調理職人ドラセナのオムライスが自慢!

アストルティアの片隅にある『南国レストランカフェ ドラセナ』 シェフ・ドラセナとオーナー・ガジュマルがその日常を綴ります

[南国レストランカフェ ドラセナ」☆営業中☆《フラワーガーデン2120-6》
『本日のメニュー』よりモーモンバザーの料理の在庫確認できます

2ガジュマル
おひさしぶりです。

待ちに待った「孤独のグルメ シーズン6」が始まりました。
b8557bdd21a22f32f56d1ca690a6
第1話は「大阪出張編」でしたよ。

これと言ってストーリーの無いこのドラマ、なんか好きですw


まあ、そんなことよりも新しく実装されたボス「メイヴ」のお話でもしましょうかね。

メイヴ実装のおかげで最近は少しやることも出てきたかなという感じですかね。

討伐はもちろん、職人の方は金策も忙しくなりますしね。
370370258
↑ストーリー進めている時に遭遇して、ずっとこいつが気になってたんですよね~

メイヴ実装でようやくその謎が解けました。


やはりメイヴのような強いボスが登場したときは、

どんな風にやったらスムーズに倒せるかな?とか、そんなことを考えながら挑戦してみるのが楽しいですよね。

なので、ネットや動画の情報をもとに「今回はこの構成で安定らしいよ」みたいなことを言われたりする、一気にしらけちゃったりもします。ストーリーのネタばらしされているのと似てますかね。

試してもいないことを、何となくの想像だけで否定されるのもねぇ。

 火の中に手を突っ込んで 熱さを思い知ったんだ

やっぱり始めはこの感じが必要ですよね。


かと言って、個人的に色々試してみたいことを、効率よくすんなり倒したい人を付き合わせちゃうのも良くないかなーとかも思って、最初はけっこうサポで色々やってみる派です。


でも今回はたまたまインして早々お誘いがあったので、とりあえず自分が一番力を入れている職のレンジャーで行ってきました。

雷系の攻撃があるということだけは聞いていたので、たまたまレンジャーだと雷耐性のある装備だったのでね、それを生かしてみようかなとも思って。
32
↑偶然ちょうど良いのを持ってました。

しかも、ちょっと前に偶然雷耐性の盾も買ったばかりだったんですよ。
13
↑これは最近レグに物理構成で行くのにハマっていまして、それ用に買っただけなのですが、メイヴ実装前だったのでお買い得でした。

で、この装備を生かして初メイヴに挑んでみましたが、

始めは敵の行動がよく分からずだったのですが、やっていくうちに分かってくると思ったよりもすんなり行ける印象でした。

まあメイヴ1に関してはどんな職でもある程度融通が利きそうですね。レンジャーで全く問題ありませんでした。


で、その後もスパやったり道具やってみたり、モンスター連れて行ってみたり、一人で色々試してみたのですが、

倒せはしないのですが、こうやって色々試行錯誤している時間が僕は好きなんですよ。

ああ、ゲーム楽しんでるって感じがします。


で、今度は精霊王も着れるし占い師もやってみようと思って、新しくメイヴ用に作ったデッキの使用感を確かめるために、相変わらず一人でサポで行ってきたのですが、これまたすんなり倒せちゃったんですよねw運が良かったです。

本当にデッキの性能を試すだけで倒すつもりもあまりなかったのですが、意外といけるということが分かりました。
45
↑タイムもサポ討伐にしては良いほうじゃないですか??どうなんでしょう??他が分からないので何とも言えませんが。

あと倒すつもりなかったので料理は自分もサポも食べてません。料理はなしでも問題はないということですね。


ちなみにまだ改良の余地はあるのですが、その時使用していたデッキがこれです。
17
厳密には「プラチナキング」が入ってるところは、「ピンクボンボン」を使用してました。

