調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

2017年01月

ドラセナ
このゲーム始めて以来、初めての「通報」というのをしてみました。

楽しく遊ぶはずのゲーム、そのドラクエⅩを開始してから、できることなら「通報」や「ブラックリスト」というようなものは活用したくないな~という気持ちがずっとあり、ゲームの中でそういった報告などをすることは、なんかゲームでは無くなってきているような気がして少し抵抗があったんですよね。

幸いにも未だに「ブラックリスト」というのは使ったことはないのですが、やはり「オンライン」というゲームの性質上仕方のないことなのかも知れませんね。
僕にとっては、初めてのオンラインゲームでしたので、ゲーム内で何か違反行為だったり不正などが横行する世界というものがよく理解できていなかったのですが、やはりそういうことを見過ごしてしまうと、普通に楽しく遊びたいと思っている人が馬鹿みたいになりますよね。

不正などがあっても、周囲に影響がなければ気にすることはないと、割り切ることもできるのかもしれませんが、やはりあから様に影響が出てしまっては、ゲーム自体つまらないものになってしまう可能性もあります。

そういうことで、今回は意を決し、「通報」という手段を取ることにしてみました。

何を通報したのかというと、「職人BOT」「バザー出品BOT」に関してです。

ただ、このようなキャラは出品者として名前は把握できるものの、IDなどまでは分からず、キャラの存在も見えないため、どのように通報したら良いものか分からなかったのですが、

恥ずかしながら最近知ったことなのですが、直接キャラに対してでなくても、「困ったときは」というコマンドから書面にて通報できるんですね。

今まで知りませんでしたw

実際にこのような文章で通報してみました。
BlogPaint
正直、たった一人の通報でどこまで対応してくれるのかも分かりませんし、キャラのIDが不明な状態での通報が有効的に機能するのかも分かりませんが、

まあ、やらないよりはマシだろうということで、今回このような通報に至りました。

BOTがいなくなると、職人は自分が作る商材の選択肢というのが増えてくるので、絶対的に面白くなるはずなんですよね。

BOTに占拠されている商材は、当然複数のキャラで常に最安値を更新してきますから、普通に商品を並べていても簡単に売ることはできず、しかも、大きな値下げにも巻き込まれ相場自体も崩れてしまうので、本来であれば多くの職人たちで盛んになるはずのバザーが、皆避けてしまうため、BOTを扱っている人物一人が独占している状態になってしまっていますね。(キャラはたくさんいますが、全て同一人物のキャラと思われます)

特にタルト系なんかは実際作っていても面白いですし、日によって種類ごとの売れ行きも変わるので、商材選びを考えたりする工程も楽しかったりします。

もちろん、調理職人に限ったことではありませんが、そういった場を不正行為によって奪われてしまうのは、やはり見過ごすことはできませんね。


ちなみにこの通報は1月16日の夜にしました。

たった一度の通報で即対応ということは正直期待しておりませんが、今回の通報で伝え逃したキャラが他にもいるので、それを含めて定期的に通報をしていき、実際の運営側の対応というのを観察してみたいと思います。

僕は毎日バザーをチェックしているので、BOTがいなくなればすぐに分かります。

これで何かしらの対応があれば、キャラIDが不明であっても通報の有効性はあるということにもなると思うので、今まで通報しても何も変わらないだろうと思っていた人も、積極的に通報していくようにもなるんではないでしょうかね。

今回の文章では書き忘れてしまいましたが、そのキャラたちが稼いだゴールドがどういったキャラに流れているかということも含めて調査してもらいたいですね。

次回の通報ではその辺のことも含めて促してみたいと思います。
QLKESNG5

2ガジュマル
お久しぶりです。

前回からちょっと間が空いてしまいましたね。


つい先日、とあるフレの方に金策のアドバイスのようなものを求められたのですが、

正直、職人以外の金策をしたことがない僕としては、

「間違いなく稼げるのは職人だけど・・」

と答えるしかなく、

しかし、その方は職人は一切やらない人だと知っていたので、

何とか持ってる数少ない知識でもって、何かいい金策をアドバイスしようと思ったのですが、

何と答えたらいいのやら、、

その時は、

「今ならスライムレースでも稼げるし、釣り老師の報酬もいいので、いいんじゃないかな??」

とか、

「今は安くなっちゃったけど、竜牙石を集めたりとか」

的な感じで答えたのですが、

いったい皆さんはどうやって金策しているのでしょう??

