調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『モーモンモール』のお気に入り登録で料理の在庫確認できます

《マイタウン「アロエの町」ID9911-1609》

2019年08月


2ガジュマル


今日は、昨日ひっそりと開催されました、
365191878661
すとらまさん主催の謎イベント「勇者ゲーム」に参加してきたお話。


「勇者ゲーム」というのは、


よくある戦隊もののヒーローのように各色をまとい登場するのですが、

お互い何色で登場するか分からない状態で一斉に登場するので、

色かぶりが生じてしまい、なかなか綺麗に5色(今回は7人参加で7色)揃うことがなく、

それをお互いの空気を読みつつ、譲り合いの精神で何度も挑戦し、

色がかぶることなく全員登場できれば優勝!という感じのイベントです。


昔ガキの使いでやっていた「ゴレンジャイゲーム」というのが、

モデルになっているイベントで、


本来は、

アカレンジャイ!

アオレンジャイ!

モモレンジャイ!

と叫んで登場するところを、

あか勇者!

あお勇者!

もも勇者!

と、ドラクエ風に「勇者」に変えて登場するというのがこの「勇者ゲーム」です。


というか、詳しくはこちらの、

主催者すとらまさんのブログを見ていただいたほうが分かりやすいですね。

「勇者ゲーム」



で、このイベントの大変なところは、

まず各色のドレア装備を用意しなければいけない所ですね。


もうすでに倉庫も装備枠もパンパン状態のガジュマルやドラセナでは参加が難しいということで、

第三のキャラで、最小限の装備しか持っていないアロエで参加することにしました。
aroe

マイコーデに登録すれば良いのでは??と思うかもしれませんが、

なんやかんやでマイコーデ枠もマックスなんですよね。。
スクリーンショット (268)
大したドレア装備ではないのですが、イベントとかで手に入れたセットや通常装備のセットでも、

後々捨てたり結晶に変えることを考えると、つい保存しておきたくなるんですよ。

なんかドワ子の装備って、普通の装備品をノーマル状態で着るだけでもすごくお似合いで可愛らしいので、

なんとなく残しておきたくなるのは僕だけでしょうか。

装備品のデザインしてる人はドワ子基準でデザインしてるのかな??とか時々思ってしまうくらいですw
494306913
494306671


というわけで、マイコーデを使うことはできないので、

手持ちの装備として5色分のドレアを用意することに。
スクリーンショット (255)
枠に余裕があるとはいえ、上下用意したのでやはり枠はギリギリです。

フリーパスの装備をもらい、それにできるだけ安上がりになるように色をつけていきました。

用意した5色はこんな感じ。


あか勇者!!
494305314


あお勇者!!
494305210


きいろ勇者!!
494305251


みどり勇者!!
494305027


もも勇者!!
IMG_0571 (2)


おっと、


もも勇者!!
494305228
もはやオリジナルのなまはむカラー。


と、こんな感じで、5色揃えました。


で、当日は予定よりも2名増え、7名参加となったため、

急遽、白と黒の2色を追加で用意しました。

黒は元々マイコーデに保存してあったので、実際には白だけ追加ですね。


というわけで、準備が整いましたのでいざイベント会場へ!



皆さん整列し、ルールの説明を受けております。
494358089


そしてこのふすまで仕切られた部屋に各自入り好きな色に着替えてスタンバイです。
494358944


こんな感じでスタンバイしております。
494367973


そして、オープン!の掛け声とともに、

自分の色の勇者を叫びながら登場します。
494360257


おいおいおいおい、

色が被っているじゃないか!どうなってんだ!?

