調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

2016年07月

つい先日、すとらまさんのチャットルームで、ひょんなことから布袋寅泰の話題になったんです。

話のきっかけは意外にもこの人
163122263658

「今テレビに布袋出てる」

彼はスマスマを観ていたようですね。

最近よく各メディアに出演しているのを見かけますね。

何やらデビュー35周年とからしく、それでかな。

「改めてみるとカッコいいな」

的なこと言ってました。

興味がないのか、この方のリアクションはめっちゃ薄かったですけどww
365191878661
「おお」「ほおほお」的なw


ちょっとその時、他のことしていてちゃんと会話に加わることができなかったのですが、

僕も中学生くらいの頃はギター少年でしたから、実はけっこう影響は受けてるんですよね。

常にギターの教材というかお手本のような存在でした。

個人的には、コンプレックス時代の楽曲が面白いものが多く、サンウンドアレンジの面でも今聴いても新しいと感じるようなものも多く好きですね。
リズムの面でもすごくグルーヴィーな曲が多いような気がします。
今の時代によくある野外フェス的なのでやったら盛り上がりそうな気がします。

で、僕も昔は楽曲をまるまるコピーしたりすることはあまりなかったのですが、このイントロカッコいい!とか、このギターソロ弾けるようになりたい!とか思ったりするとそこの部分だけをすごく練習したりしたものです。

で、そのルームの会話をきっかけにちょっと思い出しまして、そういえば昔、布袋の曲を録音したのがあったな~と。

布袋のソロ作品で「ラストシーン」っていう曲ですね。(ちょっとマイナーかも)

以前紹介した、ドラクエの曲をギターで弾いたやつ、あれを録音した頃と同じ時期に録音したものだと思います。
ちょうどそういう遊びにハマっていた時期ですねw

それが10年以上前くらいだと思うんですが、この「ラストシーン」自体はもっと昔の曲ですね。
10代の頃だったと思います。
その頃この曲が気に入ったとかじゃなく、この曲のギターソロがカッコいいなーと思って、楽譜を買ってきて練習してたことがあったんです。で、それから数年して録音機材を買ったのをきっかけに、録音したっていう流れですね。

せっかくなので、今日はちょっとそれを紹介したいと思います。
良かったら聴いてみて下さい。
歌無しのインストバージョンで、曲も短くアレンジしてあります。

ちなみに、分かる人には分かっちゃうと思いますが、イントロのカウベルのアレンジは、ストーンズの「ホンキートンクウィメン」のまんまパクリですw

一応、元が分からない人のために、本人のオリジナルのほうも載せておきましょう。

QLKESNG5

このコーナーもついに10問目まできました!

次の一手!のコーナーです!

今日は、数ある料理の中でもかなり難しい部類に入ると思われる

「あいじょうオムレツ」からの出題です!

10問目ということで難問を用意いたしました。

今回は難問過ぎて、これが正しいという答えは存在しないかもしれません。


ではさっそく


「あいじょうオムレツ」の中盤のこの場面
27
そもそもこんな手順でやらないという方もいらっしゃるかもしれませんが、とりあえずこの形にお付き合いください。

職人レベル55

光のフライパン☆3使用


卵1個だけ固定されている状態です。(おそらく95%以上の確率で基準値)


細かい数値の画像撮り忘れてしまいましたが、あまり気にしなくてOKです。メーターの位置でご判断下さい。

戻りターンも数えるの忘れましたが、これも特に気にしなくてOKです。


さあ、この状況での皆さんの次の一手は何ですか??


答えは「続きを読む」で!続きを読む

2ガジュマル
え~、今時ヒルズ族と呼ばれる方達が多く存在している中で、わざわざ声に出して言うのもちょっと恥ずかしいくらいなのですが、

今更ながら、自身としては初めての資産1億Gの大台を達成することができたので、ちょっとその記念に記事を書いてみました。


そう、一億の男になったのです!



