2ガジュマル


ちょっと前に、とあることに夢中になり過ぎてブログの記事がストック切れをを起こし、更新が滞りそうだというお話をしましたが、

今日はその夢中になっていたあることについてお話ししたいと思います。



それはもう、

シンプルかつ簡単なルールにも拘らず、

その奥深さから、古くから長きに渡って多くの人を魅了し、愛され続けているゲーム、

全てのゲームの中でも、神の領域にあると言っても過言はないゲーム、


ザ!将棋です!



将棋をゲームと呼んで良いものか疑問ではあるのですが、

ボードゲーム、シミュレーションゲーム、パズルゲームといった側面を持っているのは確かだと思います。


あの国民栄誉賞を受賞した羽生さんでさえも、

「自分が知っているのは将棋のほんの一欠けらに過ぎない」

と仰っていることからも、その奥深さは計り知れないものがありますよね。

まさに永遠のエンドコンテンツとでも言いましょうか、

そもそもメインストーリーに終わりのないゲームなのかも知れません。



そんな将棋ですが、

僕自身は子供の頃から遊びでたしなんでいたことはあるのですが、

本格的に勉強しながらやり始めたのはごく最近のこと。


そのきっかけとなったのは、

藤井聡太七段の登場とともに、

ちょっとまた将棋でもやってみようかなと思い、

「将棋ウォーズ」というアプリをダウンロードしたことがきっかけ。
icon_512
このアプリは、オンラインで他のプレイヤーと対戦できるものなんですが、

オンラインで将棋をするのはもちろん初めてのことで、

軽い気持ちでやってみたら、

そこからドハマりしてしまいました。

それが1年半くらい前のこと。


で、少しでも級が上がっていくのが嬉しくて、

もっと上に上がりたいという思いから、

通常1日3局までは無料でできるのですが、

月額の課金をして無制限で対戦できるようにしました。


で、なんやかんやで、1級という所までは来たのですが、

そこでちょっと、実力の壁を感じ、課金を一旦止めました。

1日3局だけの対戦でちょこちょこっと遊ぶ程度にして、

その間、ずっと1級という階級でもがいていた訳ですが、


ところが、最近になってちょっと好調な日々が続き、

気が付いたら初段に上がれる目前まで来ていたんです。
スクリーンショット (111)
この達成率というのが、100%になると上の級や段に上がれるということになります。

それまではずっと50%前後を彷徨っていたのですが、いつの間にか初段が手の届くところに!

で、この日は1日の制限である3局を終えていたのですが、

(これ格上相手に2連勝、もしくは4戦して3勝1敗くらいでも、初段に上がれそう)

とか思いまして、

ここで一気に初段に!と思って課金して、またやり始めてしまったんです。


これドラクエのコロシアムとかやっている人なら分かっていただけると思うのですが、

あと2連勝すれば次のランクに上がれる!ってなったら、ついやってしまう感じ、

そしてですね、何故かそういうときに限って、ありえないような連敗をしてしまうんですよね。

コロ大好き勢の人は分かりますよね!?

コロシアムあるあるだと思っているのですが、

それがこの将棋ウォーズでも同じなんですよね。

実はこの後、連敗に連敗を繰り返し、

達成率が70%台くらいまで落ちて、

で、もうこれは無理だ・・・ってなるんですが、

せめて、80%台に乗せて終わりにしようとか思って、

さらにやって、結局60%台にまで落ちていくというね・・・


そして今また50%前後を彷徨う生活を送っております。。


これがブログの更新やドラクエや日常の雑用などをほったらかしにして、週末延々と夢中になり過ぎていたことです。

その休日はほぼ将棋だけで終わりました。。恐ろしいです・・・



で、この将棋ウォーズについてもう少しお話をすると、

なんとなく堅苦しいイメージのある将棋がものすごくカジュアルな感じで親しみやすい感じになっているんですよね。


例えば、自分の実力を成績によって数値化してくれるこちら、
スクリーンショット (110)
これは僕が達成率90%台のときのものですが、

攻撃力、守備力などのステータスのようなものがあり、ドラクエなどのゲームで育った僕のような人にはすごく親しみやすいですよね。

僕は比較的、しっかりと王様を囲って守備固めしてから戦うような持久戦を得意としているので、

他のステータスよりも守備力だけちょっと高めになっています。

ドラクエで言うならば、覚えたてのパラディンタイプといったところでしょうか。


他には、将棋には色々な戦法や守備の形である囲いなどに様々なネーミングがあるのですが、

それらの戦法などを実戦で行うと、その内容が図鑑のようにコレクションされていくというのもありまして、
スクリーンショット (115)
こういった感じで、色々な戦法の条件を満たすとコレクションが埋まっていく感じになっています。

僕は持っていないのですが、

「パックマン戦法」、「かまいたち戦法」、「カニカニ銀」、「アヒル囲い」なんていう変わった名前の戦法が多いのも将棋の面白い所ですね。いったい誰がネーミングするのか分かりませんが。。
スクリーンショット (116)
で、実際に条件を満たしてコレクションできても、その戦いで勝利していないと、

上の画像の「ちょんまげ美濃」ように灰色の状態になってしまいます。


そして、そのコレクションのそれぞれの詳細をみると、
スクリーンショット (117)
こんな感じで、図鑑のように説明書きがあったり、自分のその戦法での勝率なんかも確認できるようになっています。

ちなみに、この「四枚美濃」という囲いは、僕の最も得意とする戦型でして、

トータルの勝率は5割3分くらいなのですが、これに限っては6割近くあるのが分かると思います。


こういったコレクションを増やしていくのも楽しみの一つでもあるのですが、

慣れない戦法で戦うのはものすごくリスクが高いので、

僕個人的には、何とか初段までは、得意なやつだけで確実に勝ち星を増やしていき、

初段に上がることができたなら、そこで一区切りつけて、色々な戦法を試していきたいと思っています。

ちなみにこの将棋ウォーズで獲得した段位は、将棋連盟公認のものなので、申請すれば認定状を発行してもらうことができます。


まあ、またムキになって焦ってやっても、達成率下がってくだけだから、

とりあえず一旦落ち着こう・・・

QLKESNG5