よーーーやく職人レベルが52まで上がりました!

新特技の「焼き戻し」習得です!
57
まずはこの特技を活用できそうなの料理で、思い浮かんだのが「きようさにくまん」。

「まぜあわせ」ができない料理で、一度進んだ焼き加減は戻すことができず、「ねらい焼き」一発勝負な料理なので、まずはこれで試してみようと思います。

さっそく試してみました。

・・・・・・・

・・・・・・・

あれですね、思ったよりも上手く行きませんね。。

「きようさにくまん」は焼き戻してやり直したところで、「ねらい焼き」の精度が上がらないことには、そんなに変わってこないかもしれませんね。

これが上手く行けば、次は「アイスタルト」で挑戦してみようと思いましたが、これは厳しそうです。


まず結論から言ってしまうと、

この「焼き戻し」は大成功をさせるためや、その精度を上げるための特技にはならないかもしれませんね。

どちらかというと、大きな失敗を修正するような感じで使う感じかもしれません。危機的な状況を回避するような緊急時などに使う感じですかね。



ちょっとここで特技の仕様をまとめてみます。

・この特技を使うと、そのマスが4ターンの間焼き加減が戻ります。

・食材に対して使うものではなく、マスに対して使うものなので、「焼き戻し」継続中は食材を入れ替えることで、他の食材に対しても有効です。

・戻る量は、どのマスで使用しても一定で、確認できた範囲では12~16と思われます。ズッシリゾットなどの戻りターンと同じでしょうかね。

・だとすると、「半熟封じ」と併用すると半分になるというのも同じかもしれないので、試してみたら、やはりその通りでした。戻る数値が6~8になります。

・「弱火焼き」の場合は戻る量は変わりません。

・焦げた食材も戻せますが、会心ロックされた食材は戻すことはできません。「完熟封じ」中も戻りません。

・特技を使用したマスで「ねらい焼き」などをしても、一切焼き加減が進むことはありません。

こんなところですかね。


まあ、色々試してみたのですが、正直使い方が難しいですね。

「きようさにくまん」のような料理でしたら、あらかじめ「焼き戻し」のマスを事前に準備しておくやり方もありかも。
少なくとも、中央のマスで「ねらい焼き」を失敗して、すぐにその中央のマスに「焼き戻し」を使ってしまうと、4ターンの間、中央のマスで「ねらい焼き」ができなくなってしまうので注意が必要です。
46
(これは失敗することを想定して、あらかじめ下のマスに「焼き戻し」を準備しておいた状態です)
55
一度、中火に避けてから戻すか、あらかじめ中火のマスに「焼き戻し」を使っておいて、そこに移動するかしないといけませんね。


それから、会心アップのターンがある料理で使用する場合も、かなり上手く計算して使わないと、「焼き戻し」をした食材がそのままのマスの状態で、会心アップがそのマスに重なると、かなり損した感じになります。

集中力の消費も大きいので、下手な使い方をすると、今まで問題なく上手く作れていた料理でも、集中力が足りなくなってしまうことがあります。

なので、無理して活用しようとすると、逆に今までよりも大成功率は下がってしまうかもしれません。

「まぜあわせ」ができる料理は、やはり「まぜあわせ」のほうが優先ですね。


まだまだ、試行錯誤してる段階ですが、現時点では、この特技が大成功に結びつくものではないと痛感しております。
逆に選択肢が増えたことによって、余計な計算が増え困惑しています。


あとこれは自分の慣れの問題ですが、特技が1個増えたことで、今までの使い慣れた特技のコマンドの位置が1個分ずれてしまうので、それが原因で痛恨のミスを何回かやらかしてしまいましたw


以上、ざっくりですが、新特技「焼き戻し」を使ってみた感想でした。
QLKESNG5