回復が少し足りない感じを補ってくれるので「ピンクボンボン」もいいですよ。

やはり範囲は広いほうがいいので「マッドスミス」はマックスですね。

サポ討伐ですと、どうしてもサポに聖水を配るという作業がかなりの負担となるので、「節制」も2枚入れてみました。

そして、ギガデインを防ぐための「世界」も。ただギガデインが無い前半はけっこうこれが邪魔だったりww

状態異常解除の「女教皇」は入れられるだけ入れる感じです。

メイヴ1に関しては幻惑が結構入るので「月」も1枚だけ。

基本回復と補助をメインに動くのが良さげでしたが、一応攻撃のカードも最小限。

呪いは全く入らなかったので、ここは無属性の「戦車」や雷耐性を下げる「隠者」とかのほうが良いかもしれません。

あ、雷耐性下げると言ったのは、そうそう構成をまだ言ってませんでしたが、

アタッカーが両手剣の戦士二人だったので、雷耐性下げれるのもいいかなと。

なんか始めは色々耐性ばかり気にしていたけど、ぶっちゃけやってみると耐性はそんなに要らないような気もしますね。結局死ぬところでは死にますしね。戦士は盾なんか持ってなくても十分です。

あくまでもメイヴ1での話ですが。

テンションが上がったときの恩恵が大きい両手剣の戦士のほうが、時間短縮になるような印象を受けましたね。


まあこんな感じで、最近はイカ討伐をエンジョイしております。

またちょっと試してみたいこともいくつかあるのでね。メイヴ2以降も頑張ります。


そうそう、料理のことですが雷耐性を上げるために「ストームタルト☆3」の価格が上がっているようですね。

☆3=約10万G

☆2=2000G以下  最安値では1000G切ることも。


ちょっとしたお得情報ですが、これだけ☆3との価格が開いてしまった場合、

あくまでも☆3の効果を得るためでしたら、☆2を会心テイストが出るまで食べたほうが割安のような気がします。

恐らく会心テイストは体感で10%くらいの確率じゃないかなと思いますが、まあ偏りはだいぶあるので強く推奨はできませんが、まあ計算上はこちらのほうが安上がりなんじゃないかなーと。

ただ☆3の会心の効果を求めるとなると話は別になりますが。


にしても、なぜ同じHPアップの効果のある「スタースイーツ」よりも「バランスパスタ」のほうが断然の人気なのだろうか・・・


以上、久々の近況報告でした。
QLKESNG5

2ガジュマル
はい、さっそく前回の続きと行きましょうか。

今回は具体的な楽曲も含めてお話していきたいと思います。


以前ですね、職場でよくチャック・ベリーをBGMとして流していたことがあったのですが、

同僚のかたに、

「なんかどれも同じような曲じゃない?」

なんてことを言われたこともあったのですが、

まあ、そう感じてしまうのは確かに分かります。

まずコード進行に関しては、ロックやブルースでよくみられる典型的な3コード進行の曲が殆どで、

イントロも似たようなフレーズを使いまわしていることもありますから、

なんとなーく聴いてる人にはそう感じてしまうのは納得がいきます。


でもですね、やっぱり1曲1曲ちゃんと個性があってどの曲もそれぞれ聴きどころみたいなのがあるのですよ。

曲の構成やコード進行がほとんど同じにも拘わらず、リズムのバリエーションの豊富さは特に素晴らしいですよね。1曲1曲、リズムや微妙なノリ具合などちゃんと違いがあってどれを聴いても面白いものが多いです。

さらに踏み込んでみると、

そのバンドのアンサンブル(合奏)的な観点からみても、ギターは8ビートを刻んでいても、ドラムやベースは4ビートだったり2ビートだったりして、その辺からもジャズの名残みたいなものもあったりして、ホント興味深いアレンジになっていますね。
チャック・ベリーに限らずこの時代のロックンロールにはよく見られたことですが、こういう点を踏まえてもこの当時のロックンロールというのは面白いものが多いです。


これは個人的な考え方なのですが、

多くの人は時代が進むにつれて、音楽性の幅が広がっていき、ジャンルも多様化していき進化していっているように感じるかもしれませんが、
これは厳密にいうと、元々一つだったものを後の世代の人がその断片を切り取っていき、その部分だけを特化させていったということなんだと思うのです。

チャック・ベリーの音楽を聴いていると、その中には現在でいうところの様々なジャンルの要素が見え隠れしています。
多分この頃の人たちは今の人ほどジャンルの区別をして音楽には向き合っていなかったように思っているのですが、だからこれだけ自由度の高い楽曲が生まれてきたのかなとも思ったりします。