「畑とかもやったほうがいいのかな?」

とも聞かれたので、

「まあ、やらないよりはやったほうがいいよね」

と、

でも、どちらかというと、キラキラマラソンや畑なんかは複数のアカウントで遊んでる人向きの金策ですよね。

他にも「福の神」なんかもあるけど、

あれも眠くなるし、苦行っちゃ苦行ですよね。。

むずかしいですね~


やっぱり職人がいいとしか言いようがないのですが、

多分やらない人の多くは、

職人=面倒くさい

職人=つまらない


という考えが先行してのことだと思います。


でも結局のところ、どんな金策であれ、面倒くさいことを乗り越えてこそですからね。

まず第一にゲームですから。

難しいことや面倒なことをクリアしていかないと、

ストーリーも先に進まないように、レベルも上がらないし、お金も貯まらない、ということになってくると思います。

幸いにも、ドラクエの場合は経験値稼ぎはだけは、メタキンのみで簡単にレベルを上げれてしまう仕様になっているので、その辺はゲームと呼んでいいものか疑問もありますがw

でも、面倒くさいことを我慢して、ゲームがつまらなくなってしまうというのも問題ですよね。

そこが金策の一番の悩みどころだとは思います。

でも、面倒なことでも「楽しさ」が上回れば、続けていけるんですよね、きっと。

やはり楽しいと思える金策を見つけることが第一なような気がします。

「面倒だけど楽しい」

なんか一番難しい答えを出してしまいましたねw


僕の場合は、職人の「楽しさ」がかなり大きく上回っているので、面倒とすら感じたこともないですが、

やはり、苦手な人にとっては苦行なのかな~

個人的には、会心が出たときの音や、大成功のときの音なんか、かなりのエクスタシーを感じるのですがw


さらには、職人の最大の魅力は何と言っても「時間の利便性」ですよね。

ちょっとした待ち時間など、分単位で少しだけするということも可能なのが魅力です。

職人道具1回分を使い切ることを目安にしてやる人も多いですが、

僕の場合は常にフライパンを持ち歩き、いつでもすぐできるようにしてあります。

ちょっとした空いた時間なら、みなさん福引なんかもよくやると思いますが、同じような感覚で、職人も意外とちゃちゃっとできちゃうんですよね。

一人でできるというのも魅力の一つですね。

そして何よりも費やした時間を裏切らないということが大きいかもしれません。

やったらやった分だけ、ゴールドが増えていきますね。

手順などを覚えて、普通にやっていれば、確率の計算上、損をするということは基本的にはないと思います。

損をする人がいるとすれば、恐らく手を出してはいけない商材に手を出しているということでしょう。
もしくは、うっかりミスとかですかね。

これは確率で成果が決まっている、錬金でも同じことが言えると思います。


ちなみに、調理の場合は一度にまとまった利益を掴むことは難しいですが、

最終的に時間で割ると1分あたり1万Gずつ増えていく感じですかね。

最近は計算すらしていませんwその必要性を感じなくなったからですね。

時間の分だけちょっとずつ確実に増えていきます。

確実に増えていくことは分かっていながらも、

素材をできるだけ安く仕入れたり、少しでも高いタイミングで売ったりするというような、ちょっとした工夫をするのがまた楽しかったりもしますね。


まあ、人それぞれ自分に合った金策というのがあればいいんですけどね。

どのコンテンツにしろ、できるだけゴールドに結びついて行くような仕様に変えていってもいいと思うんですけどね~

カジノ、コロシアム、バトルロード、魔塔、ピラミッドなど、色々な遊びがある中で、少しでもゴールドに結びついて行くようなら、その数ある選択肢の中から、皆それぞれが金策をしながら好きなことをして遊べるようになって良いと思うんですけど。なんかもったいない気がするんですよね・・・