ドン!!!

onepiece114
倉庫に眠っているアイテムなどを棚卸すれば、実際にはもう少しあるかもしれませんが、現金としてはとりあえず1億を超えることができました。

あ、3キャラ合わせての合計ですけどね。

とりあえず写真を撮るためだけに、3キャラ分の資産をメインキャラのガジュマルに集めてみましてみました。
56
僕、職人以外の金策というのは殆どしないので、この1億の内訳は、6~7割くらいは料理によるものになるかと思います。

日替わり討伐は一応しますが、お金目的というよりは、特訓や経験値目当てな部分もあって、全てカンストしてしまった今となっては、もう錬金石1個のためだけに、20ジェム使って一番安い討伐をスマホで済ませることも多くなりました。時間を節約して職人したい訳ですね。

これまではずーーっと
このくらいの金額をうろちょろしていて、
Ea7vAtgBbuvw
増えたり減ったりでここからなかなか増えなかったのですが、
そんなもどかしいところに、
釣り老師の報酬で、大金をもらえたことが大きかったですね。
これによりなかなか超えられなかった壁の突破口を開くことができました。

釣りはチームクエストで課題があったときに、必ずやるようにしていたので、実はこの報酬が実装されたときにはほぼ達成されている状態だったので、2キャラ分で一気に700万、ポン!ともらえたのは良かったですね。
そのあとビッグサイズのほうでも報酬追加でさらに上乗せされました。


僕の性格だと、やっぱり金策というのも楽しくないと続けられなくて、

キラキラマラソンはちょっと楽しさがイマイチ分からないのでやらないし、

結晶作りも、面倒そうな上に、同じ敵を倒し続けるというのもちょっと・・・

というか、これらは複アカでやらないと効果的じゃないですよね?

まあでも、素材を集める人、結晶作る人、それらを使う人、それぞれがバランスよく存在しているからこそ、それぞれの金策が成立するということでしょう。


今となっては料理のおかげでここまで稼げるようになりましたが、

ドラクエ発売当初なんかひどいものでした。。

レベルの上げ方も分からなければ、金策も分からない。

何かオーブ集めによく誘われたりもしましたが、強ボスを10回倒してもオーブが出ないなんてこともよくあって、ホントにこれ稼げてるんだろうか・・・と疑問に思うこともあったり・・・

その当時の僕の唯一の金策は福引でアトラスコインを当てるということだけでしたね。

そのためだけに福引券もらいに迷宮に行ってました。

まあ、結果殆どハズレだから

資金はずーーーーっと、こんな感じでした。
1447429i
この頃は奇術師の服がもう本当に神装備でしたね。

これを一式買い、それだけで過ごしていました。

憧れの無法者装備には手が出ませんでした。

でも、お金はなくてもなんか楽しかったんですよね。不思議ですね。

マーシーの詩に例えるならこんな感じですね。

 金があれば~ 楽しいだろう~
 
 なけりゃないで~ 楽しいだろ~
 
 (中略)
 
 今はちょっと楽しむとき ちょっと笑うとき~

ホントその通りですね。

それから、こんな歌も、

 金があれば リッケンバッカ~

 金がないから 倉庫の整理~

何かわかりますね、欲しいものに手が届きそうで届かないこの感じも嫌いじゃなかったりするんですよね。


ま、そんなわけで、
恥ずかしながら、1億貯めたことを報告するだけの記事でした~
QLKESNG5

2ガジュマル
今日はチャーハンの作り方を紹介したいと思います。

☆2で600円~750円程度、☆3ともなると1000円近くにもなる料理ですので、ぜひ覚えておきましょう。


使用するフライパンは大きめの「中華鍋☆3」です。
一人分であっても鍋を振るとご飯が飛ぶので、大きめのほうがやりやすいです。


今回は何チャーハンとか特定のチャーハンではなく、どんなチャーハンにも応用できる基本となる部分を紹介します。


まず使う材料は、すぐに調理できるように準備しておきます。
手早く行う料理ですので、調味料などもあらかじめ取りやすい位置に置いておきましょう。


卵は基本一人分1個で良いですが、2個使うのも全然ありです。
チャーハンと言えば火力とスピードが命みたいなことを良く言いますが、僕はこの卵が命だと思っています。
より卵の味わいを強調したければ卵2個使うのも良いでしょう。