そこから後々色々なものが切り取られて今の音楽に至るというようなそんな個人的な印象を持っています。

さらにはそこに散りばめられたモノに地域性というようなものも加えられて変化していったのかなと。

なので、チャック・ベリーにしてみれば、自分は「地球」に住んでいるから「地球」の音楽をやっているだけで、その「地球」の音楽を聴いた人が、勝手に国境を作っていっちゃった感じですかね。
この辺は「アメリカ」としよう、ここからここまでは「中国」、「メキシコ」の人はここからこっちには来るな!なんて言う人も現れちゃったりして、今のジャンル分けの多様化が進んでいったというような感じ。

元々は「音楽」という名の「ひとつなぎの大秘宝」だったのだということです。

また変な例え方して訳分からなくなりましたがwそのくらい色々な要素をチャック・ベリーの音楽から感じるということが言いたいだけですw
ときにワールドミュージックのように感じることもありますしね。


で、実際の楽曲で、

「チャック・ベリーとか好きなんだよね~」

なんて会話をするとよく、

「ああ、ジョニー・B・グッドの・・・」

って返ってきて、大体そこで会話が終わります。

そんな感じで、よく知らない人でもこの曲ぐらいは知っているというくらい、

チャック・ベリー = ジョニー・B・グッド

のイメージは強いですよね。

実際この手の曲は多いのはたしかですが、

他にも色々かっこいい曲や面白い曲がいっぱいあるのです。


特に僕が面食らった曲と言えば

「ハバナ・ムーン」という曲。

中学生くらいの頃に聴いたわけですが、

これを聴いたことにより、すべての音楽の景色がガラッと変わったと言ってもいいくらい、音楽の価値観みたいなものが変わりました。
「カッコイイ」というものの概念が崩されたというかなんというか・・

似たような感覚はバディ・ホリーの「ノット・フェイド・アウェイ」を聴いた時にも感じたのですが、

ちょっと言葉では説明がしづらいので実際に聴いてみましょう。

今まで音楽というのは、コード進行があって盛り上がりの部分のサビがあってと、そういうのが当たり前だと思っていたのですが、これを聴いたときに、

「え、なんだろう、ずっと同じ感じが続いてくだけなのに、この癖になる感じ・・」

「音楽ってこういうことなのか!」

と中学生ながら初めて何かハッ!と気付かされた感じでした。

で、聴けば聴くほどこのリズムがハマってきて、そのリズムのカッコ良さやボーカルのカッコ良さに気づかされていくわけですね。

この他にも独特なリズムの「メンフィス・テネシー」だったり、「トゥー・マッチ・モンキー・ビジネス」の歌い方だったり、「アイム・トーキング・アバウト・ユー」 かっこいいベースアレンジや、疾走感の中に絶妙に絡み合うピアノが印象的な「ユー・キャント・キャッチ・ミー」など、

そしてもちろんですが、どの曲もギターは当然のことながらカッコイイしインパクトがあります。

で、前回もお話ししたようにチャック・ベリーのボーカルも含めて聴きどころ満載の曲はいっぱいあるのですが、1個1個触れていたらキリがないので止めておきましょう。


ちなみに先ほどの「ハバナ・ムーン」、

実はストーンズの最新のライブDVDでキューバで行ったライブ映像なのですが、

そのDVDのタイトルが、まさに「ハバナ・ムーン」なんです。
31
その辺からもリスペクトが伺えますよね。


で、昨日、とあるフレの方から

「もしチャック・ベリーがいなかったら今の音楽はどうなっていたかね?」

なんて質問をされたのですが、

そこで僕は、

「まずストーンズが結成されていない可能性大で、そうなってくると、ヒロトとマーシーもバンド組んでいない可能性も出てくるな」

なんてことを言ったのです。

まあ、そんなこと言った根拠というのはですね、

子供のころから友達同士だったキースとミックは、引っ越しにより一度離れ離れになるのですが、何年かしてバスだか電車だかで偶然再会するのです。で、その時にミックがたまたまチャック・べリーのレコードを持っていたことから話が盛り上がり、バンドを組むきっかけとなったとか、そんなエピソードがあるのです。