まあこんな感じで金策の話をしたところで、

実は僕的には欲しいものが何もないっていうね・・・

使うことがないから増えていくのも事実なのかもしれません。

多分、僕だけではなく、使い道がなく困っている人も多いんじゃないでしょうかね。

もっと魅力的な何かを・・・

何かがおかしい・・・今日のドラクエ。。


あ、曲紹介しなきゃですね。

今日はザ・ハイロウズで「アレアレ」でお別れしましょう。

お金を使わなくても生活できるドラクエ、

何かがおかしい。。
QLKESNG5

2ガジュマル
先日、いつもこのブログを読んで下さっている方から、このブログ宛にこのようなお手紙を頂きました。

ご紹介します。
58
僕への質問コーナーですね。

なるほど、なるほど、

何故ドワーフを選んだのかその理由が知りたいと。

とても良い質問ですね。

各種族も魅力というのは、このドラクエⅩの永遠のテーマでもありますからね。


皆さんはどのようにして種族を選びましたかね??

僕は非常に悩みましたよ。

では何故最終的にドワーフにしたのか、その悩んだ過程も含めてお答えしましょう。


まず始めに、「ガジュマル」というキャラ名です。

よく沖縄の人と勘違いされてしまうのですが、これは家で観葉植物としてたまたま育てていた「ガジュマルの木」から取った名前です。深い意味はありません。

で、ゲームを始めるときにすぐその名前は決まって、その時点ではサブキャラを育てる予定などは一切ありませんでしたが、この先、ゲームの中で他に何か名前を付けたりするような場面があれば、「全て植物の名前で統一しよう」というのは決めていました。後で色々悩んだりしないようにですね。
これは、僕が勝手に「鳥山方式」と呼んでいるネーミングの方法で、ドラゴンボールで言えば、ピッコロ大魔王の仲間は全て楽器の名前、サイヤ人は野菜の名前というような感じにネーミングしているのを真似たようなものです。

ちなみに兄弟の名前は、妹という設定で、同じく観葉植物から「パキラ」と名付けました。ちゃんとそれなりに何となくですが女性っぽいイメージのものを選んで付けています。

そしてまずはオフラインのストーリーを少し進めないとオンラインの世界には行けませんね。

実はその時点ではどの種族にするかまだ迷いがありました。

発売前の事前の情報をもとにある程度は考えてはいたものの、実際に種族を選ぶ神殿のようなところに来たら、もう決められなくなってしまいましたねw


では、そこでどのような迷いが生じていたのか具体的にお話ししましょう。

その種族を選ばなかった理由からお話ししましょうかね。

そうそう、その前に僕は始めから男キャラで遊ぶことしか考えていませんでしたので、あくまでも男キャラということを前提に考えたものです。


ではまずはオーガ。

これはもう見るからに強そうなキャラで、見た目の印象がサイヤ人っぽいイメージがあったり、あからさまにちょっとベタな感じに抵抗があり、まずこの選択肢ははなっから無かったですね。
そして、「火の民」というのも、情熱的なイメージがある反面、争いを象徴するようなイメージも僕の中にはあったりして、絶対的平和主義者である僕には少し抵抗のある民でした。
さらには、スタート地点が極寒の雪国ということで、寒そうなので絶対に嫌だなーって思いましたw


そしてお次はエルフ。

エルフは発売前の情報に、エルフの初期村のストーリーは一風変わっているというようなことが書かれており、ストーリーという面では少し興味がありました。
そして「風の民」というのも、なんか「風の谷のナウシカ」っぽい感じで悪くはないなーと。
和風なキャラも興味はありましたね。
ただ選ばなかったのは、やはりちょっとオーガとは真逆で、今度は貧弱すぎる印象があり、それでこの候補は消えましたね。