そして、その卵はあらかじめよく混ぜ溶いておきましょう。
ご飯と先に混ぜてしまうやり方もありますが、そのほうがご飯をばらけさせるのはやり易いですが、卵の柔らかい食感や風味などは損なわれてしまうような気がします。
卵が命のチャーハンですから、僕の場合は別々に鍋に入れます。


ご飯はすぐ投入できるようにお皿に平たく盛っておきましょう。
お茶碗などに盛ってしまうと、塊でドンと鍋に投入することになるので、ご飯をほぐすのに時間がかかってしまいます。
あらかじめ、この段階でご飯をしゃもじで切るようにほぐしておくと良いです。


そして、ご飯の種類ですが、できるだけ粘り気の少ない品種のものが良いです。
炊き立てのご飯も、ちょっと柔らかく少し不向きです。
かといって冷たいご飯を使うのはNGです。
もし冷たいご飯を使用する場合は、必ずレンジで温めてから調理しましょう。
冷たいままですと鍋の温度も下がってしまいますし、ご飯をほぐすのにも苦労します。


それ以外の具材などは、火を通す必要のあるものは、あらかじめ炒めたりボイルしておきます。


使う調味料は、

塩、コショウ、ガラスープ、酒、ごま油

です。

これだけで、どこにでもよくあるチャーハンの基本的な味になります。
あとは各個人のアレンジで味付けは工夫しましょう。
粒子状のガラスープはあらかじめ、酒で溶いておくと味も馴染みやすくスムーズに調理できます。



下準備ができたら実際に調理にかかります。



[1] 鍋をよく温め、少し多めの油で馴染ませます。(先に具を炒めていた場合は一度きれいにして、きれいな油を使いましょう)


[2] 鍋が温まったら、一度火を弱めて「弱火焼き」を使用します。(厳密には弱火よりちょい強いくらいがいいかも)


[3] ここが一番大事です。命でもある卵を鍋に入れ素早く「まぜあわせ」をします。オムライスなどに載せる卵のような「ふわとろ」な感じの卵を作るイメージです。愛情をたっぷり込めましょう。「あいじょうオムレツ」を作るイメージです。ここはもういきなり「ねらい焼き」する感じでOKです。


[4] そしてご飯を卵の上に乗せる感じに入れます。ここで素早く一度「たて返し」をしてご飯と卵を入れ替えます。こうすることで卵が固まっていくのを一度止めることができます。これが「半熟封じ」です。そして「強火焼き」を使うのはこのタイミングでOKです。一気に火力マックスにしましょう。一度に3つの特技を使用しますが、あわてず落ち着いてやりましょう。


[5] 火力が上がったら、ご飯をはじめは切りほぐすようにバラしていき、その後「トップターン」と「まぜあわせ」を織り交ぜながらご飯をパラパラにしていきます。この段階で早めにガラスープ、酒は入れちゃってOKです。入れることでご飯をほぐしやすくもなります。


[6] 一連の流れの中で、素早く塩コショウも加え、用意した具材も手早く入れていきましょう。具の種類によっては後入れのほうが良いものあるので、種類によって入れるタイミングは工夫しましょう。(例えばレタスチャーハンのレタスなどは後のほうが良いですね)味付けも入れる具材によって塩加減など調整しましょう。味の濃い具材を入れる場合は塩少なめにするとかです。この間、常に「まぜあわせ」と「トップターン」を使用している状態ですが、火力がマックスなので集中力が続く限り「会心焼き」も連発します。