なので、もっと言うとヒロトとマーシーがバンド組んでいなかったら、ドラクエ内での我々の出会いもなかったかもしれないのです。


まあちょっと話がそれましたが、

また楽曲の話に戻ると、

僕もそんな色々持っている訳じゃないのですが、

チャック・ベリーといえばこの1枚
30
28曲も入っているベスト盤なので、この1枚だけでも聴いていれば十分楽しめます。

他にも、ライブ盤だったり、

チェスレコード所属ですので、実はマディ・ウォーターズとハウリン・ウルフとのブルースのセッションアルバムのようなものもあったりするのですが、

これもちょっと面白くてですね、

ブルースなんだけど、チャック・ベリーがソロを弾くところになったりすると急に明るい印象になるんですよ。

この人の人柄みたいなものが出ちゃうんでしょうかね。

時々ハワイアンっぽい?フレーズも飛び出したりすることもあるのが面白いですね。

その他にも同じくチェス所属のボ・ディドリーとのセッションなんかもありますね。これ歌の無いインストものなのですが結構カッコイイです。

興味あれば色々聴いてみて下さい。

僕も持っていたはずなのですが、CD-Rに焼いて、何も記載しなかったものですから、どこか行方不明になりましたw


あんまり長く話してもあれなんで、最後に2曲ほど紹介してお別れしましょうかね。

まずはですね、

ストーンズのデビューシングルでもある「カム・オン」

前回、オリジナルよりも良いカバーがあまりないというようなこと言いましたが、

意外とこれは好きですね。

本人たちはこのカバーに納得がいっていないようで、納得いかないままデビューとなったようですが、僕は好きですよ。

オリジナルのほうは少し気だるい感じのボーカルとホーンが印象的で、ドラムもめっちゃカッコイイのですが、

ストーンズのほうは目立つベースの音と、ブライアン・ジョーンズのハーモニカが印象的ですよね。

そして何と言っても、後半の転調ですね。

このアレンジは実に興味深い。ハーモニカはわざわざキーを変えて持ちかえるのかな??

この2分もない楽曲の中で後半転調とはなかなか意表を突いたアレンジ。

普通、4~5分の長い曲の中で、後半ダレないように少し色を変えたいときに、この手の転調を用いることがあるかと思いますが、このスピード感でさらっと転調する感じは好きですね。

ブルーハーツの曲で言えば「台風」なんかも後半こんな感じで転調してますね。


で、最後にチャック・ベリーへのオマージュと言えばこの曲!

マーシーの「GO!GO!ヘドロマン」

これはもろにチャック・ベリーですからねww

せっかくなので最後にこれ聴いてお別れしましょう!

これはもう分かりやすいくらい「ジョニー・B・グッド」系の曲ですね。

マーシーのダックウォークも観れますw


それではまた!
QLKESNG5

2ガジュマル
先日、チャック・ベリーが亡くなってしまいました。

90歳だそうです。
img_0
90歳までロックンロールを続けられたなら十分ですよね。

今の音楽シーンに残したものも大きいですしね。

この世の中、右見ても左見てもチャック・ベリーの面影しかないので、亡くなった気がしませんねw


チャック・ベリーについては以前も少しお話したかもしれませんが、やはりこういうタイミングですので、チャック・ベリーについて色々語ってみたいなという気持ちになっています。

なので今日はちょっと長くなりそうですが、僕の中のチャック・ベリーの思い出を語ってみましょう。


まず音楽好きな人同士の会話でよくあるのが、

「最近どう?」 ってっやつですね。

で、

「レコード聴いてるよ」 ってなりますよね。

そして、

「やっぱロックンロールでしょう」

ってなるんですね。

そんな感じで、好きな音楽について色々語ることがあるかと思いますが、

何故かそういう流れで、「チャック・べリー」のような王道の名前を挙げづらい風潮っていうのがあります。

あれなんでしょうね。

「好きな映画何?」

って聞かれたときに、ド定番のものを挙げづらい感じに似ているでしょうか。


 確かに本当に見えたものが 一般論にすり替えられる

 確かに輝いて見えたものが ただの奇麗ごとに変わる


心のどこかでそんなことを恐れていると同時に、定番のものしか知らないようなその程度の知識と思われそうな感じと、また今更語るまでもないその魅力をあえて語ろうとすることで、会話に水を差してしまうかもしれないというような、そんなことも頭をよぎってか、