と言わんばかりに、

皆で心を一つにするために中央に集まりミーティング。
494369879
この場合、黒だけが被っていますね。かなり惜しい状態です。


と、こんな感じのイベントなのですが、

正直最初は、色が被った人が、誰もやらなかった色に変えるだけなので、

被らなかった人は暗黙の了解みたいなもので、下手に色を変えずにいれば、

意外とすぐにできるのでは??思っていたんですよね。


ところが、これまたみんな毎回自由に色を変えてくるものですから、

もう収拾がつかなくなってきてます。。


僕は最初、唯一の女性キャラで紅一点ということで、ずっと「もも勇者」推しでいったのですが、

これがまた、被ること被ること。。

こちとら女の子だぞ!と言わんばかりに、ずっと譲らずにいたのですが、

もう毎度のこと被るというのもありますが、

せっかく7色用意したのだから、もう順番に着て行こうという発想に変わり、

そこからはもう適当w


で、やっていくうちに、

どうも赤、桃、黒あたりが特に被る傾向があるなと感じてきたので、

後半は比較的人気のなかった青や緑あたりを攻めることに。


しかし、それでもダメ・・・
494372329
ふすまの中で完全に心が折れています。


そしてついにラストのチャレンジに。

その前が、桃色だけが被った状態で、この被った2名のどちらかが、

色を変えるだけで、成功となるわけですが、

奇跡を信じて迎えたラスト、

・・・・・

・・・・・

・・・・・

まさかのラスト誰も色を変更しないというwww


再び桃色被りで終了となりました。。


最後の最後になって誰も色を変更しなかったことに、

皆の本気度が見えた瞬間でもありました。


というわけで、

今回の「勇者ゲーム」、

最終的に成功とはなりませんでしたが、

まあ、地味~~な面白さがありましたね。

おふざけイベント的な遊びとはいえ、ちょっと普通に悔しさもあったりw

でも参加できて良かったです。

準備工程も含めて楽しいイベントでした。


主催のすとらまさん、

参加された勇者の皆さん、

見にきてくれた方々、

お陰様でとても楽しかったです。

ありがとうございました!
494373499


というか、これはまたそのうち再チャレンジがあるのでしょうか??

となると、この装備は当分捨てることはできなさそうですねw

念のため屋根裏収納にしまっておきます。。

QLKESNG5

2ガジュマル


さて、マイタウンの方もまたちょっとずつ変化が出てきました。

今回も新たに手を加えた所を紹介していきたいと思います。



まず、一番大きな変化。


ついに海側から見て左側の土地に家が建ちました!


建設中という設定で仮でテントを建てていましたが、
490671462
これが、ついに、


「大きな遺跡の家」になりましたあ!!
492627126
何の家を建てるか悩んでいた場所ですが、

最初にちょっと気になっていた、遺跡の家をショップで購入し建てることにしました。


忘れ去られた場所とか、人の手が行き届いていない放置された場所というような感じに、

雑草などの植物で覆いつくされ、その茂みをかき分けていくと神殿の入り口があるというようなイメージで、

植物をいっぱい植えてみました。

別角度から見るとこんな感じ。
492627157
本当はもっと植物を植えたかったですが、上限的な問題でこれが限界。


で、この遺跡の家、

外装や内装のパーツのバリエーションがまったくなくて、

色が変えられる程度のアレンジしかできないんですよね。

井戸の家もそうでしたが、ショップで買える家は、

課金の割に、ちょっとアレンジの選択肢がないのが残念ではありますね。。


しかも、この遺跡の家に関しては、

色を変えられるものの、

セットで売られている、家具や庭具が元の色に合わせた色で、

これは色を変えられないので、

一緒に配置しようと思うと、色の違いが出てしまい、ちょっと扱いづらいんですよ。。

家具も合わせて置くなら、結局、初期設定の元の色にしないと、色が合わないというのがちょっと辛い所です。
492396069
↑こんな感じで、遺跡を茶色っぽくしても、