次にプクリポ。

「花の民」、「笑い」をこよなく愛する種族ということで、面白そうだなとは思いました。
「花の民」ということで、植物が好きな僕にはもってこいの民かなとも思いましたが、よく考えれば、花が咲くものだけが植物ではないとも思い、それなら「花の民」よりも「地の民」だよなーと思ったり。
そしてプクリポは非常にカワイイキャラなのですが、発売前の情報に載せられていたイラストなどからは、あまりそれが伝わってこなくて、このようなペットのような風貌のキャラを操作してドラクエをするイメージが湧かなかったことが大きいですかね。

ですが、実際にオンラインの世界に行き、動いているプクリポを見たら、めっちゃいいな~と思うようになり、次にキャラを育てるならプクリポだなと思うようになりました。
その結果、後にプクリポの「ドラセナ」が生まれたという訳です。
プクリポは猫っぽいイメージがあるので、それを踏まえた上で「どら猫」という言葉があることから、「ドラセナ」という観葉植物の名前をチョイスした訳ですね。
ちなみにドラセナの兄弟は姉という設定なのですが、「ユッカ」という観葉植物から名前を付けました。これも女性っぽいイメージからですね。適当に付けている訳ではないのです。


次にウェディです。

ウェディは見た目から、今までのドラクエでいうところの勇者とかに近い風貌であることから、ドラクエというとこんな感じなのかなーとかも思ったのですが、見た目の面でいうと、人間の姿と大きなギャップを付けたいという考えもありました。そう考えると、ウェディは人間の姿と大きく変化する感じが弱く、「うーーーん」とちょっと選ぶには決め手に欠けるものがありました。

そして「水の民」ということですが、実はこの民が一番憧れました。というのも僕は植物が好きであると同時に、海がすごく好きなんですよね。以前、趣味でサーフィンをしていたことも大きいですが、海で暮らすこの種族には大きな憧れがありましたね。

ですが、情報をよく見てみると「歌と恋?」を愛する種族というような説明もあり、なんだか洒落くせぇーなぁとかも思ったりして、その辺が少し抵抗がありましたね。
初期ストーリーも結婚がどうのこうのと説明があり、ストーリー的にも少し抵抗がありました。

で、何よりもやっぱり悪い意味でちょっとカッコ良すぎるんですよね。

一応、各種族、この神殿で見た目のカスタマイズをしたのですが、今でこそ色々な髪型が選べますが、この当時選べる髪型に良いものが無かったのも大きいですね。なんかどれも髪が長いんですよねwこれは他の種族でもその傾向が強く、キャラを作ってみるものの、良い髪型が無くてキャンセルというのを、この神殿でずっと繰り返していましたw


それでは最後にドワーフです。

これまで「〇〇の民」ということをベースに考えてもきましたが、やはりドワーフの「地の民」というのが、ガジュマルという名前と合っている気もしましたし、「花」よりはそれよりももっと根っこにある「地」ということに重きを置きました。

そして見た目の部分ですね、これはドラクエの主人公と考えた場合には、これまでのものとはかなりイメージの違うキャラで、少し悩みもしたのですが、見ているうちにやっぱり、面白さ、可愛らしさ、そしてなんといってもカッコ良さというのがバランス良く含まれた見た目で、「これはいいな!」と思うようになりました。チャームポイントは何といってもまーるく大きな可愛らしい耳ですね!
相撲でいうことろの小兵力士のような体系も気に入りました。
そしてさらに人間との見た目のギャップを付けたいという条件も満たしていました。

何といっても「ガジュマル」という名前とぴったり合っているのも大きいですね。
ウェディの姿で「ガジュマル」だと少し違和感を感じたと思います。

そして初期ストーリーの面では、発売前の情報では、よくある無難なストーリーという感じで書かれていましたが、まあこれはある意味スタンダードで良い意味に捉えようと自分自身を納得させました。