「最近どんなの聴いてる?」

ってなったときに、

「やっぱチャック・ベリーはいつ聴いてもいいね!」

とは言いづらいんですよね。

分かりますかね?この感じ。


で、実際プロのミュージシャンの音楽雑誌のインタビューなんかを読んでも、会話の中でその名を聴くことは殆どありません。

でもそれはチャック・ベリーが軽視されているということではないと思います。

もしロックミュージシャンでチャックベリーが嫌いな人がいたら逆に知りたいというくらい、みんながみんな好きなチャック・ベリーなんですよね。だからもう逆に当たり前すぎて語られないんだと思います。

なのでもしもプロのミュージシャンでチャック・ベリーの魅力について伝えられない人がいたら、多分その人は本物ではないなとすら個人的には思ってしまうかもしれません。

それほどのキーマンなんですよ。

今でもちゃんとチャック・ベリーの名前を挙げて音楽について語るのってキース・リチャーズくらいじゃないですかねw
あの人は本当今でもしっかりと自分が影響受けたアーティストとしてもだけど、その偉大さというのをしっかりと現在のインタビューでも語り続けていますね。そこのブレのなさが流石です。


そんなチャック・ベリー、何が興味深いかって、まずはデビューの経緯ですかね。

デビュー時には年齢もそこそこいっていて遅咲きではあるのですが、

その売込みのためにデモテープを持ち込んだ先が、

あの「チェスレコード」なんですよ!

マディ・ウォーターズやハウリン・ウルフ、リトル・ウォルターなんかが所属するブルースの名門レーベルですね。

ちなみに前にも言ったことありますが、このドラセナのレストランの番地2120というのは、シカゴにあるこのチェスのスタジオがあった番地でして、いわゆる聖地ってやつですね。なので10億G積まれてもこの土地は譲りませんw

やはりロックンロール、ロックンロールとは言っても、根にあるものはブルースなんですね。

そして最初にマディ・ウォーターズの所へテープ持って行き聴いてもらい、その後オーナーのチェス兄弟の所へ持って行くように薦められたとか。

で、それを気に入ってレコードデビューすることになるのですが、

その時の曲がこのデビュー曲「メイビリーン」なわけです。

今までのブルースにはないビート感のようなものが、当時としてはかなり衝撃があったのではないでしょうかね。

その当時、ジョニー・ジョンソンという専属のピアニストと組んで演奏していたのですが、

まあ、ブルーハーツでいうところの白井さんのような感じですかね。

そのジョニー・ジョンソンも今までやってきていたブルースとは全く違うリズム、ビートで、始めは戸惑ったというようなことも語っています。

僕は個人的にロックンロールの歴史において、このチャック・ベリーとマディ・ウォーターズとの出会いというのが全てのターニングポイントになっているのではないかとさえ思いますね。

そのくらい歴史的な瞬間。

この当時のマディ・ウォーターズというのは、吉本興業でいうところの明石家さんま、ダウンタウンといった大御所のようなもので、その人に認められさえすれば!というようなことは頭にはあったかもしれませんね。

この出来事によりブルース界にもポピュラー音楽界にも新たな風が吹き始めるわけです。


野球で例えるなら、

「160キロ!大谷すげ~な!」

ってなっている翌年に、時速200キロで投げるピッチャーが現れちゃった感じですかね。

スポーツの記録って徐々に更新されていくものですが、一気に全く違った次元の記録を放ってしまった感じ。

でもですね、このピッチャーはお人好しだから時速200キロで投げるコツをみんなに教えちゃうんですよね。

で、「何だこれだけのコツで200キロ投げれちゃうのか!」って、みんな真似するようになるんです。

そして、その翌年から200キロで投げることが当たり前になってしまうんですね。

速さに例えて余計分かりづらくなりましたがwチャック・ベリーの曲テンポが速いとかというそういう意味ではないです。

要は、今僕らが聴いているような音楽の多くはチャック・ベリーが皆にコツのようなきっかけを与えてしまったのが波紋のように広がっている様なんです、きっと。

今なお、その「感動の波紋」が広がっているんですよ。

チャック・ベリーこそが「先頭のランナー」と言っても過言ではないわけです。

この出来事がいかに革新的だったかということは、有名な映画「バックトゥザフューチャー」の例の下りのところを観ても分かるかと思います。チャック・ベリーが未来から来た主人公の演奏をヒントにするという流れがありますね。