噴水の庭具は白なので、合わなくなってしまうんです。

ということで、本当は街全体の壁の色に合わせて、茶色っぽくしようと思いましたが、

元の色に設定し直しました。



そして気になる家の中はこんな感じ。
492397156
他の家とはかなり違う感じで、

普通の2層に分かれた家とは違って吹き抜けのような感じで、一つの空間のようになっています。

なので、一般的な家とは違って、普通の居住空間のようなハウジングするのには、ちょっと適さない感じもしますね。



ということで、この家では、

ずっと前から憧れていた、床下水槽を設置し、

神秘的な空間にしてみました。
492399828
これまで持っていた家は3キャラともSサイズの木の家で、

レストランという設定だったり、紅葉のイメージとか、テーマに沿ったハウジングをしていたため、

水槽で魚を展示することに興味はあったものの、テーマの縛りによってずっとできなかったのですが、

マイタウンを購入したことによって、家が増え、今までできなかった床下水槽を作ることができて良かったです。


遺跡の中の神殿の床ということで、古代の魚っぽいものをとりあえず入れていました。

できれば、闇の領界で釣れる「アノマロカリス」なんかも入れてみたい所です。


ちなみに水槽の種類は、比較的シンプルな「地底」のやつにしてみました。

水面にカエルがいるのも気に入ってこれにしてみましたが、

他にも「流氷」のやつも幻想的で、

照明の使い方によってはかなり良い感じになりそうだったので、

とりあえず、いつでも設定で変えられるように、パーツだけ作っておきました。

でも面倒なことに、水槽の種類を変えるのにも、毎回全部魚を取り出さないといけないんですね。。



そして前回、「酒場」を作って神官と紹介人を配置してみましたが、

今回、新たに「宿屋」の設置に着手しました。

宿屋といえば、大抵の場合、町の入り口に近い場所にありますよね。

それを参考に、この町でも旅の扉から近い位置に設置を計画。
492626989
宿屋の受付カウンターと、

橋の下に宿泊スペース、

そして、カウンターわきの階段を上ったところに、

コテージタイプの宿泊スペースというイメージで、

キャンプ場っぽいテントを設置してみました。
492626468




と、ここで残念なお知らせ。。




この宿屋を建設途中で、

ついに、庭具の設置数の上限に達してしまいました・・・

もっと植物なども植えまくって華やかにするつもりが、

どうやら今度こそ詰んだ模様です。。


いや~、悩ましい・・・

ひとまず、未着手の本宅近辺に適当に置いた庭具を削りつつ、

なんとかやりくりしている最中ですが、

これはやっぱり相当厳しい選択が求められることになりそうです。

みんなどんな風に庭具配置してるんだろうなあ。。

ちょっとこれからは他の人のマイタウンの見学もしたりして、

何かヒントになるようなものを見つけていきたい所ですね。



そして、もう一つ、

空にも変化が加わりました。
492627222
なんと!「虹のプラネタリウム」をフレの方からプレゼントしていただきました!

さっそく設置し、

これにより、

「天の川のプラネタリウム」

「オーロラのプラネタリウム」

そして今回新たに加わった、

「虹のプラネタリム」が、

このマイタウンの空を幻想的に彩ります。

昼夜関係なく、虹やオーロラが空に浮かび上がっているのが何とも不思議な感じで気に入っています。



というわけで、まだまだ道半ばの「この街わが旅」ですが、

これからはもっとシビアに庭具の上限と戦いながら、

道を歩んでいきたいと思います。

QLKESNG5
恒例のニードルマン探し、通称「なまはむチャレンジ」

麦わら帽子をかぶせてあげたら、

今日は浜辺にいました。
492627066

2ガジュマル
熱がこもり過ぎてちょっと長いですが、最後までお付き合い頂ければと思います。



先週の話になりますが、

皆さん、先週行われた「ドラゴンクエスト夏祭り」での、

第7期初心者大使の卒業試験ご覧になりましたか??