[7] そして全てのマスを会心ロックできたら、ご飯がパラパラに仕上がったくらいで、最後にごま油を鍋肌にかけ馴染ませ香りづけして完成です。香りづけに醤油を使用する場合も最後の仕上げ段階が良いです。オイスターソースなどの液体系の調味料を入れる場合は仕上げるちょっと手前くらいが良い感じです。



慣れるまでは難しいですが、全ての工程を流れるようにやっていくことが大切です。
最初の卵を投入してから、1分30秒以内くらいで仕上げるのが理想的ですね。
それ以上になってしまうと、パラパラになってもお米の水分まで飛んでしまい、お米のふっくらもっちり感がなくなってしまいます。そしてパラパラだけど、ほのかにしっとり感が残るくらいが理想的です。
赤ちゃんの肌のようなチャーハンを目指しましょう。


そして3~4の手順の流れでほぼ仕上がり具合が決まってしまいます。ここを失敗してしまうと☆3は不可能になってしまうので、神経を集中させましょう。
上手にできれば、卵に茶色い焼き目もあまりつかず、卵のふんわりした食感がちゃんと残るはずです。口に入れた瞬間にふんわりと柔らかい卵が踊りだすような感じを目指しましょう。


なかなか☆3の大成功を作るのが難しい料理ですが、チャーハンは自分の工夫次第で色々アレンジもできる料理で、とても作り甲斐のある面白い料理だと思うので、基本ができたら色々なチャーハンを作ってみましょう


一番大事なことは、火、油、卵、米の調和を楽しむことです。

QLKESNG5

皆さんダークキングにはもう行かれましたか?

今までとはちょっと違う攻撃パターンで、難しいけど面白いですね。

しかし、略称「闇金」って言うだけあってですね、金利もえらい高いです。。

料理やしずく代でお金をどんどん巻き上げられていきますね。

まあ、そのダークキングの使う恐ろしい技の中に「ダークテンペスト」なんてのがあります。

皆さん巨大な渦に巻き込まれながら、テンペスト、テンペストゆーてますが、やはり僕の中のテンペストはこれなんですよ。
71lrugT3n9L__SL1269_
ボブ・ディランのアルバム「テンペスト」ですね。

比較的近年のアルバムの中ではかなりお気に入りの1枚です。

本当は、別のランキング形式で紹介するプランもあったのですが、

今回、たまたまダークキングの技の中に、こんな名前のものがあったので、これを機にちょっと紹介してみようと思いました。

アルバム全体としては、カントリーやブルース色が強いでしょうかね。

スティールギターが前面に押し出されているのも特徴ですね。

これがかなりいい感じです。

あとは、アコーディオンなんかも入っていていい味出してます。

で、特にお気に入りなのが、やっぱり1曲目!

「DUQUESNE WHISTLE」

という曲ですね。

アルバムの1曲目、初めて再生したときから、「うわ!なんだこのカッコ良さ!」って思いました。

イントロの入り方からしてクールな感じでめっちゃいいです!

アルバムの一発目の出だしの部分って大事ですよね。
どんなアルバムでも初めて聴くときって、すごくワクワクした気持ちで再生ボタンを押すと思うのですが、だからこそ出だしの音っていうのは大事だと思うんですよ。

で、このアルバムはそのワクワク感の期待を裏切らずに、その期待を超えてきました。

ということで、今日はその1曲目のPVを紹介しておきたいと思います。

このPVもなんかいいですよね。
歌詞の内容全く分かりませんが、映像を観るとどんな歌詞なのかすごく気になります。

ちなみにこのPV、映画監督の大根仁がめっちゃハマって50回くらい観たとか言って、何やらお気に入りらしいのですが、その気持ちなんとなく分かりますね。理由は説明できないけど、なんかいい感じのPV。
映像の専門的なことは僕には分かりませんが、映画監督ならではの目線で感じるものが何かあるのでしょう。

しかし、ボブ・ディランこうして見るとマフィアのボスか何かにしか見えないなw
QLKESNG5

↑このページのトップヘ