調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

2016年04月

news_large_ishikawa_ABzou


♪調理  あるある  言いたいよ~




早く  あるある  言いたいよ~




調理  あるある  言いたいよ~




そんなもの  あるだろうか?






調理  あるある  言いたいよ~




早く  あるある  言いたいよ~




調理  あるある  言いたいよ~




そんな気持ち  分かるでしょう








あるある  きっと  奥のほう





あるある  ずっと  奥のほう!!!







あるある  そこからやってくる~






心の  ずーーーーっと  奥のほう






ちょ~~~~うり




あるあ~~~~る




はーーーーやく




言いたーーーーいよ!!!








早く  あるある  言いましょう






ギルドの  ずーーーーっと  奥のほう









「ギルド奥の開かずの扉が気になりがち」
45

QLKESNG5
メロディーが想像できなかった人はこちら
↓  ↓  ↓  ↓

問題を考えていたら、なんか楽しくなってきたので、昨日に引き続き「調理職人 次の一手!」第2問を出しちゃいます!

でもこれあれですね、問題になりそうな場面を探りながら料理を作っているのですが、これまた難しい。。
これいい問題になりそう!とか思っても写真を撮り忘れたり、ターンを数え忘れてたりで・・・

で、そんな中なんとか問題にできそうな場面に遭遇したのでそこから出題します!

今回もシンプルな問題です。
48 (2)
昨日と同じく「ストームタルト」の終盤です。
53 (2)
↑数値はこちら

職人レベル50

超フライパン☆2使用

集中力残り69

固定されている2箇所は基準値確定です

次のターンが会心ターン

玉子の完熟封じは残り2ターン

昨日と似たような場面ですが、次が会心ターンという所が大きく違います。

さて、この状況での皆さんの次の一手は何でしょうか??

答えは「続きを読む」で!

QLKESNG5



続きを読む

「調理職人 次の一手!」と題しまして、これからはじめてみようと思う企画。

一体何なのかといいますと、将棋や囲碁などで対局中のある局面を切り取り、その場面において最善の一手を問う問題がよく出題されたりします。麻雀なんかでも「何を切る?」という感じに、その場面で最適な捨牌を問う問題があります。
screen322x572 1711953i
(↑イメージとして画像検索で適当にピックアップしました)

それと同じようなことを調理職人のミニゲームでもできないかな~と思い、ちょっとやってみようと思ったわけです。色々お題が思いつきそうならシリーズ化したいですね。

しかし、ここでの問いには絶対的な正解というのはないと思いますし、僕自身も正直正解というのは分かりません。どちらかというと、自分ならどうするか?他の人はどうするか?みたいなことをディスカッションしたり、様々なパターンを想像したりしながら、調理をやる上での参考になればいいなと思います。

ということで初問題です!

最初ということでシンプルなものを選んでみました。
42 (2)
「ストームタルト」の終盤のこの場面
45 (2)
↑数値はこんな感じ

職人レベル50

超フライパン☆2使用

集中力残は53

固定されている3箇所は基準値で確定しています

会心ターン直後で、次の会心ターンは4ターン目です

さて、みなさんのこの状況での次の一手は何ですか??

答えは「続きを読む」をクリック!


QLKESNG5

続きを読む

真城さんがこんなツイートしてたので今日はこれを。
ましろ
「欲しいです」って2回言ってるからこれ聴こう。
51wVyrWJ2fL__SX355_
ましまろ「ガランとしてる」

真城さんの言うとおり今の初夏の時期にピッタリの曲ですね。

ついでにアルバムも聴こう。
51fDqq9N9TL__SX355_
こちらは冬の曲も入ってますが、全体的な音の雰囲気からしてやはり今の時期に聴きたいですね。

このましまろの曲に関しては旅立ちブログのほうで一度書いてるので、そちらのほうをその時のまま載せておきます。

興味あれば「続きを読む」で読んでみて下さい。
QLKESNG5

※実際のゲーム内のお店で流れているのはクロウズオルゴールの「神に祈りを」です。
313759238
続きを読む

↑このページのトップヘ