発表された試験の内容は「ギュメイ将軍」をサポなし3人で討伐するというもの。
2017122616525260d
残念ながら諸事情で3人になってしまった7期のメンバーですが、

一応3人というのを考慮して選ばれたボスではあるものの、

それでもギュメイを3人で討伐とは、なかなかきつい試験だとは思います。


そして、やはり3人というだけあってギリギリの攻防となり、

緊張感ある目の離せないような、

本当に見事な内容のバトルだったので、

今日はちょっとそのバトルを振り返ってみたいと思います。


まだ観てないという方は、

YouTubeのほうでも観れますので是非一度ご覧ください。

リスナーのコメントはありませんが、ちょうど8時間くらいのあたりからバトル開始になってます。



さっそくそのバトルの内容ですが、

この試験のために合宿を行い、

何度も何度も練習を重ね、

念入りに作戦を練ってきたというのが分かる内容でして、

構成に関しては、

戦士(そのまし)

魔法戦士(シャイニング)

僧侶(なまはむ)


という、一人ずつ前衛、中衛、後衛という形で、

いかにもドラクエらしいというか、いたってシンプルな構成。

当然のことながら、それぞれが育成に力を入れてきた職をそのままやるという形になりましたね。

全員レベル110まで上げてきっちり仕上げての挑戦です。


そして、バトルの内容を見る限り、

自分たちなりに色々な工夫を凝らしてきたという感じなのですが、

その中でも観る人を一番驚かせたのは、

「せかいじゅの葉っぱ」の蘇生による「天使残し」だったのではないでしょうか?


これには正直驚いたのですが、

もしかしたら知らない人もいるかもしれないので説明しておくと、

僧侶にかかった「天使の守り」は、

死んでも、その効果が発動するまでの僅かな時間の間に、蘇生が出来れば、「天使の守り」の効果は消えずにそのまま維持されるというものですね。

意図的にやったことはなくても、サポやカカロンの素早い蘇生によって偶然その効果を目にしたことがある人も多いかと思います。



で、実際のバトルの方では、

最初に天使残しで蘇生したときは偶然だと思ったのと、

二人して蘇生が被ってるのを見て、もしかしたらテンパってるのか??

天使の効果があるの忘れてる??

とか思ったのですが、

ん??これもしかして意図的に天使残し狙ってるのか??

と、しばらく見てるうちに意図的に天使残しの蘇生をしていることに気づき、

うわ、まじか!?