そして最後に他の種族では良い髪型が無くて、決定打に欠けた訳ですが、ドワーフには「モヒカン」があったんですよね。これはいいなと思い、「モヒカン」が選べるドワーフに最終的に決めたというところですかね。
なんと、モヒカンだった頃の写真が奇跡的にありましたww
87275768
この頃は裁縫職人で、魔法使いとかも真面目にやっていたんですねw
(ゲーム開始当時は武闘家を選びました)


ただ、そんな完璧と思えるドワーフにも、実は一つだけ引っかかる点がありました。

それは「高度な文明に頼った種族」というような説明があったこと。

何となく見た目は、大自然で自由気ままに生きていそうな種族なのに、以外にも文明や道具に頼って生きてきた種族であると。。

たしかに頭が良いという点では良いのですが、それが原因でその身を滅ぼしたというような説明からも少し抵抗がありましたね。僕自身が自然的なものに強い憧れがあるので。

その点が引っかかったのですが、でもそれはどうも過去の時代の出来事らしいので、その辺の部分で妥協することにしました。
発売前からずーーーっと種族選びに悩んでいて、その神殿のところでさらに悩み、いい加減決めないとですからねwそこは妥協しました。


で、実際にオンラインの世界に行き、ゲームを始めてみたところ、

始めにドワーフにして良かった感じたところは、音楽ですね。

始めてアグラニの町を出たところ、何とも明るく陽気な音楽が。

オーガの世界のフィールドなんかは、いかにもドラクエらしく、「さあ、これから冒険するぞ!」という感じの曲ですが、ドワーフのところは、冒険に行くというよりは、ピクニックに行くような気分にさせられる曲で、なんだかすごく楽しい気分になってきたのを今でも覚えています。ぴょんぴょんジャンプしているだけで楽しかったですねw
これから悪い敵を倒しに向かうというよりは、これからこの世界で楽しく暮らして行くんだなというような気持になりました。その点でもドワーフを選んで良かったなと思っています。

そして、強い敵(カンガルー)に追いかけられながら、やっとの思いでガタラの町にたどり着いたときでした。

「ダストン」という、言わばドワーフの神的存在に出会うことになるのですが、

この「ダストン」に出会ったことで、先ほど文明の件で妥協した点も吹っ切れました。

高度な文明をもつ種族でありながら、それら全て役に立つようなものを全否定する男。

ドワーフの世界にもこういう人がいるんだなーと、自分が唯一妥協した点を吹っ飛ばしてくれた訳ですね。

 君がそう信じるのなら

 ガラクタも宝物だろ

 そういうことじゃん

 そういうことじゃん


僕の頭の中で、ハイロウズの「チェンジングマン」が延々とリピートされていました。

ということで、僕はドワーフを選んだことを1ミリも後悔しておりません。


まあ、これがドワーフを選ぶことになった経緯なわけですが、

その後、ドラクエの世界で遊ぶにつれ、先ほども触れましたが、動いているプクリポ見ているうちに可愛いなーと思うようになり、「ドラセナ」が誕生することになるわけです。

で、さらには3番目のキャラ「アロエ」は、3キャラ目はちょっと女キャラで遊んでみるのもいいかなーと思い、ドワ子「アロエ」を誕生させました。これも周りで遊んでいるドワ子の可愛らしい動きなどを見ていて、結局ドワーフを選ぶことになりました。名前も女の子らしい植物の名前をチョイスしています。
ちなみに兄弟は兄という設定で「ヤシ」と、「ヤシの木」から名付け、いかにも南国にいそうな色黒キャラを作りましたw


まあ、皆さんそれぞれの思いで、種族を選んできたことと思います。

でも結局言えることは、

 生まれた所や 皮膚や目の色で

 いったいこの僕の 何が分かるというのだろう

って、ことですね。

種族やその人のキャラの見た目だけでは、その人のことは何も分からないということです。


この流れで、名曲「青空」でも紹介してお別れしようという所ですが、

これは以前も紹介していますしねw

今日は一枚の貴重なお手紙から始まった話題ということで、

こちらも名曲、ブルーハーツの「手紙」でお別れしましょう!