と、ここまでチャック・ベリーのデビューについてお話ししましたが、今度は楽曲などもう少し具体的なことにも触れていきましょう。

チャック・べリーといえばやはりギターヒーロー的なイメージが強いかと思います。

僕も実際に来日時にライブに行ったことありますが、図太いトーンでとにかくデカい音が印象的でした。

これがもう15年くらい前のことですから、その時点ですでに75歳前後だったんですね。

その時の前座が東京公演が奥田民生やYOーKINGらで結成されたOP・KINGで、福岡公演がハイロウズでした。

僕は東京公演しか行ってませんが、僕の友達はハイロウズ見たさに福岡まで行ってましたねw

で、実際の演奏観るとやっぱりロックンロールって、なんだかんだ言ってダンスミュージックだよなって思ったりもしました。

チャック・ベリーにしてみたら「踊れるブルース」みたいなノリでやって行ったら自然と出来あがったスタイルなのかもしれませんね。

この軽快さは自然と体が動いちゃいますものね。
そういうことは「ダックウォーク」などのパフォーマンスをも見ても頷ける部分があるかと思います。


で、どうしてもギターのことで注目されがちなチャック・ベリーですが、

僕が一番強調したいのは、

「シンガーとしてのチャック・ベリー」

ということです。

ここが一番声を大にして言いたい。

そして最も重要なポイント。


やっぱり結局のところボーカルが素晴らしいんですよ!

特にあのリズム感というかタイム感ね。

伴奏があって、そこにチャック・ベリーのボーカルが乗ると、そこからさらにリズムのウネリのようなものが生まれますね。これが何とも不思議で、歌のリズムが心地よいので恐らく伴奏の無いアカペラ状態で聴いても素晴らしい音楽になるんじゃないかなと想像します。

こういう言葉の持つリズム感のようなものっていうのは、現在のラップミュージックなんかにも精通するものがあると思います。韻を踏んだ言葉遊び的な要素も含めてかなり通じるものがありますよね。
もしも生まれる時代が違ったら、このチャック・ベリーという人は世界を震撼させるようなラップミュージシャンにでもなっていたかもしれませんね。

で、チャック・ベリーの曲はもうカバーされつくしたっていうくらい、多くのアーティストがカバーして歌っているわけですが、どうしてもオリジナルを超えるようなものっていうのは数少ないですね。

その一番の要因っていうのがやっぱりボーカルなんです!

歌っているのがチャック・ベリーじゃないから!

それに尽きるんですよ。

皆200キロの剛速球をマスターして誰でも簡単に投げれるようになったものの、ちゃんとストライクゾーン、狙ったコースに投げられないという状況ですね。

何となくギターのフレーズだけを真似ていてもやっぱり違うんですよ。

このボーカルこそが真のロール感を生んでいるので、歌い手が変わるとその曲の魅力というのが半減してしまうことが多いんだと思います。

もちろん良いカバーもありますけどね。

ボーカルのリズムの良さは、先ほどの「メイビリーン」を聴いてもその感じは何となく伝わるかな?と思いますが、

カバーのほうを先に聴いてしまってチャック・ベリーの曲を知るケースも多いかと思います。

それによりチャック・ベリーの楽曲に対する印象が決まってしまって敬遠されてしまうのがちょっと心配で、そこでチャック・ベリーを知った気にならないで是非オリジナルを聴いてもらいたいですね。


具体的な楽曲の話に行くまでに、やはりだいぶ長くなってしまいましたねww

この辺にしておいて続きはまたの機会にしましょうかw

今日のところは最後1曲紹介してお別れしましょう!

キース・リチャーズとの「ネイディーン」

この曲も結構好きなんですよね。

たった2分30秒の中にも遊び心が満載で「ダックウォーク」も見れていい動画です。

サックスがボビー・キーズというのもいいですね。

書きたいことが上手くまとまらないので、とりあえずここまででまた後ほど続き書きたいと思いますw
QLKESNG5

↑このページのトップヘ