これまたやべえこと考えてきたなと思ってしまいましたw


最初は先輩大使か誰かのアドバイスなのかなと思いましたが、

どうもその後の配信での話によると、

何度も練習しているうちに、偶然そのましがこの天使が残るということに気付いたらしく、

僧侶の負担を減らすために、これを活かそうということになったようですね。


一般的には、僧侶が死んだときに天使で生き返った後の僧侶の負担を軽くするのに、「せかいじゅのしずく」を使うことはよくあると思います。

僕なんかは、今となっては湯水の如くしずくを使うことに慣れてしまって、

ちょっとでも危ないと思えばすぐにしずくを使ってしまいますが、

こういう配信で多くの人に見せるバトルとしては、安易にしずくを使いまくるというのもちょっと違うのかな~と思うので、

あくまでも葉っぱを使って、僧侶の負担を減らすという作戦で良かったと思います。


で、もっというと、

この天使残し、上手く行けばその効果は大きいものとなりますが、

間に合わなかった場合に、ギリギリの攻防の中では相当な手損になってしまい、

下手をすればさらなるピンチを招きかねない作戦で、

このリスクの大きい作戦を、確実にやってのけるあたりが本当に凄いと思いました。

間に合わない場面もありましたが、特にそのましの天使残しがもう神がかってましたね。


しかもその後の配信で、

ただ試練の門に行くだけの配信だったのですが、

その中でも、回復役のホイミスライムが死んだときに、

全然葉っぱを使うような場面でもなかったのですが、

「はい、天使残しー」ってな感じにさらっとやっていて、

「完全に体に染みついている」と言っていましたね。


で、実は葉っぱと間違えて他のアイテムを使ってしまうことを恐れて、

「やくそう」などの不要なアイテムは予め全部捨ててきたと言っていました。

こういったところからも、

何が何でも勝つために、

起こりうる不安要素を予め排除したり、

今自分たちにできる最善を細かい所まで気を遣って望んでるあたりが流石だなと思いました。

開幕時に、入り口の扉に閉じ込められることを警戒してか、

ギュメイの背後から当たるようにしたのも、小さいことながらできる限りの工夫だったのかもしれませんね。


そして、先ほどしずくを使いまくるという安易な発想を否定しつつも、

唯一、中盤に一度だけシャイニングが使ったしずくが、

これまた絶妙なタイミングで、

見ながら思わず「ナイス」という言葉が漏れていました。

実は練習中にはしずくは一度も使ったことはないらしく、

普段使い慣れていないと、なかなかしずくってパッと使えなかったりもしますが、

ホント緊張で思考が鈍ってしまうような環境で、まさに神のようなしずくが使えて良かったですね。

これによりロザリオで生きながらえた命を無駄にせずに済みましたね。

シャイニングの壁のスイッチとかもいい感じでした。



そして、今回のバトルでもっとも物議を醸したのが、

なまはむの「祈り無しベホイム作戦」


これは最初作戦なのかどうなのか??