入場曲「六甲おろし」からの「手紙」となっています。

お手紙ありがとうございました!

手紙や質問など、またいつでもお待ちしております!

それではまた!
QLKESNG5

ドラセナ
新年あけましておめでとうございます!

また今年もブログのほう、まったりと続けていくつもりですので、

何卒宜しくお願い申し上げます。



ということで、新年一発目の記事ということなのですが、

これといって何か特別な話題があるわけでもないので、

とりあえず、このブログのメインコンテンツでもあります、

モーモンバザーで販売している料理のセールでもやっちゃおうかなと思います。


セールといっても「スタースイーツ☆2」なんですけどねw

職人ギルド依頼で作っていたら、ちょっと大量に作りすぎてしまったものでw

ということで、
「スタースイーツ☆2」を大特価の28000Gで販売したいと思います!


このブログでは以前からも良く言っていたことですが、

HPアップ目的でしたら、「バランスパスタ」よりも「スタースイーツ」のほうが断然お得です。

そしてまた、レベル上げ用に経験値30%アップを目的に使用する料理としても、他の料理よりも断然お得なんですよね。

でもバザーでは何故か人気がなく回転率が非常に悪いのです。

で、ちょっとバザーで売りさばくに多すぎるくらいストックが貯まってしまったので、

ここで「スタースイーツ」をPRしつつ、セールとして売っていこうかなと思ったわけです。


でも何故「バランスパスタ」は回転がめちゃくちゃいいのに、「スタースイーツ」はこんなに回転が悪いんだろうと、ちょっと考えてみたのですが、

最近少し気付いたことがあります。

あまり注目されていない料理で、

「マジックスープ」(攻撃魔力とMPアップ)

「スパイスカレー」(攻撃力とMPアップ)

「いやしのムニエル」(回復魔力とMPアップ)


というようなものがあります。

これらは共通してMPが上がる料理で、特に「スパイスカレー」や「マジックスープ」なんかは☆3で10万を超えるほどの高級品なのですが、その価格でもそれなりに購入する人がいて、回転はもちろん悪いですが、ちゃんとした需要があるんですよね。

攻撃力なら「バトルステーキ」でいいじゃないかと思ってしまうところですが、

やはりその金額でも欲しいということは、MPに重きを置いているということですよね。

僕の感覚では、MPはそこまで重要視していなかったのですが、やはり多くの人はMPはできれば欲しいステータスの一つなのかもしれませんね。

そう考えれば「バランスパスタ」のほうが需要があるのは納得がいきます。おしゃれさよりもMPのほうが大事という考えがそうさせているのでしょう。
それによって「バランスパスタ」は高い回転率を維持いしているのだなと解釈するようにしました。

供給の多さと作りやすさを考えれば「バランスパスタ」のほうが安くなりそうなんですけどね。。


ちなみに原価のほうは「スタースイーツ」のほうが安いのですが、作るのは「スタースイーツ」のほうが難しいです。なので作る人も少なく、数はあまり出回らないかもしれませんね。

よって、「スタースイーツ☆3」というのは希少品となるため、今回のセールからは対象外とさせていただきます。

今回のセールの「スタースイーツ☆2」は、

バザーのほうでは40000G~45000G程度の商品でして、

28000Gは大変お買い得ですので、是非この機会にお買い求めください。

「本日のメニュー」の在庫数には反映させませんので、無くなり次第終了となります


厳密には在庫0になったら終了ではなく、セール前の通常の価格39800Gに戻っていたら終了と思ってください。在庫は別の倉庫にあるため随時追加していく形です。

QLKESNG5

↑このページのトップヘ