調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

《マイタウン「アロエの町」ID9911-1609》

2019年11月

2ガジュマル


こんばんは、ガジュマルです。


ちょっと前の話になるのですが、

実は僕、バージョン4のストーリーに登場する「プクラス」というキャラに憧れていて、

彼が持っているiPadが前から欲しくて欲しくて仕方がなかったんですよね。

スクリーンショット (302)

前からずっと買おう買おうとは思っていたんですが、

でも買うなら消費税上がる前に買った方がいいのかな?とか思ったり、

でもできれば、毎年9月くらいに発表されるアップルの新製品の情報とか待った方がいいのかな?とか考えたりして、

で、結果的にそういったタイミング的なもので、


9月の下旬くらいについに憧れのiPadを買っちゃいました!
IMG_0608
結局、既存のiPad proを購入しました。


もうイア・タア シンパッ・ケウし放題です!
スクリーンショット (306)

何と言っても、このサイズ感がちょうどいいんですよね。

テーブルの上にちょこんと置いて作業できる感じ。

僕は生粋のこたつねこ民なので、

特に冬なんかは炬燵に収まり、その定位置でなんでもできるということが、特に重要になってくるんです。


近年絶賛ドはまり中の将棋も快適にできるようになりました。
IMG_0609
最近のお気に入りは、この将棋アプリのBGMをオフにして、自分で保存した曲をシャッフル再生で聴きながら将棋をすることです。

PCでもできることではあるのですが、何せも普段使ってるノートパソコンがポンコツすぎて、

何するにも重いし、なんか途中でソフトが停止してしまったり、

ウイルススキャンとかしてもどこも異常ない感じなのに、買って2,3年でこんな感じになってしまうパソコンっていったい・・・とか思ってしまいます。


以前購入した、ちょっとお高めの作曲用のDTMのソフトも、

パソコンがこんなんだから、作業の途中で落ちたりして、

もはやストレスしかないので、すっかり使わなくなってしまいました。。

将来的にはこのiPadでそういうことも再開出来たら良いなと思っています。


で、そんなiPadをテーブルに置きつつ何でもスムーズに動作することに感動しつつ、

ふと思ったのが、

「ああ、この感じで、ドラクエもできたらいいのになあ、、、」

ということ。


もちろん普段は先ほどから話しているポンコツなノートパソコンでドラクエもやっていますので、

正直辛いんですよ。。

ムービーで止まるわ、七夕イベの提灯で重くなるは、死霊召喚するだけでもエライ重くなります。

挙句の果てには突然の謎のシャットダウンもしばしば・・・

そんな現状だったもので、

ついiPadの快適さを満喫している時に、そんなことを考えてしまったんですよね。



と、そんな矢先ですよ!!

DQX界を震撼させる大ニュースがありましたよね!!


なんと!ドラクエⅩのブラウザ版のサービスが開始されると!!


そう!つまりこの最近買ったこのiPadでドラクエⅩができちゃうっていうことですよね!!

これは神!!


嬉しすぎて思わず、

イア・タア シンパッ・ケウ!!を連呼してしまいます。
スクリーンショット (306)

とは言っても、月額の問題とかもあるから、

実際の所まだ分からない部分もありますが、

Bluetoothのコントローラーが使えるようなら多少高くても利用しようかなと考えています。

iPadならキーボードも付いているのでちゃんと連動するならチャットも普通に出来ますしね。

一見使いづらそうに見えるiPadのキーボードですが、これ見た目以上に使いやすいんですよ。
(個人差はあると思いますが)


それからスマホでもできるのが大きいですよね。

正直、バトルとかをやるのは難しい部分もあるかもしれませんが、

こちとら職人勢としてはスマホで職人ができるだけでもう歓喜。

アロエがひたすら職人設備の前でログイン、ログアウトを繰り返す日々が来るかも??

ドラクエⅩサービス開始から8年目にしてという、今更感は多少ありますが、

でも素直にこのサービスは嬉しいな。

あとは技術的なトラブルとかが少ないことを祈るばかりです。



ちなみに、僕はswitch版も持っているので、動作的な問題でPCがストレスなら、

switchでやればいいじゃん??って思うかもしれませんが、

switchをあまり使わない理由としては、

まずキーボードがないのと、

テレビを観ながらやりたいというのもあって、基本はPCでやっております。

現状、PCでドラクエをしながら録画したテレビを観つつ、

その横でiPadで動画配信なんかを観ながら3画面同時進行という、

欲のタンクがフルスピードなので、目と脳が何かと忙しいんです。

まあ結果、半分くらいしか内容頭に入ってないんですけどね。。


そんなswitchはストーリーのムービーなんかを思う存分堪能したいときに重宝しております。

バージョン5のせっかくのボイス付きムービーなんかを、

重い動作のストレスなく大きな画面で味わいたいですからね。


それにしても、バージョン5のボイス良かったですよねえ。

本題から話がそれてしまいますが、

ホント、噛みしめれば噛みしめるほどいい。

キャラクターに声でもって命を吹き込む声優さんってホントすげえなって思いましたね。

今となっては映画並みにムービーが進化する中で、

逆に声がないほうが違和感を感じつつさえあります。


ん??


もしかして!?


これは、このような進化するムービーをブラウザ版を利用することで、

スマホでも映写機を使えばいつでもどこでも観れるということなのでは!?