ちょっと分からないまま見ていたのですが、

なかなか「聖なる祈り」を入れるタイミングがない中、

祈れそうなタイミングで「スクルト」を入れてるのを見て、

ああ、これは作戦なんだなと思いました。


しかし、これがベストとは限らないのかもしれませんが、

何度も練習を重ね、たどり着いた作戦であり、

これが見事にこの3人討伐に合っている感じで良かったと思います。

これもそのまし曰く、結局シンプルイズベストということで、こういう作戦になったと言っていました。

これはどちらかというとコロシアムに近い形の回復スタイルですね。


祈りを手抜くという発想はなかなか思いつきませんが、

見れば納得といった感じで、

元々死なないようにする作戦というよりは、

死ぬことはやむなし、むしろそれをリカバリーする作戦で、

無敵時間も有効に活用していくことを想定したような作戦なので、

死ぬたびに祈りを入れていたら、相当な手損になった可能性はありますよね。


普段の戦闘でもよくありがちなのが、

魔法使いとかが、

蘇生後、覚醒、早読みをして、一度も攻撃せずにまた死ぬという、最悪のループ。

状況によっては早読みとかを手抜いて、攻撃してしまって敵を1体でも倒しておく方が良いというのがあるように、

今回の祈り無し作戦もその発想に近い感じかもしれませんね。

要は祈りが無駄なターンになってしまわないようにする作戦ですね。

「スクルト」であれば、自分が死んでも仲間には残りますし、

ベホイムで足りない回復量も微量ながら補えたりする効果もあったと思います。


物理的に、単体ながら、ベホイムのほうが速度的にやや速かったり回復量が多かったりなど、

良い点悪い点あるかとは思いますが、

それよりも何よりも大きかったのは、

コマンドの選択肢を、基本「天使」と、この「ベホイム」に絞り込むことで、

緊張感ある中でパニックになったりしないという効果は少なくともあったように思いますし、

集中力を切らさないという効果もあったのではないかと思います。

なまはむが壁の軸を微調整しながら逃げつつ、「ベホイム」をスタンバイするという形も、

なんというか、なまはむ自身に合ってる作戦でもあったのかもしれませんね。

始めた当初、隙あらばスティックで「おらぁ!」と殴りに行っていたなまはむがまるで僧侶のようだw


リスナーのコメントもちらっとは見えていたみたいですが、

「祈れ」とか「マラーしろ」などのコメントが溢れる中、

それに惑わされることなく、あくまでも自分たちの考えた作戦を信じ貫いて良かったですね。



ゲーム操作の根本的な話になりますが、

やっぱり若さもあるのでしょうか、

基本的には頭の回転の速さとか、コマンドの入力とか反射神経のようなものは、元から優れているんだと思います。

この前に行われたトラシュカ大会では、

そのましとなまはむの7期21歳コンビが、

ワンツーフィニッシュで優勝、準優勝してるあたりからも、そういうのが伺えるかと思います。



まあ、細かいこと語り始めたらキリがありませんが、

本当に緊張感ある、感動すらする見事なバトルで、

練りに練った作戦と仲間を信頼した連携が勝ち取った勝利だったのではないでしょうか。



そうそう、最後に一つ驚いたのは、あの盾ガードですね。

特になまはむの以前からの配信でもそうでしたが、

なまはむの盾は本当にいい仕事するんですよね。

呪いGが付いてるだけの盾なのですが、不思議といいところでガードするんですよ。

邪神やゴレオンの配信でもあったように、

ロザリオの効果とも合わせて、何故か謎に生き延びるなまはむw


しかし、ギュメイもそれに負けじと、簡単には勝たせんぞと言わんばかりに、

チャージタックルやフォースブレイクを武器ガードで、こちらのチャンスを阻止してきて、

ギュメイもギュメイでエンターテイメントとして良い仕事してたと思いますw

互いにラッキー、アンラッキーが入り乱れた面白い戦いとなりましたね。



そして、今回の負けられない真剣勝負を物語るのが、

終始無言のなまはむ。

普段の配信ではこれでもかと喋り倒し、

バトルでは、わめいて、叫んで、声が枯れたって、

てな感じで、声を発しすぎて「おえっ」ってなるのがお約束で、

挙句、配信中に隣人から苦情が来るっていうねww

そんななまはむが一言も発さないというのが、

このバトルの緊張感を物語っていますよね。


そして見事勝利し、無事卒業。

普段は真顔で「ないたー」と言いつつ絶対に泣かないなまはむも、

最後の最後には涙を堪えきれなかった模様。

色々思うこともあったのでしょう。

「泣くだけが感動じゃないから」と言っていた、あのなまはむが。。。


ちなみに、そのましは、音楽が泣かせにきてる、

あれはせこいって言ってましたねw

「せこい」ってww



というわけで、

だいぶ長くなってしまいましたが、

7期初心者大使の皆さん無事卒業おめでとうございます。

自らを7期はエンターテイメント集団、

絶対に夏祭りを盛り上げますと言っていただけあって、

本当にエンターテイメントとして見応えのあるバトルでした。

これからは課題などの縛りが無くなり、

自由に遊べるようになった7期の面々が、

どんな配信を見せてくれるか楽しみですね。

これからも引き続き応援していきたいと思います!


QLKESNG5
(なまはむは学園に入り浸るのだろうか・・・)


2ガジュマル

こんばんは。


今日はハウジングブログの「この街わが旅」シリーズです。


前回の記事からそれほどハウジングは進んでいないのですが、

マイタウンの景色などの設定を色々変えてみたりして、

どれがしっくりくるかな~というのを探りつつ、

ひとまず、各町によくあるような酒場の紹介人と神官のセットを配置してみました。
491642682
本宅のすぐ下の層に移動しました。

NPCを固め過ぎず、利便性も考慮し、家からもそれなりに近い位置になっています。

もう少し引きで見てみるとこんな感じになっています。
491643081
飲食スペースのようイメージでテーブルや椅子も配置してみましたが、

これはドラセナの家と同じような感じですね。

あと奥には掲示板もありますので、「おひねり」もすぐできます。
490902150
雑談をするのにもちょうど良いスペースとなっております。


それから畑も変えました。
491510893
これは課金でセットで購入した庭具なので、是非とも使わないとですよね。

とりあえず、水撒きがすぐできるように、仮で本宅前に配置していますが、

将来的にはちゃんと景観を考慮した位置に移動したいなとは思っています。

ついでにシャワーで自動で水撒いたことにならんかな~と、なんとなくシャワーも設置してみましたw



こんな感じでホントちょっとずつしかハウジングは進んでおらず、

基本、家の中は後回しで庭優先でやっていますが、

まだほとんど手付かずの場所があるにも拘らず、

気が付いたら、置ける庭具の残りの数が

17個!!!


