敵な曲ですね。
すごく良い曲なのですが、何よりも演奏している本人達がめっちゃお気に入りのようで、前回バディー・ホリーのカバー曲が収録されたことも考えると、こういうカバー曲が選曲される可能性もありそうです。


カバーといえばこの「天国の扉」もそうですね。言わずと知れたボブ・ディランの曲。
これもマーシーボーカルですが、ましまろでのマーシーはハーモニカ吹きながら、ちょっとボブ・ディランっぽかったりするので、こういう曲をやるのも納得です。(昔からレパートリーにはあったようですが)
でもこの曲はあまりに有名すぎるので、あまりこういう曲は収録されないような気が個人的にはしてますね。


どんな曲が収録されるか考えていたら、ワクワクしてきちゃいましたね。
シングル発売ということは?秋にはアルバム??
そしてライブ!?
夏フェスとかにもちょいちょい参加しそう。

クロマニヨンズのジャングルナインツアーもようやく終るというのに、マーシー忙しいですねw

そうそう、旅立ちブログのときに書いた、当時の「ましまろライブレポート」の記事もあるので、もし興味あれば「続きを読む」でどうぞ!


あ、ドラクエの話しなきゃですね。
iPhoneの純正イヤホンがまったく耳にフィットしないのって僕だけですかね!?
QLKESNG5





今日は先週の土日に行ってきた「ましまろ」のライブレポートを。

憧れのマーシーに会ってきましたよ!

ましまろ看板
開演前、ジャジーな(マイフェイバリットシングスなど)BGMが流れる中、ビールを飲みながらソワソワしていると、場内のBGMが急に変わり、ホッピーがなみなみに注がれたジョッキを高々と掲げ、マーシーの登場です!
そしてバンドメンバー皆ホッピーを片手にw
記念に僕も同じジョッキを買っちゃいました!

ジョッキ
僕はこれで、うっすーーーいウーロンハイでも飲みますかなww

そしてお客さんも出演者もお酒を飲みながらの、ちょっと大人な雰囲気のまったりアコースティックライブの開演です!


サウンド的なことですが、ましまろってドラムのパートがないんですよね。
真城さんはパーカッションを叩きながら歌いますが、打楽器はそれだけ。
でも逆にそのせいか、ウッドベースの音が際立ってかなりいい感じですね。伊賀さんの弾くベースの存在感が大きいです。
そして中森さんの弾くブルージーなリードギターと、マーシーのアコースティックギター。そして普段はヒロトのお仕事、ましまろではマーシーがハーモニカを吹きます。
各パートが合わさってホント素敵なアンサンブルになります。

まあ、音楽的なことをあまり細々と書くのもあれなんで、貴重なマーシーのMCをメインでお話しましょうかね。


クロマニヨンズのときは、マーシーはライブ終了の去り際に「またねー」の一言しか絶対にしゃべりませんが、ましまろではかなり気まぐれな感じで急にしゃべりだしますw
大半は真城さんがしゃべっていますが、マーシーも急に思い立ったかのようにしゃべりだしたり、お客さんのガヤにも応じ、お客さんとしゃべったり、客いじりをするマーシーがとても新鮮でした。

そんな中、印象に残ったMCは永ちゃんこと矢沢永吉のお話。

ライブ中盤くらいで急に、

「昨日テレビでやってた永ちゃんのやつ観た??」

と、マーシー
(前日にNHKで放送されてた永ちゃんの特番ですね)

客の反応「みたー」「みてなーい」「急に!?」など

マーシー「かっこよかったね~」

「僕は昔、永ちゃんの還暦のときのライブにゲストみたいな感じで呼ばれたことがあるんだけど」

と話を続けるマーシー

「ライブ前に永ちゃんに今日はどんな感じで弾いたらいいですか?って聞いたら・・」

「あ、永ちゃんとか呼んでるけど、実際は矢沢さんですw」

と急にフォロー

「で、聞いたら・・」
「マーシーちゃん」←口をひん曲げて永ちゃんのマネをしながら

急にモノマネしだすマーシーに一同笑い

永ちゃんにマーシーちゃんと呼ばれてるらしいw

「キース・リチャーズみたいにガーーーっとやっちゃってよ、(永ちゃんのモノマネで)って言われたので、僕なりにガーーーっとやってみたんだけど・・」

ここで中森さんが
「映像とかあるのかな?」

真城さん「ユーチューブとかで観れるんじゃない?」

マーシー「ユーチューブで観れるそうです」

そんなようなやり取りがあったので
ここでその映像をご紹介。


ヒロトかわいいねw

で、話が終わり
何曲か曲が続くわけですが、その間も真城さんが色々しゃべります。

で、数曲終わった後に急にマーシー

「で、永ちゃんの・・」

お客&バンドメンバー「ええ!?続き!?」

真城さんに「だいぶさっきの話から間空いてますけど??」
と突っ込まれるマーシーw

「うん、続き」

と、完全マイペースでその還暦ライブの打ち上げのときのエピソードを話すマーシーでしたw



そして二日目のライブ。

セットリストはまったく同じなのですが、唯一1曲だけ追加されてました。
ましまろで歌うマーシーはアコースティックギターにフォークシンガーのように首にハーモニカをかけ、しゃがれた声で歌う感じが、ちょっとボブ・ディランっぽいなーと思って聴いてたら、やりましたよ!