やば、

これはブラウザ版の可能性広がるな~。


イア・タア シンパッ・ケウ!!


QLKESNG5



2ガジュマル


こんばんは。

11月に入り、すっかり秋真っ只中という感じですが、

秋といえば読書の秋。


皆さんは読書などされていますか??


こんな話題を振っておきながら、

実は僕、読書が大の苦手でして、

というよりは、文字がぎっしり詰まったものを読むことができないんですよね。


漫画とかは吹き出しによって文章が小分けにされているので、全然大丈夫なのですが、

小説のように文字ばっかりだと、もう脳みそが内容を理解しようとするのをやめてしまうんですよ。

でも、漫画『HUNTER×HUNTER』なんかのように、やたらと文章による説明が多いのは漫画であってもしんどくて、

ついつい、絵だけ見て大体の感じで飛ばして読んじゃいますね。


あとは本て、1日のうちの いったいどのタイミングで読んだら良いのかも分からなくて…

普通は寝る前とかになるんでしょうか??

でもやっぱり寝る前はドラクエしちゃうしな〜

電車内で何かするとかも苦手なのでもちろん本も開いたりできないんです。


これは、子供の頃からずっとで、

小学生のころは、

授業で図書の時間というのがあって、

校内の図書室へ行き、好きな本を選んで読書するのですが、

僕は、きまって図鑑をチョイスしてしまうんですよね。

昆虫図鑑や恐竜図鑑が好きで、これを見ながら授業をやり過ごそうとするのですが、

先生に見つかり、図鑑は読書じゃないからダメよと、注意を受け、

仕方がないのでいつも『バーバパパ』をチョイスしてしまいます。

そして、バーバパパの黄色の子への憧れが強くて、そのページだけをずっと眺めて時間をやり過ごしていました。


あ、でも、国語の授業は大好なんです。

皆んなでじっくり少しずつ読み進められるのが良いのか、

お話も短くて僕にはこのくらいがすごく丁度いいんです。

小説とかだと、いつも次の章まであと何ページくらいだろうって、ついついページをめくって確認してしまいます。

そして、うわ、まだこんなにあるのかよってなるのが毎度のこと。

せめて挿絵とかあると、気持ちが紛れるのですが、一切何もないのは本当に苦手でした。


とは言っても、当時『エルマーの冒険』なんかは普通に楽しんで読めていたんだけど、何が違ったんだろうな。

単純に興味の対象によって読むモードが変わってくる病気なのかもしれません。 


そういう意味では、Twitterなんていうのは、僕にはピッタリのツールなのかもしれません。

少ない文字数で色々な情報を沢山読めるのは、僕みたいな文字が苦手な人間にはすごく助かります。

ただ、たまに5行くらいの文章であっても、

何回読み返しても全く意味が伝わってこないのもあって、

ん??え?え?これはどういうこと?

結局これは否定しているの?肯定しているの?

これは自分の話をしているの?第三者の話をしているの??

みたいな感じになって、

結局実際の文字数よりも多く読む羽目になるという、、なんてこともありますね。

ホントあれ、なんでそんなややこしい言い回しするんだろうって思ってしまいます。

僕の読解力が低すぎるだけかもしれませんが、、



と、まあ、

ここまで文字を読むのが苦手という話を散々してきましたが、

こんな僕でも、すごく大好な読書があるんです。


それはなんと言っても、

ドラクエ内の本棚にある本を読むことですね!
IMG_0034
とりあえず、新しい場所に来たら、全てのNPCに話かけ、

本棚を全て調べるということは欠かしません。

僕にはこのドラクエのような、3行ずつくらいで読める文章が僕には丁度いいんですよ。

これはNPCの会話も含め、ドラクエに限らずRPG系のゲームの良いところですよね。

なのでどんなにストーリーが長くても全く苦になりません。
 

なんで急にこんな話をしたかというと、

バージョン5の魔界のストーリーを一通り終えたのですが、

なんか魔界に来てから読める本がめっちゃ多い気がしたんですよ。

本棚2箇所に1箇所くらいの勢いで読める本が沢山あった気がするんですが、

前からこんなに読める本棚多かったでしたっけ??

しかも内容も興味深いものが多く、

ついつい時間を忘れて町探索からの読書に時間を費やしてしまいます。

メインストーリーに関わる内容のものも結構ありましたかね。

で、ストーリーを進めていくうちに、

あれ? このことに関してどっかの本棚の本に書いてあったなって思い出したりして、

またもう一回読みにいくんですよ。 

でも、どこの本棚か忘れてしまうので、また探すのが面倒だったり、、

あれ一度読んだ本は戦歴から読めるようにとかなったら便利でいいでよね。 

本以外にもイベント終了後にセリフが変わっていそうなNPCにも話しかけたりするので、

思っている以上に探索に時間かかってしまいます。


というわけで、

本棚の本を読むことでメインストーリーと繋がってくる内容のものもあったりするので、

これから魔界へ行こうとしている方は是非本棚も調べてストーリーを進めてみることをオススメいたします。



まあ、そんな読書の秋ということで、

ひねもすのたり、

とりあえず、

今日も僕はドラクエで読書でもしようと思います。
IMG_0033


QLKESNG5


 

↑このページのトップヘ