思わず、

はあ!?まじか!?と、、、

とりあえず数をあまり気にせず、適当に配置していたものの、

上限に到達するスピードのあまりの速さに驚きを隠せません。。


どうやら完全にハウジングが詰んだ模様です・・・・




と、思いきや!!


とある勘違いというか、自分の無知から、

なんとか詰みを回避できそうなことが発覚。



というのは、

実は、

この野菜や、
491511479
その他の植物系の庭具なんですが、

何かと活用できそうだったので、課金で「植物セット」というのを購入し、

配置していたのですが、

これが数を圧迫していたんです。


で、実はこれ、

「さわる」で数を増やせることに気が付いていなかったのです。

知らずに1個1個植物を配置していた訳ですね。

これはどう考えても無理がありますよね。

何で今まで気が付かなかったのでしょう。。


本来はこんな感じで、1個のパーツからここまで増やせるんです。
491608290
要はスイカと同じような仕様だったわけですね。

そのことにようやく気が付いたので、

それ以外の植物もとりあえず「さわる」で、増殖させてみました。
491608070

491608086
これはまだ適当に配置している段階ですが、

これを上手に使えば、街全体を上手く彩ることができるかもしれません。

というわけで、もう少し吟味して植物の種類や位置を調整していきたいなと思っています。


ホント阿保みたいな勘違いですが、

このことに気づくまでは、もう僕のハウジングの旅は終わったんだと思いました。

とりあえず、また新たに道筋が見えたことで、

まだまだこの旅は続けて行くことができそうです。


ということで、また色々変化が出てきましたら、続きを更新したいと思います。


そんなマイタウン「アロエの町」(仮)、

いつも謎に誰かしらが海で泳いでるような町ですが、

皆さん良かったら遊びに来て下さい。
491518718
ニードルマン「なまはむ」を見つけるゲーム「なまはむチャレンジ」も是非!
490733094

QLKESNG5

2ガジュマル


いよいよ夏が本気を出してきて、

厳しい暑さが続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか??

体調などは崩されておりませんか??

熱中症などにはくれぐれもお気お付けくださいませ。


さて、そんな暑い暑い夏ですが、

正直しんどいと感じることもありますが、

それでもこの夏という季節はやっぱり好きなんですよね。


で、僕の思う「夏」というのは、

一つのシーズンだけを指す言葉ではなく、

これまでの人生、生きてきて経験してきた「夏」全てを指す言葉でして、

過去全ての夏がリンクしているのような感覚なんです。


例えば、

夏ならでは光景や出来事、

もちろんこの暑さもそうですし、

匂いだったり、湿度といったもの全てが、

過去の夏の記憶とリンクしてくるんですよね。

こんな感覚、少なからず皆さんの中にもあるのではないでしょうか??