その唯一追加された1曲がボブ・ディランの
「KNCKIN' ON HEAVEN'S DOOR」でした!!(日本語バージョン)
これはうれしい1曲ですね!

そして二日目のライブも中盤に入り、

「昨日どこまで話したっけ?」

と急にマーシー

客&バンドメンバー一同「えええええ!?昨日の続き!?」

まだ永ちゃんの話の続きがあったようですwww
まさかの日をまたいでのMC!

客の一人「昨日来てなーーい」

マーシー「え、そんな人いるの??」

ここで真城さん「そりゃ仕事の都合とか色々あるでしょう、そんなこと言っても嫌われないマーシーが羨ましい」
とw

で、何事もなかったかのように続きを話すマーシーでしたww


他にも2杯目に突入したホッピーを見て、客の一人が「マーシー2杯目!」
と、

「実は2杯目どころじゃないんだなぁ」

と返すマーシー

実は昼真っからずっと飲んでたらしいw
とか、そんなやり取りも。

ここでは紹介しきれませんが、ホント色々しゃべってましたよ。
たぶんクロマニヨンズのときのヒロトよりもしゃべってる。

とまぁ、そんな感じで普段あまり話さないマーシーの色々な面が見れた貴重なライブでした。

そうそう、かなりいい感じの新曲も4曲ほどやっていたので、これからの活動も期待したいですね!



で、最後に1曲紹介してお別れしたいのですが、何にしようか考えてたら、ライブ中のMCでちょっと思いだしたのがあるので、紹介の前にもう少しお話を。

これは「ボ・ガンボス」というバンドの「魚ごっこ」という曲のカバーをやる前のMCで、マーシーが「ボ・ガンボス」のボーカルの「どんと」との思い出を語っていたのですが、

「知っている人もいるかもしれませんが、僕昔ブルーハーツというバンドやっていたんだけど・・」

マーシーの口からブルーハーツって聞くのちょっと嬉しいですねw

実は意外と今のクロマニヨンズファンの中には、その頃を知らないティーンエイジャーも多く、というか昔からのファンだけでなく、今なお新規の若者のファンを獲得し続けるクロマニヨンズってすごいですね。

「そのときに沖縄のイベントみたいなのに呼ばれて・・」

「どんとは、呼ばれてもいないのに来てたんだけど」

一同笑い

「で、一緒に(イベントとは関係なく)海で歌ったりしたのが、どんととの一番の思い出だな~」

としみじみと語りながらボブ・マーリーの「REDEMPTION SONG」をイントロと歌いだしを弾き

「こんな感じで」

と、
客の反応はちょっと薄かった気がしますが、知らない人も多かったかな?個人的にはかなりテンション上がりました。
というか、沖縄の海で「REDEMPTION SONG」とかロマンチックすぎや!www


でも、こういうMCの合間のちょっと弾く曲、クロマニヨンズのときにも、ジャズのスタンダードナンバー「枯葉」を弾いたり、ヒロトなんかは、ハープで「アメイジング・グレイス」や、古くからあるブルース「YOU GOTTA MOVE」なんかをちょっと吹いてみせたりしますが、こういうのを聴くたびに、結局音楽ってみんな繋がっているだよな~って感じたりします。
ジャズ、ブルース、レゲエやそれ以外の他のものも、ジャンルとしての呼ばれ方は違うけども、結局どこかしらで繋がっている家族のようなものなんだなあと。
マーシーの楽曲にはレゲエっぽいものがいくつかあるのもうなずけますね。

で、ちょっと話がそれてしまいましたが、そのときにマーシーがちょっと弾いてみせた、ボブ・マーリーの「REDEMPTION SONG」を紹介して今日はお別れしたいと思います。

これは以前「ガジュマルが選ぶ偉大な~」の記事でも紹介していたので、ちょっとかぶってしまいますが、どうぞお聴きください!


この曲はギターと歌だけのいわゆる弾き語りのスタイルですが、まるでバックにバンドが存在しているかのような「うねる」ような、目には見えないグルーヴ感を感じる不思議な曲。
そう感じるのは僕だけでしょうか??
ギターのリズムと歌のリズムが絡み合ってのものなのか、ギターの微妙な音の強弱によるものなのか、その正体ははっきりとは分からないのですが、それと同時にボブ・マーリーが素晴らしいシンガーで素晴らしいリズムギタリストであることを改めて実感させられる1曲ですね。
あとこの動画で、周りのミュージシャン達が、ただじっと歌を聴く感じがとてもいいですね。とても好きな動画です。



今回もだいぶ長い記事になってしまいましたが、ライブレポートお付き合いありがとうございました!
とても素敵なライブなので、ぜひ機会のある方は「ましまろ」のライブに足を運んでもらいたいなと思います。

それではまた!!
QLKESNG5