ちょっとしたことが、

あの夏の思い出とリンクして、すべての夏がの一つになるのです。


こんな日差しの中、

誰々と海行ったな~とか、

夕立ちや雷雨にあっては、びしょ濡れになった花火大会を思い出したり、

蚊取り線香の匂いがすれば、おばあちゃんちで過ごした夏休みや墓参りを思い出したり、

他にもプールの塩素の匂いだったり、日焼けした肌のヒリヒリ感だったり、

ありとあらゆるものが夏の記憶を呼び覚ますツールとなり、

車のエアコンの風さえも、あの日の夏のドライブの記憶を呼び覚ますきっかけの一つになったりもします。


まさに時は透き通る水ですね。


極端な言い方をしてしまえば、

夏という季節は、人生に一度しかなくて、

僕たちはまだ一つの夏という季節の途中を過ごしていているのだと思います。


夏は一つで全部。



そしてそんな中、

さらに夏の風物詩となりつつあるのが、

ドラクエⅩのサービス開始記念日ですね。

毎年何周年といった形でイベントなどがある度に、

7年前、2012年8月2日、

ドラクエⅩを始めたあの夏の日を思い出すようにもなりました。

7年間という月日をアストルティアで過ごした日々を考えると感慨深いものがあります



7年前の夏。

発売日にドラクエⅩを購入したものの、

ちょっとバタバタとしていてすぐには始められなかったんですよね。

1週間くらい遅れて開始したかな??
IMG_0592
今でこそ、お酒を殆ど飲まなくなってしまいましたが、

(7年も経てば体にも色々変化があるものです・・・)

この頃は、

夏の暑さの中、涼しくエアコンの効いた部屋で、

ドラクエをつまみにビールを飲んだり、

ビールをつまみにドラクエをするというのが日課となっていきました。



そうそう、

始めはオフラインモードから始めたんでしたね。
スクリーンショット (3)
ガジュマルと同時に誕生した妹「パキラ」で冒険を開始した夏。

もうわくわくな気持ちで一杯でした。


オフラインを少し進めればオンラインの世界で遊べるのですが、

僕はどうしても、オフラインをクリアしてから始めたかったので、

オフラインを優先してやっていました。


というのも、オフラインモードも後々ストーリーなどが追加されたりして、

兄妹それぞれのストーリーを進めて、

後々それが交わる時が来るのかなと思って、

かなりきっちり隅々まで遊んでました。

オフラインモードでクリアに必要な錬金以外にも、

レシピを全部コンプリートするまでやり、いわばオフラインガチ勢なわけですが、

そんなオフラインモードも気が付けばなくなっていました。。
(オフラインのストーリーはナルビアの町とマデ島の本棚から読むことができます)


で、これ7期初心者大使のストーリー配信を観て思ったことなのですが、

初めて「ナルビアの町」に訪れたときのリアクションが薄くて、

一瞬、あれ??ってなったんですが、

ああ、そうかオフラインやってないと、この町知らないのか!?

と、そこで初めて気が付いたわけですが、

オフラインをやっていた身からすると、

ナルビアに初めて到着したときは、ちょっとした感動がありましたよね。

ちなみに、当時のことを思い出して懐かしい気持ちを味わってもらいたくて作ったのが、

例のナルビアの井戸にいる「スラルン」見つける謎解きクイズでした。
10


そしてオフラインのラスボスでもある「バルザック」

この時はこれが後々のストーリーと深く関係してくるとは想像もしませんでした。

ようやく、バージョン4のサブクエで、その関係性が分かってきた感じでしたよね。

今後、妹である「パキラ」がメインストーリーにどう関わってくるのか、気になることはまだまだ尽きません。



ちょっと話がそれましたが、

毎年のこの発売記念の度に、

このオフラインで遊んだ夏の日を思い出すわけです。


その後、オンラインの世界でさらなる冒険を7年間続けていくことになるのは、言うまでもないですね。
87275768
(始めた当初は白髪のモヒカンでした)

初めてのオンラインということで色々不安もあったのですが、

気が付けば僕の中でドラクエ史上最高傑作となったのは、

やはりこの7年間という年月と、人との繋がりという重みもあってのことなのかなと思う今日この頃であります。



そして、まだまだ冒険は続きます。

バージョン5も楽しみです。


終わらない夏、

終わらないドラクエ、


ドラクエⅩ7周年おめでとうございます。



QLKESNG5
そして7期初心者大使も卒業おめでとう!

ギュメイ将軍3人討伐お見事でした!

ないたーーー
484200127


↑このページのトップヘ